• あなたに合った電動アシスト自転車探しのお手伝い

    このページは2019年10月に発売されたパナソニック「2020ビビDX」の説明ページです。

    2020ビビDX


    画像 ビビDX26型 2020年モデル

    本体サイズ(全長×全幅)mm (24型※1)1775×580mm
    (26型※2)1875×580mm
    タイヤサイズ (24型)24インチ
    (26型)26インチ
    総車両重量(kg) (24型)28.3kg
    (26型)29.2kg
    1充電あたりの走行距離 【パワー】約59km
    【オート】約70km
    【ロング】約100km
    変速機方式 内装3段変速(※3)
    最低乗車身長(※4) (24型)138cm
    (26型)141cm
    バッテリー容量(※5) 16.0Ah
    充電時間 約4.5時間

    パナソニック電動アシスト(※6)自転車「2020ビビDX」は、お買い物やお出かけなど普段使いに適した電動アシスト自転車です。大手3社のお買い物お出かけ向け電動アシスト自転車の中で、16.0Ahのもっとも大きな容量のバッテリーを搭載しているため、1回の充電で約59km~100kmの長距離走行が可能(※7)です。因みに価格÷距離で換算すると、大手3社(パナソニック、ヤマハ、ブリヂストン)の電動アシスト自転車の中で「2020ビビDX」がもっともコストパフォーマンスがいい電動アシスト自転車です。

    (※1)24型とは24インチタイヤを装着した電動アシスト自転車のことです。
    (※2)26型とは26インチタイヤを装着した電動アシスト自転車のことです。
    (※3)変速機を使わなくても電動アシスト自転車は電動モーターのアシスト力によりラクに漕ぐことができますが、変速機を使った方が電動モーターの負担を軽減できるので、その分バッテリーが長持ちします。また、変速機には内装変速機と外装変速機とがあります。「2020ビビDX」に取り付けてある内装変速機は外装変速機と違って停車中にも変速できます。停車する機会の多い信号機が多くある街中で使用すると便利です。
    (※4)電動アシスト自転車にまたがった際に、両足のつま先をつくことができれば、その電動アシスト自転車に乗ることができます。そして、電動アシスト自転車にまたがった際に、両足のつま先をギリギリつくことができる身長が、その電動アシスト自転車の最低乗車身長(ビビDX24型:138cm、ビビDX26型:141cm)になります。
    (※5)Ahの数字が大ききれば大きいほど、たくさんの電気をバッテリーに貯めることができます。そのため、Ahの数字が大ききれば大きいほど、1回の充電でより長い距離を走ることができます。
    (※6)アシストとは「電動アシスト自転車に備え付けられている電動モーターにより人がペダルを漕ぐのを手伝う」という意味です。
    (※7)長距離走行が可能ということは、バッテリーの充電が回数が少なくて済むということを意味します。また、バッテリーの充電が回数が少なくて済むいうことは、バッテリーの劣化しにくくなるということを意味します。


    (注)ビビDXはオプションにてフロントチャイルドシート、リヤチャイルドシートの取り付けが可能ですが、同時に2人のお子さまを乗せることができません。1度に乗せることができるお子さまは1人です。同時に2人のお子さまを乗せることができるのは子乗せ用電動アシスト自転車のみです。


    2020ビビDXの特長

    足も灯4-LEDビームランプ

    ⇒前方だけでなく、足元も照射します。遠くにいるドライバーに早い段階から気づいてもらいやすく安心です。


    大型スムースインバスケット2(前カゴ)

    ⇒荷物が傷つきにくい素材で作られた大型バスケット(前カゴ)です。間口が広いため、荷物が出し入れしやすくなっています。また、中が見えにくいため、防犯面での効果もあります。


    スタピタ2

    ⇒スタンドを立てるとハンドルも同時に固定(半ロック)されます。ハンドルがふらつきにくくなるので、駐輪中電動アシスト自転車が倒れにくくなります。また、ハンドルがふらつきにくくなるので、フロントバスケット(前カゴ)の荷物の出し入れが行いやすくなります。(※ハンドルを完全に固定する機能ではありません。)


    エコナビ液晶スイッチ4SL

    ⇒最適なエコ運転を実現するため、走行条件によりアシスト力を自動的にコントロールします。そのため、1回の充電で、より長距離の走行が行えます。操作方法は、電源が入った状態で液晶表示切り替えボタンを押すと、「バッテリー残量表示」>「残り走行距離表示」>「残り走行時間表示」の順でデータを表示できます。


    小型大容量バッテリー

    ⇒コンパクトながら大容量のバッテリー(16.0Ah)です。1回の充電でバッテリーにたくさんの電気を貯めることができるので、遠出も安心です。充電頻度も減らせます。充電頻度を減らせるのでバッテリーが劣化しにくくなります。(※2019年10月現在、大手3社<パナソニック、ブリヂストン、ヤマハ>の中で容量が16.0Ah以上のバッテリーを搭載している電動アシスト自転車はパナソニックのみです。)


    低床設計の国産フレーム
    ⇒またぎやすい低床フレームですので、電動アシスト自転車の乗り降りがラクに行えます。


    スリムグリップ
    ⇒走行時の手当りがやさしいグリップです。手の小さい方も握りやすくなっています。


    テールアップサドル・ソフト
    ⇒お尻にやさしい形状になっているため、身体への負担を軽減します。疲れにくいサドルです。


    サドルガードマン
    ⇒簡単にサドルが抜き取られない構造になっています。


    クラス27のリヤキャリヤ(後ろ側の荷台)

    ⇒リヤキャリヤに27kgまでの荷物を載せることができます。オプションにてリヤチャイルドシートを取り付けることができます。


    かろやかスタンド2

    ⇒誰でもラクに立てられるスタンドです。


    ソーラーオートテール2

    ⇒昼の間に太陽光で充電し、暗くなると自動で点滅します。


    ハードランナータイヤ&肉厚チューブ

    ⇒耐摩耗性に優れた、耐久性の高いタイヤです。


    2020ビビDXと2019ビビDXとの違い

    「2020ビビDXと2019ビビDXでは何が違うの?」と疑問に思っている方がいらっしゃると思いますので、ここでは、性能面における2020ビビDXと2019ビビDXとの違いについて説明させていただきます。

    2020ビビDXと2019ビビDXの主な違い
    • バッテリー充電時間の短縮

    2020ビビDXと2019ビビDXの比較表

    2020ビビDX 比較項目 2019ビビDX
    画像
    (24型)1775×580mm
    (26型)1875×580mm
    本体サイズ(全長×全幅)mm (24型)1775×580mm
    (26型)1875×580mm
    (24型)24インチ
    (26型)26インチ
    タイヤサイズ (24型)24インチ
    (26型)26インチ
    (24型)28.3kg
    (26型)29.2kg
    総車両重量(kg) (24型)28.2kg
    (26型)29.1kg
    16.0Ah バッテリー容量(Ah) 16.0Ah
    【パワー】約59km
    【オート】約70km
    【ロング】約100km
    1充電あたりの走行距離 【パワー】約59km
    【オート】約70km
    【ロング】約100km
    4.5時間 充電時間 5.0時間
    (24型)138cm
    (26型)141cm
    最低乗車身長 (24型)138cm
    (26型)141cm
    足も灯4-LEDビームランプ フロントライト
    (前側)
    足も灯4-LEDビームランプ
    ソーラーテール2 リヤライト
    (後ろ側)
    ソーラーテール2
    あり 低床フレーム あり
    スムースデザインバスケット2 フロントバスケット
    (前カゴ)
    スムースデザインバスケット
    スタピタ2 ハンドルロック スタピタ2
    クラス27 リヤキャリヤ
    (後ろ側の荷台)
    クラス27
    かろやかスタンド2 スタンド かろやかスタンド2
    ハードランナー タイヤ ハードランナー
    オプションにて装着可 フロントチャイルドシート
    (前側)
    オプションにて装着可
    オプションにて装着可 リヤチャイルドシート
    (後ろ側)
    オプションにて装着可

    今回の改定では「2020ビビDX」と「2019ビビDX」では、バッテリーの充電時間が約30分短縮されました。その他、電動アシスト自転車全体に言えることですが、アシストの滑らかさ、アシスト力など、数字では表せない、または公表していない部分で、わずかながらも年々進歩しています。少しでも便利な方、新しい方を選びたいという方は「2020ビビDX」を、値引きを期待したいという方は「2019ビビDX」を選択されるといいでしょう。


    2020ビビDXと同じビビ系列の2020ビビEXとの比較

    2020ビビDXと同じビビ系の電動アシスト自転車の中に2020ビビEXがあります。そして、2020ビビDXと2020ビビEXはデザイン的にも似ていますので、「性能的にどう違うのか?」「デザイン的にどう違うのか?」など疑問に思われる方がたくさんおられると思います。そこで、ここでは2020ビビDXと2020ビビEXの違いを説明させていただきます。

    2020ビビDXと2020ビビEXの主な違い
    • ラクイックの有無(※)
    • 後輪サークル錠の重さの違いによる総車両重量の違い
    • タイヤの違い
    • リヤキャリヤ(後ろ側の荷台)のデザインの違い
    • フロントバスケット(前カゴ)のデザインの違い
    • 色の種類と数の違い
    • 価格の違い
    • (※)ラクイックとは電子リモコンキーのことです。ビビ系の中では2020ビビEXのみに搭載させています。

    2020ビビDXと2020ビビEXとの比較表

    2020ビビDX 比較項目 2020ビビEX
    画像
    (24型)1775×580mm
    (26型)1875×580mm
    本体サイズ(全長×全幅)mm (24型)1775×580mm
    (26型)1875×580mm
    (24型)24インチ
    (26型)26インチ
    タイヤサイズ (24型)24インチ
    (26型)26インチ
    (24型)28.3kg
    (26型)29.2kg
    総車両重量(kg) (24型)29.5kg
    (26型)30.4kg
    16.0Ah バッテリー容量(Ah) 16.0Ah
    【パワー】約59km
    【オート】約70km
    【ロング】約100km
    1充電あたりの走行距離 【パワー】約59km
    【オート】約70km
    【ロング】約100km
    4.5時間 充電時間 4.5時間
    (24型)138cm
    (26型)141cm
    最低乗車身長 (24型)138cm
    (26型)141cm
    足も灯4-LEDビームランプ フロントライト
    (前側)
    足も灯4-LEDビームランプ
    ソーラーテール2 リヤライト
    (後ろ側)
    ソーラーテール2
    あり 低床フレーム あり
    スムースデザインバスケット2 フロントバスケット
    (前カゴ)
    スムースデザインバスケット
    スタピタ2 ハンドルロック スタピタ2
    クラス27 リアキャリヤ
    (後ろ側の荷台)
    クラス27
    (パイプリアキャリア)
    かろやかスタンド2 スタンド かろやかスタンド2
    ハードランナー タイヤ パンクガードマン
    オプションにて装着可 フロントチャイルドシート
    (前側)
    オプションにて装着可
    オプションにて装着可 リアチャイルドシート
    (後ろ側)
    オプションにて装着可
    後輪サークル錠
    (※通常のカギにて開錠)
    施錠方式 後輪サークル錠
    (※ラクイックにて開錠)
    121,880円 メーカー希望価格
    (税込み)
    151,580円


    ラクイックの有無


    ラクイックとは電子リモコンキーのことです。ラクイックをいつも持ち歩くバッグなどに入れておけば、電動アシスト自転車の電源を入れるだけで開錠できます。

    そして、2020ビビDXと2020ビビEXの大きな違いは開錠に使うカギの違いです。2020ビビDXは一般的なカギで開錠を行いますが、2020ビビEXはラクイック(電子リモコンキー)を使用して開錠を行います。


    後輪サークル錠の重さの違いによる総車両重量の違い

    ビビDXは通常のカギに対応したサークル錠です。一方、ビビEXは電子キーに対応したサークル錠です。ビビDXとビビEXは本体の重量はほぼ同じですが、通常のカギに対応したサークル錠より電子リモコンキーに対応したサークル錠の方が重くなるので、この差が総車両重量(kg)の違いの主なになっています。


    タイヤの違い

    ビビDXにはハードランナータイヤが装着されていて、ビビEXにはパンクガードマンタイヤが装着されています。どちらのタイヤも耐久性の高いタイヤですが、ハードランナータイヤよりパンクガードマンタイヤの方がパンクしにくいです。


    リヤキャリヤ(後ろ側の荷台)のデザインの違い

    ビビDXに使用されているリヤキャリヤは27kℊまでの荷物を載せることができるクラス27のリヤキャリヤで、ビビEXに使用されているリヤキャリヤも27kℊまでの荷物を載せることができるクラス27のリヤキャリヤです。ただ、ビビDXに使用されているリヤキャリヤは一般的なデザインのリヤキャリヤですが、ビビEXに使用されているリヤキャリヤは中が空洞になっているパイプリアキャリアで、車体と同じ色で統一されています。
    <ビビDXとビビEXのリヤキャリヤ(後ろ側の荷台)>

    ビビDX 比較項目 ビビEX
    画像
    クラス27/最大積載量27kg 機能 クラス27/最大積載量27kg
    (※パイプリアキャリヤ)



    フロントバスケット(前カゴ)のデザインの違い

    2020ビビDXに使用されているフロントバスケット(前カゴ)はスムースデザインバスケット2です。2020ビビEXに使用されているフロントバスケット(前カゴ)はスムースデザインバスケットです。2020ビビDXと2020ビビEXのフロントバスケット(前カゴ)の違いはデザインの違いです。サイズや機能については、ほぼ同じです。
    <ビビDXとビビEXのフロントバスケット(前カゴ)の比較>

    ビビDX 比較項目 ビビEX
    画像
    高さ約250mm×奥行約350mm×幅約390mm サイズ 高さ約260mm×奥行約350mm×幅約390mm
    荷物が傷つきにくい。
    カゴの中身が見えにくい。
    大容量サイズ。
    機能 荷物が傷つきにくい。
    カゴの中身が見えにくい。
    大容量サイズ。



    色の種類と数の違い

    2020ビビDXの色は全部で6色です。


    ピュアブラック


    アクティブホワイト


    ピスタチオ


    フレアレッドパール


    チョコブラウン


    Pファインブルー


    2020ビビEXの色は全部で4色です。

    マットブラック(つや消し)


    マットルージュ(つや消し)


    ビターブラウン


    USブルー


    価格の違い

    一般的に同じ系列の電動アシスト自転車の場合、主にバッテリー容量の大きさで価格差が生じます。ただ、2020ビビDXと2020ビビEXの場合、バッテリー容量は同じですが、主に電子リモコンキーのラクイックの有無により価格差が生じています。



    2020ビビDXのまとめ
    • お買い物やお出かけなどの普段使いに適した電動アシスト自転車です。
    • 2019ビビDXと比べてバッテリーの充電時間が約30分短縮されました。
    • 16.0Ahのコンパクトな大容量バッテリーを搭載しているため、一番アシスト力が強いパワーモードだけでの使用でも、連続約59㎞の長距離走行が可能です。
    • 長距離走行が可能なので、その分バッテリーの充電回数が少なくて済みます。
    • バッテリーの充電回数が少なくて済むので、その分バッテリーが劣化しにくくなります。
    • 最上位モデルのビビEXとの大きな違いは、ビビDXには電子リモコンキーのラクイックがないという点です。その他、タイヤの種類、フロントバスケット、リヤキャリアのデザインが違います。それら以外は、ほぼ同じです。
    • 2020ビビDXと2020ビビEXはバッテリー容量は同じですが、主にラクイックの有無により価格差が生じています。



    24型 26型 2020年モデル



    26型 2020年モデル



    24型 2020年モデル



    24型 2020年モデル



    26型 2020年モデル



    24型 26型 2020年モデル



    26型 2020年モデル



    24型 26型 2020年モデル



    24型 2020年モデル



    26型 2020年モデル




    26型 2020年モデル



    24型 2020年モデル