• あなたに合った電動アシスト自転車探しのお手伝い

    ※このページはブリヂストンの電動アシスト自転車「リアルストリーム」について説明するページです。


    リアルストリームの概要



    リアルストリーム

    本体サイズ(全長×全幅)mm 1750mm×535mm
    タイヤサイズ 26インチ(26型)
    総車両重量(kg) 22.5kg
    1充電あたりの走行距離 【パワー】約60km
    【オート】約71km
    【ロング】約90km
    変速機方式 内装8段
    最低乗車身長 148cm以上
    バッテリー容量 15.4Ah
    充電時間 約4.0時間

    ブリヂストン「リアルストリーム」は、通勤・通学に適したスポーツタイプの26型電動(※1)アシスト自転車です。車体重量は26型の電動アシスト自転車にもかかわらず22.5kgと軽いために、電動アシスト自転車に降りてからの取り回しをラクに行うことができます。

    走行距離は、容量の大きな15.4Ah(※2)のバッテリーを搭載していることと車体重量が軽いことから、一番アシスト力が強いパワーモードだけでも約60㎞(※3)の連続走行が可能です。

    動力はどの電動アシスト自転車についても電動モーターによるアシスト力がメインです。ただ、リアルストリームの場合、調整可能なアルミフラットバーなので、自身が一番しっくりくるところで、力の入れやすい、やや前傾の姿勢をとることができ、変速は一般的な電動アシスト自転車の内装3段より内装8段(※4)なので、よりスムーズなストレスのない加速を行えます。。

    また、変速数が多い方が道路状況に合わせた走行を行うことができるので、電動モーターの負担を軽減できます。そのため、バッテリーの節約にもなります。

    (※1)アシストとは「電動アシスト自転車に備え付けられている電動モーターにより人がペダルを漕ぐのを手伝う」という意味です。

    (※2)Ahの数字が大ききれば大きいほど、たくさんの電気をバッテリーに貯めることができます。そのため、Ahの数字が大ききれば大きいほど、1回の充電でより長い距離を走ることができます。

    (※3)長距離走行が可能ということは、バッテリーの充電が回数が少なくて済むということを意味します。また、バッテリーの充電が回数が少なくて済むいうことは、バッテリーの劣化しにくくなるということを意味します。

    (※4)内装変速は外装変速と違い、停車したままの変速が可能なので、特に信号の多い街中で役立つ変速機です。



    ブリヂストン・リアルストリームとヤマハ・PAS Brace(パス ブレイス)との比較


    ブリヂストン・リアルストリームを選択肢の一つとされている方は、同じスポーツタイプということから、ヤマハPAS Brace(パス ブレイス)も気になるという方が多くいらっしゃいますので、ここではリアルストリームとPAS Braceとの違いについて説明します。

    ブリヂストン・リアルストリームとPAS Braceの違い

    リアルストリームとPAS Braceの主な違い

    • リアルストリームはPAS Braceより最低乗車身長が7cm低い
    • 価格の違い

    リアルストリームとPAS Braceの比較表

    リアルストリーム 比較項目 PAS Brace
    画像
    1750mm×535mm 本体サイズ(全長×全幅)mm 1760mm×580mm
    26インチ(26型) タイヤサイズ 26インチ(26型)
    22.5kg 総車両重量(kg) 23.2kg
    15.4Ah バッテリー容量(Ah) 15.4Ah
    【パワー】約60km
    【オート】約71km
    【ロング】約90km
    1充電あたりの走行距離 【パワー】約45km
    【オート】約54km
    【ロング】約74km
    4.0時間 充電時間 4.0時間
    内装8段 変速 内装8段
    148cm以上 最低乗車身長 155cm以上
    あり フロントサスペンション あり
    簡単に取り外せる 前輪 簡単に取り外せる
    簡単に取り外せない 後輪 簡単に取り外せない
    オプションにて装着可能 フロントバスケット
    (前カゴ)
    オプションにて装着可能
    171,380円 メーカー希望価格
    (税込み)
    177,100円
    ※最近までブリヂストンとヤマハは提携していたため、リアルストリームとPAS Braceは、最低乗車身長の違いを除けば、スペック的に似ています。もし、リアルストリームかPAS Braceか迷われた場合、スペック的に似ているので、デザインで選ばれてもいいでしょう。



    ブリヂストン・リアルストリームとパナソニック・ジェッターの比較


    ブリヂストン・リアルストリームを選択肢の一つとされている方は他メーカーだとパナソニック・ジェッターも気になられる方が多くいらっしゃいますので、ここではブリヂストンとジェッターとの違いについて説明します。

    PAS Braceとジェッターの違い

    PAS Braceとジェッターの主な違い

  • ジェッターは前輪と後輪を簡単に取り外せるのでリアルストリームより車の積み込みがラク(リアルストリームは前輪のみ)
  • リアルストリームにはフロントサスペンションが装備されているので、その分段差や悪路での衝撃を受けにくい
  • ジェッターはフレームサイズが440㎜と490㎜の車種がある(リアルストリームは1車種のみ)
  • フレームサイズが440㎜のジェッターとリアルストリームの最低乗車身長は6㎝違い。フレームサイズが490㎜のジェッターとリアルストリームの最低乗車身長はフレームサイズが490㎜のジェッターの方がリアルストリームより16㎝高い
  • リアルストリームの変速は内装8段変速でジェッターの変速は外装8段変速<※>
  • 価格の違い
  • <※>外装変速は走行中にスムーズに変速できます。内装8段変速は走行中にも変速できますが、ギヤがかみ合わない時があり、ギアの摩耗のことを考えると、自転車をこぐのを一旦やめて変速させるのが理想です。ただ、外装変速は停車中に変速できないのに対し、内装変速は停車中にも変速ができます。

    リアルストリームとジェッターの比較表
    ジェッターのフレームサイズ(BE-ELHC44B:フレームサイズ440㎜)(BE-ELHC49B:フレームサイズ490㎜)

    リアルストリーム 比較項目 ジェッター
    画像
    1750mm×535mm 本体サイズ(全長×全幅)mm 1850mm×590mm(BE-ELHC44B)
    1860mm×590mm(BE-ELHC49B)
    26インチ(26型) タイヤサイズ 約27インチ(700C)
    22.5kg 総車両重量(kg) 21.4kg(BE-ELHC44B)
    21.6kg(BE-ELHC49B)
    15.4Ah バッテリー容量(Ah) 16.0Ah
    【パワー】約60km
    【オート】約71km
    【ロング】約90km
    1充電あたりの走行距離 【パワー】約58km
    【オート】約65km
    【ロング】約80km
    5.0時間 充電時間 5.0時間
    内装8段 変速 外装8段
    148cm以上 最低乗車身長 154cm以上(BE-ELHC44B)
    164cm以上(BE-ELHC49B)
    あり フロントサスペンション なし
    簡単に取り外せる 前輪 簡単に取り外せる
    簡単に取り外せない 後輪 簡単に取り外せる
    オプションにて装着可能 フロントバスケット
    (前カゴ)
    オプションにて装着可能
    171,380円 定価
    (税込み)
    164,780円
    (BE-ELHC44B:フレームサイズ440㎜)(BE-ELHC49B:フレームサイズ490㎜)
    ※この2台で迷われた場合、通勤などでストップ&ゴーの多い街中をメインに走行される方は、停車中にも変速が行える内装8段変速のリアルストリームをおすすめします。車に積み込んで長距離のサイクリングでよく使用されるという方は、走行中にスムーズに変速ができる外装8段変速のジェッターをおすすめします。


    リアルストリームの特長


    リアルストリームの特長

    液晶マルチファンクションメーター

    画像出典:ブリヂストン株式会社

    ⇒走行スピード、バッテリー残量、消費カロリーなど、必要な情報、知りたい情報がひと目で分かります。


    15.4Ah⼤容量バッテリー
    ⇒1回の充電で、一番アシスト力が強いパワーモードでも、連続約60kmの長距離走行が可能です。また、長く走れることで充電回数も少なくなるだけでなく、バッテリーが劣化しにくくなります。


    サスペンションフォーク

    画像出典:ブリヂストン株式会社

    ⇒路面の段差も苦にならずに走行できます。


    スリックタイヤクイックレリーズ(前輪)
    ⇒簡単に前輪を取り外しできます。自動車などに積みやすくなります。


    ディスクブレーキ(前輪)<パワーモジュレーター付き>
    ⇒優れた制動力とコントロール性を両立するブレーキです。雨の日にも強いブレーキです。<パワーモジュレーターは、ブレーキの制動力がいきなり高くならず、スピードをコントロールしやすくするために装置です。ブレーキに不慣れ方に有効な装置です。>


    Vブレーキ(後輪)
    ⇒優れた操作感と制動力のあるブレーキです。






    2018年モデル



    2018年モデル



    2018年モデル



    2018年モデル



    2018年モデル



    2018年モデル



    2018年モデル