• あなたに合った電動アシスト自転車探しのお手伝い

    このページは2021年11月発売のパナソニック「2020ティモS」について説明するページです。その他「2022ティモS」と「2020ティモS」との違い、「2022ティモS」と「2022ティモA」との違い、「2022ティモS」と「2022ティモDX」との違いについての説明もあります。

    2022ティモSの概要

    ティモS 2022年モデル

    本体サイズ(全長×全幅)mm (26型)1875mm×590mm
    タイヤサイズ (26型)26インチ
    総車両重量(kg) 28.3kg
    1充電あたりの走行距離 【パワーモード】約59km
    【オートモード】約70km
    【ロングモード】約100km
    変速 内装(※1)3段変速
    最低乗車身長(※2) 150cm
    バッテリー容量 16.0Ah
    充電時間 約4.5時間

    パナソニック「2022ティモS」は通勤、通学向けの26型(※3)電動アシスト(※4)自転車です。走行距離は16.0Ah(※5)の大容量バッテリーを搭載しているため、長距離(※6)の通勤、通学も可能です。その他、高身長の方でも姿勢の面で運転しやすい設計(※7)になっています。

    (※1)変速には内装変速機と外装変速機があり、2022ティモSには内装変速機が搭載されています。そして、内装変速機のみが停車中にも変速可能で、この機能は停車する機会の多い信号の多くある街中でしばしば役立ちます。

    (※2)電動アシスト自転車にまたがった際に、両足のつま先をつくことができれば、その電動アシスト自転車に乗ることができます。そして、電動アシスト自転車にまたがった際に、両足のつま先をギリギリつくことができる身長が、その電動アシスト自転車の最低乗車身長(2022ティモS:150cm)になります。

    (※3)26型とは26インチタイヤを装着した電動アシスト自転車のことです。

    (※4)アシストとは「手伝う」という意味ですが、ここでは「人がペダルを漕ぐのを電動アシスト自転車に備え付けられている電動モーターが手伝う」という意味になります。

    (※5)Ahの数字が大ききれば大きいほど、たくさんの電気をバッテリーに貯めることができます。そのため、1回の充電でそれだけ長い距離を走ることができます。

    (※6)1回の充電で一番アシスト力が強いパワーモードでも連続約59kmの距離を走れるので、バッテリーの充電が回数が少なくて済みます。また、バッテリーの充電回数が少なくて済むので、バッテリーが劣化しにくくなります。

    (※7)ハンドルとサドルの間のスペースが広くなるように設計されているため、高身長の方でもゆったりとした姿勢で運転することができます。


    2022ティモSの特長

    くるピタ

    ⇒ハンドル部が固定されるので、駐輪時に自転車が倒れにくくなります。また、ハンドルが固定されることで荷物の載せ下ろしが行いやすくなります。(※ハンドルを完全に固定する機能ではありません。)


    ゆったり乗れる設計

    ⇒①、②のサイズを長めに設計することで、身長が高い方もゆったり乗ることができます。


    ワイドロッドバスケット2

    ⇒太い線材を使用した、大型ワイドバスケット(高さ約220mm×奥行約310mm×幅約460mm)です。


    エコナビ液晶スイッチ4SL

    ⇒最適なエコ運転を実現するため、走行条件によりアシスト力を自動的にコントロールします。そのため、1回の充電で、より長距離の走行が行えます。操作方法は、電源が入った状態で液晶表示切り替えボタンを押すと、「バッテリー残量表示」>「残り走行距離表示」>「残り走行時間表示」の順でデータを表示できます。


    リトルLEDビームランプ2

    ⇒リフレクター一体式でワイドに照らします。


    ワイヤ錠付(1キー3ロック)

    ⇒後輪サークル錠と同じキーで施錠・開錠が可能です。


    ソーラーオートテール3

    ⇒太陽光で充電し、暗くなると自動で点滅します。遠くにいるドライバーにも早い段階から気づいてもらいやすいので、夜間走行のリスクがかなり軽減されます。


    ブロックタイヤ

    ⇒幅広のタイヤのため走行中車体が安定するだけでなく、段差での衝撃を受けにくくなります。また、リヤキャリヤに重い荷物を積んでも安心です。


    キャリヤ取り付型サークル錠

    ⇒狭い駐輪場や駐輪ラックでも後ろからラクに施錠・開錠ができます。


    パイプリヤキャリヤ(クラス27)

    ⇒27kgまでの荷物をリヤキャリヤ(後ろ側の荷台)に積むことが出来ます。


    極太スポーク

    ⇒極太スポークが使用されているため、一般的な電動アシスト自転車よりもホイールがゆがみにくく、毎日の長距離走行に耐えることが出来きます。そのため、長期にわたり快適な乗り心地で運転できます。


    2022ティモSと2020ティモSとの違い

    2022ティモSと2020ティモSの主な違い
    • スペック的な変更なし(※1)

    (※1)スペック的な変更なし
    スペック的な変更はありませんでした。ただ、スペック的な数値で表せない若しくは公表されていないアシストの滑らかさやアシスト力は、ほんのわずかですが進歩している場合があるので、少しでも新しいものがいいという方は「2022ティモS」を、値引きを期待したいという方は「2020ティモS」を選択されるといいでしょう。

    2022ティモSと2020ティモSの比較表

    2022ティモS 比較項目 2020ティモS
    画像
    1875mm×590mm 本体サイズ(全長×全幅)mm 1875mm×590mm
    26 タイヤサイズ(インチ) 26
    28.3kg 総車両重量(kg) 28.3kg
    【パワーモード】約59km
    【オートモード】約70km
    【ロングモード】約100km
    1充電あたりの走行距離 【パワーモード】約59km
    【オートモード】約70km
    【ロングモード】約100km
    内装3段変速 変速 内装3段変速
    150cm 最低乗車身長 150cm
    16.0Ah バッテリー容量 16.0Ah
    4.5時間 充電時間 4.5時間
    リトルLEDビームランプ2 フロントライト
    (前側)
    リトルLEDビームランプ2
    ソーラーオートテール3 リヤライト
    (後ろ側)
    ソーラーオートテール3
    くるピタ ハンドルロック くるピタ
    クラス27<注1> リヤキャリヤ
    (後ろ側の荷台)
    クラス27<注1>
    両立スタンド スタンド 両立スタンド
    ブロックタイヤ タイヤ ブロックタイヤ
    装着不可 フロントチャイルドシート
    (前側)
    装着不可
    オプションにて装着可 リヤチャイルドシート
    (後ろ側)
    オプションにて装着可
    135,000円 価格
    (税込み)
    135,000円
    <注1>クラス27とは27㎏までの荷物を載せることができるリヤキャリヤのことです。


    2022ティモSと2022ティモAとの比較

    2022ティモSと2022ティモAとの主な違い
    • 車体重量の違い(※1)
    • ゆったり乗れる設計の有無(※2)

    (※1)車体重量の違い
    2022ティモSは従来通りの電動モーターを採用していて、2022ティモAはカルパワーユニット(性能を落とすことなく軽量化に成功した電動モーター)を採用しているため、2022ティモAの車体重量の方が軽くなっています。(2022ティモS:28.3kg/2022ティモA:26.9kg)


    (※2)ゆったり乗れる設計の有無
    <2022ティモSのゆったり乗れる設計>

    2022ティモSは、①、②のサイズを長めに設計することで、高身長の方でもゆったりとした姿勢で乗れる設計になっています。

    2022ティモSと2022ティモAとの違いの比較表

    2022ティモS 比較項目 2022ティモA
    画像
    1875mm×590mm 本体サイズ(全長×全幅)mm 1880mm×590mm
    26 タイヤサイズ(インチ) 26
    28.3kg 総車両重量(kg) 26.9kg
    【パワーモード】約59km
    【オートモード】約70km
    【ロングモード】約100km
    1充電あたりの走行距離 【パワーモード】約59km
    【オートモード】約70km
    【ロングモード】約107km
    150cm 最低乗車身長 141cm
    16.0Ah バッテリー容量 16.0Ah
    4.5時間 充電時間 4.5時間
    内装3段変速 変速 内装3段変速
    両立スタンド スタンド 両立スタンド
    リトルLEDビームランプ2 フロントライト
    (前側)
    リトルLEDビームランプ2
    ソーラーオートテール3 リヤライト
    (後ろ側)
    ソーラーオートテール3
    くるピタ ハンドルロック くるピタ
    クラス27<注1> リヤキャリヤ
    (後ろ側の荷台)
    クラス27<注1>
    装着不可 フロントチャイルドシート
    (前側)
    装着不可
    オプションにて装着可 リヤチャイルドシート
    (後ろ側)
    オプションにて装着可
    135,000円 価格
    (税込み)
    135,000円
    (<注1>クラス27とは27㎏までの荷物を載せることができるリヤキャリヤのことです。)





    2022ティモSと2022ティモDXとの違い

    2022ティモSと2022ティモDXとの主な違い
    • タイヤサイズの違い(※1)
    • 走行距離の違い(※2)
    • 変速数の違い(※3)
    • リヤキャリヤのクラスの違い(※4)
    • リヤチャイルドシートの取り付けの可否(※5)
    • フロントライトの違い(※6)
    (※1)タイヤサイズの違い
    2022ティモSは26インチで2022ティモDXは27インチです。通常は26インチと27インチの電動アシスト自転車がある場合、高身長の方には27インチをおすすめしますが、2022ティモSは余裕をもって乗れる設計になっていますので、この点についてはどちらを選ばれても問題ないでしょう。


    <2022ティモSのゆったりとした姿勢で乗れる設計>

    2022ティモSは2022ティモDXよりもタイヤの小さな26インチですが、①、②のサイズを長めに設計することで、高身長の方でもゆったりとした姿勢で乗れる設計になっています。


    (※2)走行距離の違い
    2022ティモSより2022ティモDXの方が一漕ぎで進む距離が長いので、ゆったりと電動アシスト自転車のペダルを漕ぐことができます。ただ、一漕ぎで進む距離が長い分、2022ティモSより2022ティモDXの方がアシストがやや強く働き、バッテリー電池の消費量がややアップします。そのため、2022ティモSの方が2022ティモDXより1回の充電における走行距離が長くなっています。


    (※3)変速数の違い
    2022ティモSは内装3段変速で、2022ティモDXは内装5段変速です。変速数が多い方が、変速機を上手く使うことで、よりスムーズに、よりスピーディーに加速できます。そのため、ストップ&ゴーを何度も繰り返す信号の多い街中ではストレスなく走行できます。


    (※4)リヤキャリヤのクラスの違い
    2022ティモSは27kgの荷物までを積むことができるクラス27のリヤキャリヤです。2022ティモDXは18kgの荷物までを積むことができるクラス18のリヤキャリヤです。


    (※5)リヤチャイルドシートの取り付けの可否
    2022ティモSはオプションにてリヤチャイルドシートの取り付けができます。2022ティモDXはリヤチャイルドシートの取り付けができません。


    (※6)フロントライトの違い
    2022ティモSのフロントライトはリトルLEDビームランプ2で、2022ティモDXのフロントライトは足も灯4-LEDビームランプ2です。リトルLEDビームランプ2でも十分明るいですが、足も灯4-LEDビームランプ2は前方を幅広く照らすだけでなく、足もとまで照らしてくれるとても明るいライトです。


    2022ティモSと2022ティモDXの比較表

    2022ティモS 比較項目 2022ティモDX
    画像
    1875mm×590mm 本体サイズ(全長×全幅)mm 1880mm×590mm
    26 タイヤサイズ(インチ) 27
    28.3kg 総車両重量(kg) 29.9kg
    【パワーモード】約59km
    【オートモード】約70km
    【ロングモード】約100km
    1充電あたりの走行距離 【パワーモード】約46km
    【オートモード】約58km
    【ロングモード】約71km
    150cm 最低乗車身長 149cm
    16.0Ah バッテリー容量 16.0Ah
    4.5時間 充電時間 4.5時間
    内装3段変速 変速 内装5段変速
    両立スタンド スタンド 両立スタンド
    リトルLEDビームランプ2 フロントライト
    (前側)
    足も灯4-LEDビームランプ2
    ソーラーオートテール3 リヤライト
    (後ろ側)
    ソーラーオートテール3
    くるピタ ハンドルロック くるピタ
    クラス27<注1> リヤキャリヤ
    (後ろ側の荷台)
    クラス18<注2>
    装着不可 フロントチャイルドシート
    (前側)
    装着不可
    オプションにて装着可 リヤチャイルドシート
    (後ろ側)
    装着不可
    135,000円 価格
    (税込み)
    135,000円
    <注1>クラス27とは27㎏までの荷物を載せることができるリヤキャリヤのことです。
    <注2>クラス18とは18㎏までの荷物を載せることができるリヤキャリヤのことです。


    ティモ・S


    2022ティモSまとめ
    • パナソニック「2022ティモS」は通学、通勤向けの26型電動アシスト自転車です。
    • ハンドルとサドルの間のスペースが広くなるように設計されているため、高身長の方でもゆったりとした姿勢で運転することができます。
    • 16.0Ahの大容量バッテリーを搭載しているため、長距離通勤、通学も可能です。
    • 1回の充電で一番アシスト力が強いパワーモードでも連続約59kmの距離を走れるので、バッテリーの充電回数が少なくて済みます。
    • バッテリーの充電回数が少なくて済むので、バッテリーの劣化しにくくなります。
    • 電動アシスト自転車の後ろ側に赤く点滅するリヤライト(ソーラーオートテール3)が付いていますので、夜間走行のリスクがかなり軽減されます。
    • くるピタによりハンドル部が固定されるので、駐輪時に電動アシスト自転車が倒れにくくなります。また、ハンドル部が固定されることで荷物の載せ下ろしが行いやすくなります。



    ティモS 2022年モデル



    ティモS 2022年モデル



    ティモS 2022年モデル



    ティモS 2022年モデル



    ティモ・S