• あなたに合った電動アシスト自転車探しのお手伝い

    このページはパナソニック「2020ビビL」について説明するページです。

    2020ビビLの概要

    画像 ビビL 26型 2020年モデル

    本体サイズ(全長×全幅)mm (24型※1)1770×580mm
    (26型※2)1860×580mm
    タイヤサイズ (24型)24インチ
    (26型)26インチ
    総車両重量(kg) (24型)22.5kg
    (26型)22.8kg
    1充電あたりの走行距離 【パワー】約46km
    【オート】約54km
    【ロング】約78km
    変速機方式(※3) 内装3段変速
    最低乗車身長(※4) (24型)139cm
    (26型)140cm
    バッテリー容量 12.0Ah
    充電時間 約4.0時間

    2019年10月発売のお買い物やお出かけなど普段使いに適したパナソニック電動アシスト(※5)自転車「2020ビビ・L」は、軽さにこだわった電動アシスト自転車です。車体が軽く12.0Ah(※6)の比較的容量が大きいバッテリーを搭載しているために、一番アシスト力が強いパワーモードだけ使用しても、1回の充電で連続約46kmの長距離走行が可能(※7)です。因みに、他メーカーのお買い物やお出かけなど普段使いに適した24・26型の電動アシスト自転車を含めてもっと軽い車体(※8)がビビLになります。

    (※1)24型とは24インチタイヤを装着した電動アシスト自転車のことです。
    (※2)26型とは26インチタイヤを装着した電動アシスト自転車のことです。
    (※3)変速機を使わなくても電動アシスト自転車は電動モーターのアシスト力によりラクに漕ぐことができますが、変速機を使った方が電動モーターの負担を軽減できるので、その分バッテリーが長持ちします。また、変速機には内装変速機と外装変速機とがあります。「2020ビビ・L」に取り付けてある内装変速機は外装変速機と違って停車中にも変速できます。停車する機会の多い信号機が多くある街中で使用すると便利です。
    (※4)電動アシスト自転車にまたがった際に、両足のつま先をつくことができれば、その電動アシスト自転車に乗ることができます。そして、電動アシスト自転車にまたがった際に、両足のつま先をギリギリつくことができる身長が、その電動アシスト自転車の最低乗車身長(ビビL24型:139cm、ビビL26型:140cm)になります。
    (※5)アシストとは「電動アシスト自転車に備え付けられている電動モーターにより人がペダルを漕ぐのを手伝う」という意味です。
    (※6)Ahの数字が大ききれば大きいほど、たくさんの電気をバッテリーに貯めることができます。そのため、Ahの数字が大ききれば大きいほど、1回の充電でより長い距離を走ることができます。

    (※7)長距離走行が可能ということは、バッテリーの充電が回数が少なくて済むということを意味します。また、バッテリーの充電が回数が少なくて済むいうことは、バッテリーの劣化しにくくなるということを意味します。
    (※8)次の比較表で「2020ビビL」と他メーカーの同タイプの買い物お出かけ用電動アシスト自転車と比較しても、「2020ビビL」の車体が一番軽いのがわかります。
    「2020ビビL」と他メーカーのお買い物やお出かけなど普段使いに適した電動アシスト自転車(24型・26型/バッテリー容量12.0Ah~13.0Ah)の車体重量比較表

    画像 名称
    (メーカー)
    重量 バッテリー
    (容量)



    ビビ・L
    (パナソニック)
    22.5㎏
    (24型)
    22.8㎏
    (26型)
    12.0Ah
    PAS With
    (ヤマハ)
    25.3㎏
    (24型)
    26.0㎏
    (26型)
    12.3Ah
    PAS With DX
    (ヤマハ)
    26.6㎏
    (24型)
    27.2㎏
    (26型)
    12.3Ah


    2020ビビ・Lの主な特長

    足も灯4-LEDビームランプ

    ⇒前方を幅広く照らすだけでなく、足元も照射するライトです。夜間も安心して走行できます。


    低床アルミフレーム

    ⇒またぎやすくフレームですので、自転車の乗り降りがラクに行えます。


    大型樹脂ロッドバスケット(前カゴ)

    ⇒高さ約240mm×奥行約350mm×幅約410mmの容量の大きなバスケットです。


    くるピタ

    ⇒ハンドル部を固定されるので、駐輪時に自転車が倒れにくくなります。また、ハンドルが固定されることで荷物の載せ下ろしが行いやすくなります。(※ハンドルを完全に固定する機能ではありません。)


    かろやかスタンド

    ⇒ラクにスタンドを立てることができるアルミスタンドです。


    らくらくスイッチ

    ⇒大きなボタンで操作法もシンプルです。そのため、お好みのアシストモードに簡単に切替え可能です。電池残量はシンプルな%表示と液晶上部の目盛りで確認することが出来ます。


    ソーラーオートテール2

    ⇒暗くなると自動で点滅します。太陽光で充電します。遠くにいるドライバーにも早い段階から気づいてもらいやすく安心です。


    テールアップサドル・ライト

    ⇒快適な座り心地のサドルです。


    アルミリヤキャリヤ(クラス18)

    ⇒18kgまでの荷物を載せることができるアルミリヤキャリヤです。


    スリムツートングリップ

    ⇒走行時の手当りがやさしいグリップです。手の小さな方でも握りやすいグリップです。



    2020ビビLと2019ビビLの違い

    電動アシスト自転車のモデルチェンジが行われる度に、「前モデルと今回のモデルは何が違うの?」と疑問に思う方がよくいらっしゃいます。これと同じように「2020ビビL」についても、「2020ビビLと2019ビビLでは何が違うの?」と疑問に思っている方がたくさんいらっしゃると思いますので、ここでは「2020XビビL」と「2019ビビL」との違いについて説明させていただきます。

    2020ビビLと2019ビビLの主な違い
    • フロントバスケット(前カゴ)のデザインと容量の違い

    2020ビビLと2019ビビLとの比較表

    2020ビビL 比較項目 2019ビビL
    画像
    (24型)1780×580mm
    (26型)1865×580mm
    本体サイズ(全長×全幅)mm (24型)1770×580mm
    (26型)1860×580mm
    (24型)24インチ
    (26型)26インチ
    タイヤサイズ (24型)24インチ
    (26型)26インチ
    (24型)22.5kg
    (26型)22.8kg
    総車両重量(kg) (24型)22.5kg
    (26型)22.8kg
    12.0Ah バッテリー容量(Ah) 12.0Ah
    【パワー】約46km
    【オート】約54km
    【ロング】約78k
    1充電あたりの走行距離 【パワー】約46km
    【オート】約54km
    【ロング】約78k
    4.0時間 充電時間 4.0時間
    (24型)139cm
    (26型)140cm
    最低乗車身長 (24型)139cm
    (26型)140cm
    大型樹脂ロッドバスケット フロントバスケット
    (前カゴ)
    大型デザインバスケット
    足も灯4-LEDビームランプ フロントライト 足も灯4-LEDビームランプ
    くるピタ ハンドルロック くるピタ
    あり 低床フレーム あり
    クラス18 リアキャリヤ クラス18
    かろやかスタンド スタンド かろやかスタンド
    ソーラーテール2 リアライト) ソーラーテール2

    今回の改定でのフロントバスケット(前カゴ)のデザインと容量が変更となりました。荷物をたくさん入れることができるように、「2020ビビL」のフロントバスケット(前カゴ)の横幅が、「2019ビビL」のフロントバスケット(前カゴ)の横幅に比べて、約2㎝広くなりました。

    その他、電動アシスト自転車全体に言えることですが、アシストの滑らかさ、アシスト力など、数字では表せない、または公表していない部分で、わずかながらも年々進歩しています。

    そのため、少しでも荷物がたくさん入る便利な前カゴ、新しいモデルを選びたいという方は「2020ビビL」を、それほど変わりがないのなら前モデルでもいいので値引きを期待したいという方は「2019ビビL」を選択されるといいでしょう。



    2020ビビL(24型・26型)と同系の2020ビビL20(20型)との比較

    車体が軽い24型・26型の2020ビビLを選択肢の一つにあげられている方は、同じく車体が軽い20型の2020ビビL20も選択肢にあげられている方がよくおられます。そして、2020ビビLと2020ビビL20では、「タイヤの大きさ以外に何か違いがあるのか?」「私にとってはどっちの電動アシスト自転車の方が扱いやすいのだろう?」「身長以外で迷った場合、どちらを選べばいいのか?」など疑問に思われる方が多くいらっしゃいます。そこで、ここでは2020ビビLと同系の2020ビビL20の違いを説明していきます。

    2020ビビLと2020ビビL20の主な違い
      <サイズ的な違い>

    • タイヤの大きさの違いによる車体全長、車体重量の違い

    • <走行性能の違い>

    • 取り回しの行いやすさの違い
    • 停車する際のふらつきにくさの違い
    • 段差での衝撃の受けにくさのの違い
    • 漕ぎやすさの違い

    2020ビビLと2020ビビL20との比較表

    2020ビビL 比較項目 2020ビビL20
    画像
    (24型)1780×580mm
    (26型)1865×580mm
    本体サイズ(全長×全幅)mm (20型)1,595mm×580mm
    (24型)24インチ
    (26型)26インチ
    タイヤサイズ (20型)20インチ
    (24型)22.5kg
    (26型)22.8kg
    総車両重量(kg) (20型)21.7kg
    12.0Ah バッテリー容量(Ah) 12.0Ah
    【パワー】約46km
    【オート】約54km
    【ロング】約78k
    1充電あたりの走行距離 【パワー】約45km
    【オート】約53km
    【ロング】約70km
    4.0時間 充電時間 4.0時間
    (24型)139cm
    (26型)140cm以上
    最低乗車身長 (20型)136cm以上
    大型樹脂ロッドバスケット フロントバスケット
    (前カゴ)
    大型樹脂ロッドバスケット
    足も灯4-LEDビームランプ フロントライト 足も灯4-LEDビームランプ
    くるピタ ハンドルロック くるピタ
    あり 低床フレーム あり
    クラス18 リアキャリヤ クラス18
    かろやかスタンド スタンド かろやかスタンド
    ソーラーテール2 リアライト ソーラーテール2
    119,680円 価格
    (税込み)
    119,680円
    (※ビビL、ビビL20共にチャイルドシートの取り付けはできません。)


    サイズ的な違い

    「2020ビビL」は24型と26型の電動アシスト自転車で、「2020ビビL20」は20型の電動アシスト自転車ですので、ひと目で分かるくらいのサイズ的な違いがあります。


    タイヤの大きさの違いによる車体全長、車体重量の違い
    2020ビビLと2020ビビL20とではタイヤの大きさが違いますが、タイヤの大きさの違いにより車体全長、車体重量が違ってきます。


    走行性能の違い

    「2020ビビL」と「2020ビビL20」はスペック的にはほぼ同じですが、タイヤの大きさの違い、タイヤの大きさの違いによる車体全長、車体重量の違いによって走行性能が違ってきます。


    <24型・26型(24・26インチタイヤ)と20型(20インチタイヤ)の違い>

    タイヤのサイズが大きい
    (24・26インチタイヤ)
    比較項目 タイヤのサイズが小さい
    (20インチタイヤ)
    (小さいタイヤに比べると)
    取り回しが行いにくい
    駐輪する際などの取り回し (大きいタイヤに比べると)
    取り回しが行いやすい
    (小さいタイヤに比べると)
    段差や悪路での衝撃は受けにくい
    段差や悪路での衝撃 (大きいタイヤに比べると)
    段差や悪路での衝撃受けやすい
    (小さいタイヤに比べると)
    停車する際の安定性は低い
    停車する際の安定性 (大きいタイヤに比べると)
    停車する際の安定性は高い
    (小さいタイヤに比べると)
    漕ぎやすい
    漕ぎやすさ (大きいタイヤに比べると)
    漕ぎにくい


    取り回しの行いやすさの違い
    駐輪する際などの取り回しが行いやすいのは車体重心が低い(タイヤサイズが小さい)自転車です。そのため、車体重心が高い24、26インチタイヤを装着している2020ビビLより、車体重心が低い20インチタイヤの2020ビビL20の方が、駐輪する際などの取り回しが行いやすくなります。


    段差での衝撃の受けにくさのの違い
    段差や悪路での衝撃受けにくいのは大きいタイヤの自転車です。そのため、大きいサイズのタイヤを装着している2020ビビLは、小さいサイズのタイヤを装着している2020ビビL20に比べると、段差や悪路での衝撃を受けにくくなります。


    停車する際のふらつきにくさの違い
    停車する際に安定感があるのは車体重心が低い(タイヤサイズが小さい)自転車です。そのため、信号などで停車する際にふらつきにくいのは、車体重心が低い20インチタイヤを装着している2020ビビL20です。


    漕ぎやすさの違い
    自転車の漕ぎやすさは平均的な成人の場合、24、26インチタイプの電動アシスト自転車ですが、最近の20インチの自転車はクランクの長さを調整するなどして、ある程度は漕ぎやすくなっています。また、20インチタイヤの自転車は26インチタイヤの自転車より、たくさん漕がないといけないイメージがありますが、一漕ぎで26インチとほぼ同じ距離を進めるようになっています。


    2020ビビLと2020ビビL20とで迷ったら?

    身長以外でこの2台で迷われた場合、自転車の運転に苦手意識はないという方でしたら漕ぎやすく、段差の衝撃が少なくて済むタイヤの大きな2020ビビLを選択されるといいでしょう。自転車の運転に苦手意識があるという方は、停車する際のふらつきにくさを最優先させた方がいいので、2020ビビL20を選択されるといいでしょう。



    2020ビビLまとめ
    • お買い物やお出かけなどの普段使いに適した24型・26型電動アシスト自転車です。
    • 軽さにこだわった電動アシスト自転車です。
    • 大手3社(パナソニック、ブリヂストン、ヤマハ)のお買い物やお出かけなど普段使いに適した24・26型の電動アシスト自転車の中で、最も軽いのが2020ビビLです。
    • 車体の軽い電動アシスト自転車ですが、リヤキャリアには18㎏までの荷物を積載することができます。
    • 車体が軽く、12.0Ahの比較的容量の大きなバッテリーを搭載しているため、パワーモードでも連続約46㎞の長距離走行が可能です。
    • 長距離走行が可能なのでバッテリーの充電を頻繁に行わなく済みます。
    • バッテリーの充電を頻繁に行わなく済むので、バッテリーが劣化しにくくなります。
    • チャイルドシートを取り付けることはできません。
    • 身長以外で20型の2020ビビL20とで迷われた場合、自転車の運転に苦手意識はないという方でしたら、段差の衝撃が少なくて済むタイヤの大きな2020ビビLを選択されるといいでしょう。



    2020年モデル 24型 26型



    2020年モデル 26型



    2020年モデル 24型 26型



    2020年モデル 24型



    2020年モデル 24型



    2020年モデル 26型



    2020年モデル 24型



    2020年モデル 26型



    2020年モデル 26型



    2020年モデル 26型



    2020年モデル 26型



    2020年モデル 24型



    2020年モデル 24型



    2020年モデル 26型



    2020年モデル 24型