• あなたに合った電動アシスト自転車探しのお手伝い

    このページは2021年10月発売のブリヂストン「2022アシスタU LT」の説明ページです。その他、「2022アシスタU LT」と「2022ビビL(パナソニック)」との違いについての説明も掲載しています。

    2022アシスタU LTの概要

    2022年モデル アシスタU LT

    本体サイズ(全長×全幅)mm 1865mm×570mm(26型※1)
    1800mm×570mm(24型※2)
    タイヤサイズ 26インチ(26型)
    24インチ(24型)
    総車両重量(kg) 22.9kg(26型)
    22.4kg(24型)
    1充電あたりの走行距離 【 強 モード】約46km
    【標 準モード】約55km
    【オートモード】約76km
    変速機方式 内装3段変速(※3)
    最低乗車身長(※4) 139cm(26型)
    135cm(24型)
    バッテリー容量(Ah)(※5) 12.3Ah(※5)
    充電時間 約3.5時間

    2021年10月発売の「2022アシスタU LT」は、ブリヂストンのお買い物、お出かけ向けの24型、26型電動アシスト(※6)自転車の中で最も車体の軽い(※7)電動アシスト自転車です。そのため、電動アシスト自転車に降りてからの取り回しが行いやすくなっています。女性や高齢の方におすすめです。

    (※1)26型
    26型とは26インチのタイヤを装着した電動アシスト自転車のことです。


    (※2)24型
    24型は24インチのタイヤを装着した電動アシスト自転車のことです。


    (※3)内装変速機
    変速機には内装変速機は外装変速機とがあります。「2022アシスタU LT」に取り付けてあるのは内装変速機で、内装変速機は外装変速機と違って停車中にも変速できます。そのため、停車する機会の多い信号機が多くある街中で使用すると便利です。また、変速機を使わなくても電動アシスト自転車は電動モーターのアシスト力によりラクに漕ぐことができますが、変速機を使った方が電動モーターの負担を軽減できるので、その分バッテリーが長持ちします。


    (※4)最低乗車身長
    電動アシスト自転車にまたがった際に、両足のつま先をつくことができれば、その電動アシスト自転車に乗ることができます。そして、電動アシスト自転車にまたがった際に、両足のつま先をギリギリつくことができる身長が、その電動アシスト自転車の最低乗車身長(2022アシスタU LT26型:139cm、2022アシスタU LT24型:135cm)になります。


    (※5)バッテリー容量(Ah)
    Ahの数字が大ききれば大きいほど、たくさんの電気をバッテリーに貯めることができます。そのため、Ahの数字が大ききれば大きいほど、1回の充電でより長い距離を走ることができます。2022アシスタU LTの場合、12.3Ahの比較的容量の大きなバッテリーを搭載しているためアシスト力が一番強いパワーモードだけの使用でも連続46㎞の長距離走行が可能です。連続約46㎞の長距離走行が可能なので、その分バッテリーの充電が回数が少なくて済みます。また、バッテリーの充電が回数が少なくて済むので、バッテリーの劣化しにくくなります。


    (※6)アシスト
    アシストとは「手伝う」という意味ですが、ここでは「人がペダルを漕ぐのを電動アシスト自転車に備え付けられている電動モーターが手伝う」という意味になります。


    (※7)ブリヂストンのお買い物お出かけ向けの24型、26型電動アシスト自転車の中で最も車体の軽い電動アシスト自転車
    次の表を見ると2022アシスタU LTはブリヂストンのお買い物お出かけ向けの24型、26型電動アシスト自転車の中で最も車体の軽い(※2)電動アシスト自転車であることがわかります。

    24型、26型お買いもの・お出かけ用ブリヂストン電動アシスト自転車(2輪)車体の軽さランキング(バッテリー容量10.0Ah以上/2022年6月現在も製造)

    順位 車種名 型/車体重量 バッテリー容量(Ah) 走行距離 税込み価格
    1位
    2022アシスタU LT
    24型(22.4kg)
    26型(22.9kg)
    12.3 【 強 】約46km
    【標 準】約55km
    【オート】約76km
    151,000円
    2位
    2022アシスタU DX
    24型(25.7kg)
    26型(26.4kg)
    15.4 【 強 】約52km
    【標 準】約60km
    【オート】約87km
    153,000円
    3位
    2022フロンティア デラックス
    24型(26.7kg)
    26型(27.4kg)
    14.3 【パワー】約62km
    【オート】約105km
    【エ コ】約200km
    169,000円
    4位
    2022ステップクルーズ e
    26型(27.7kg) 14.3 【パワー】約62km
    【オート】約105m
    【エ コ】約200km
    174,000円
    5位
    2022イルミオ
    24型(27.9kg) 14.3 【パワー】約45km
    【オート】約69km
    【エ コ】約92km
    159,000円
    6位
    2022ラクット
    26型(28.3kg) 14.3 【 強 】約62km
    【標 準】約105km
    【オート】約200km
    174,000円


    2022アシスタU LTのその他の特長


    <アルミフレーム&タフフレーム>
    軽くて丈夫なフレームなので長期間使用しても車体がゆがみにくくなっています。


    <またぎやすいフレーム>
    またぎやすい低床のフレームなので電動アシスト自転車の乗り降りがラクに行えます。


    <3ファンクションメーター>

    残りアシスト走行可能距離やバッテリー残量、スピードが表示されるため長距離走行も安心して行えます。バックライト付きなので夜も見やすくなっています。


    <アルミドロヨケ>
    フレームとカラーを合わせたアルミ製のドロヨケです。


    <アルミキャリヤ(クラス18)>
    軽量なアルミ製のリヤキャリヤです。18kgまでの荷物を載せることができます。フレームとカラーを合わせたカラーとなっています。


    2022アシスタU LTと2020アシスタU LTとの比較

    2022アシスタU LTと2020アシスタU LTの主な違い
    • スペック的な変更なし(※1)

    (※1)スペック的な変更はありませんでした。ただ、スペック的な数値で表せない若しくは公表されていないアシストの滑らかさやアシスト力は、ほんのわずかですが進歩している場合があるので、少しでも新しいものがいいという方は「2022アシスタU LT」を、値引きを期待したいという方は「2020アシスタU LT」を選択されるといいでしょう。

    2022アシスタU LTと2020アシスタU LTの比較表

    2022アシスタU LT 比較項目 2020アシスタU LT
    画像
    (26型)1865×570mm
    (24型)1800×570mm
    本体サイズ(全長×全幅)mm (26型)1865×580mm
    (24型)1780×580mm
    (26型)26インチ
    (24型)24インチ
    タイヤサイズ (26型)26インチ
    (24型)24インチ
    (26型)22.9kg
    (24型)22.4kg
    総車両重量(kg) (26型)22.9kg
    (24型)22.4kg
    12.3Ah バッテリー容量(Ah) 12.3Ah
    約3.5時間 充電時間 約3.5時間
    【 強 モード】約46km
    【標 準モード】約55km
    【オートモード】約76km
    1充電あたりの走行距離 【 強 モード】約46km
    【標 準モード】約55km
    【オートモード】約76km
    内装3段 変速 内装3段
    (26型)139cm
    (24型)135cm
    最低乗車身長 (26型)139cm
    (24型)135cm
    なし ハンドルロック なし
    標準装備 フロントバスケット
    (前カゴ)
    標準装備
    標準装備
    (クラス18)
    <注1>
    リヤキャリヤ
    (後ろの荷台)
    標準装備
    (クラス18)
    <注1>
    装着不可 フロントチャイルドシート
    (前側)
    装着不可
    装着不可 リヤチャイルドシート
    (後ろ側)
    装着不可
    <注1>クラス18とは18kgまでの荷物を載せることができるリヤキャリヤ(後ろの荷台)です。





    2022アシスタU LT(ブリヂストン)と2022ビビL(パナソニック)との比較

    2022アシスタU LT(ブリヂストン)と2022ビビL(パナソニック)の主な違い
    • ハンドルロックの有無(※1)
    • バッテリー充電時間の違い(※2)
    • 価格の違い(※3)

    (※1)2022アシスタU LTにはハンドクロックはありません。2022ビビLにはハンドルロックがあります。ハンドルロックがあると駐輪中に電動アシスト自転車が倒れにくくなるだけでなく、荷物の載せ下ろしがラクに行えます。
    (※2)2022アシスタU LTのバッテリー充電時間は3.5時間で2022ビビLのバッテリー充電時間は4.0時間です。ただ、バッテリーの充電を就寝前に行えばこれらの差を感じることはないでしょう。
    (※3)2022アシスタU LTの価格は2022ビビLの価格より26000円高いです(2022アシスタU LT:151000円、2022ビビL:126000円)。

    2022アシスタU LT(ブリヂストン)と2022ビビL(パナソニック)の比較表

    2022アシスタU LT
    (ブリヂストン)
    比較項目 2022ビビL
    (パナソニック)
    画像
    (26型)1865×570mm
    (24型)1800×570mm
    本体サイズ(全長×全幅)mm (26型)1865×580mm
    (24型)1780×580mm
    (26型)26インチ
    (24型)24インチ
    タイヤサイズ (26型)26インチ
    (24型)24インチ
    (26型)22.9kg
    (24型)22.4kg
    総車両重量(kg) (26型)22.4kg
    (24型)22.0kg
    12.3Ah バッテリー容量(Ah) 12.0Ah
    約3.5時間 充電時間 約4.0時間
    【 強 モード】約46km
    【標 準モード】約55km
    【オートモード】約76km
    1充電あたりの走行距離 【パワーモード】約46km
    【オートモード】約54km
    【ロングモード】約83km
    内装3段 変速 内装3段
    (26型)139cm
    (24型)135cm
    最低乗車身長 (26型)140cm
    (24型)139cm
    なし ハンドルロック あり
    標準装備 フロントバスケット
    (前カゴ)
    標準装備
    標準装備
    (クラス18)
    <注1>
    リヤキャリヤ
    (後ろの荷台)
    標準装備
    (クラス18)
    <注1>
    装着不可 フロントチャイルドシート
    (前側)
    装着不可
    装着不可 リヤチャイルドシート
    (後ろ側)
    装着不可
    151,000円 価格(税込) 125,000円
    <注1>クラス18とは18kgまでの荷物を載せることができるリヤキャリヤ(後ろの荷台)です。


    アシスタU LT


    ビビL


    2022アシスタU LTのまとめ
    • ブリヂストン「2022アシスタU LT」は、お買い物やお出かけなどの普段使いに適した24型、26型電動アシスト自転車です。
    • ブリヂストンのお買い物やお出かけ向け24型、26型電動アシスト自転車の中で車体重量が一番軽いです。
    • 12.3Ahの比較的容量の大きなバッテリーを搭載しているためアシスト力が一番強いパワーモードだけの使用でも連続46㎞の長距離走行が可能です。
    • 連続約46㎞の長距離走行が可能なので、その分バッテリーの充電が回数が少なくて済みます。また、バッテリーの充電が回数が少なくて済むので、バッテリーが劣化しにくくなります。
    • ハンドルロックはありません。
    • 車体は軽いですがタフフレームのため車体がゆがみにくくなっています。
    • またぎやすい低床フレームを採用しています。



    2022年モデル 26型



    2022年モデル 26型



    2022年モデル 24型 26型



    2022年モデル 26型



    アシスタU LT



    ビビL