• あなたに合った電動アシスト自転車探しのお手伝い

    本当は他の移動手段を選択したんだけど、地域や家庭の事情などにより、今現在のベターな移動手段は電動アシスト自転車なるという方が多くいらっしゃいます。その中でも小柄で自転車の運転が少し苦手な女性は、どれが一番自分にとって扱いやすい自転車かで迷われることがよくあります。そこで、このページでは、小柄で自転車の運転が少し苦手な女性が電動アシスト自転車を選ぶ際のポイントを説明します。また、小柄で自転車の運転が少し苦手な女性でも扱いやすい国産メーカーのパナソニック電動アシスト自転車をこのページの後半に掲載していますので、あなた自身の電動アシスト選びの参考にしてください。


    小柄で自転車の運転が少し苦手な女性が電動アシスト自転車を選ぶ際のポイント


    小柄で自転車の運転が少し苦手な女性が電動アシスト自転車を選ぶ際は、次の3つに気をつけながら電動アシスト選びを行いましょう。

    • ハンドルのタイプ
    • タイヤサイズ
    • 車体の重さ
    • 適応身長

    ハンドルのタイプ



    ハンドルがT字の電動アシスト自転車



    ハンドルがサドル側に大きくカーブしている電動アシスト自転車


    point:ハンドルはサドル側に大きくカーブしているタイプのものを選びましょう。
    自転車のハンドルはサドル側に大きくカーブしているタイプと、T字若しくはT字に近いタイプに分かれます。サドル側に大きくカーブしているタイプの場合、スピードが出やすい前傾姿勢は取れないですが、常にリラックスした姿勢で運転できます。一方、T字若しくはT字に近いタイプの場合、スピードが出やすい前傾姿勢はとれますが、常ににリラックスした姿勢で運転できません。そして、小柄な女性の場合、T字若しくはT字に近いタイプのハンドルは、普通の体格の女性と比べると前傾角度が強くなってしまいますので、小柄な女性の方にはかなり運転しづらい姿勢になってしまいます。このことから小柄な運転が少し苦手な女性の方は、常ににリラックスした姿勢で運転できる、ハンドルがサドル側に大きくカーブしているタイプの電動アシスト自転車を選びましょう。



    タイヤサイズ


    point:タイヤサイズは20インチ(20型)か24インチ(24型)のものを選びましょう
    安全面を最優先させるなら20インチ(20型)がおすすめですが、20インチ(20型)にも24インチ(24型)にも長所、短所があるので、それぞれのタイヤのサイズの特徴を理解したうえで、タイヤサイズは20インチ(20型)か24インチ(24型)のものを選びましょう
    24,26インチと18,20インチとの違い

    タイヤサイズが大きい
    (24インチ)
    比較項目 タイヤサイズが小さい
    (20インチ)
    20インチより漕ぎやすい
    漕ぎやすさ

    24インチより漕ぎにくい
    20インチより小さい
    段差の衝撃

    24インチより大きい
    20インチより安定性が低い
    停車する際

    24インチより安定性が高い
    20インチより安定性が高い
    走行時
    (※)

    24インチより安定性が低い
    20インチより行いにくい
    取り回し

    24インチより行いやすい
    (※)電動アシスト自転車の場合、電動モーターによるアシストがありますので、20型でも普通の自転車の20型に比べると、20型の電動アシスト自転車は安定して走行することができます。
    <漕ぎやすさ>
    成人の場合、タイヤサイズが大きい24型電動アシスト自転車の方が漕ぎやすいです。
    <段差での衝撃>
    24型のようなタイヤのサイズが大きな電動アシスト自転車は、タイヤサイズの小さな20型より段差での衝撃を受けにくくなります。また、車体が重い自転車も段差での衝撃を受けにくくなります。
    <停車する際>
    停車する際にふらつきにくく安定感があるのは車体重心の低い20型の電動アシスト自転車です。特に、車体の前後に荷物をたくさん積んでいる場合、大きいタイヤだと停車する際に少しふらつくことがあります。
    <走行時>
    走行時に安定感があるのはタイヤサイズの大きな24型の電動アシスト自転車です。ただ、電動アシスト自転車の場合、電動モーターによるアシストがありますので、20型でも普通の自転車の20型に比べると、電動アシスト自転車の20型は安定して走行することができます。
    <取り回し>
    駐輪する際などの取り回しが行いやすいのは、車体重心の低い20型の電動アシスト自転車です。また、車体の軽い自転車も取り回しは行いやすいです。



    車体の重さ


    point:車体の重さによる長所、短所を理解しながら電動アシスト自転車選びを行いましょう。

    タイヤサイズは20インチ(20型)で車体重量が軽い電動アシスト自転車が取り回しが一番行いやすいです。ただし、走行中に段差などで衝撃を一番受けやすいのは20インチ(20型)で車体重量が軽い電動アシスト自転車です。そのため、取り回しの行いやすさを重視するか、乗り心地を重視するかを考えながら、車体の重さを比較するといいでしょう。


    取り回しの行いやすさ
    1位 20型で車体の軽い電動アシスト自転車
    2位 20型で車体が重い電動アシスト自転車
    3位 24型で車体が軽い電動アシスト自転車
    4位 24型で車体が重い電動アシスト自転車

     

    段差による衝撃の受けにくさ
    1位 24型で車体が重い電動アシスト自転車
    2位 24型で車体が軽い電動アシスト自転車
    3位 20型で車体が重い電動アシスト自転車
    4位 20型で車体の軽い電動アシスト自転車



    適応身長


    point:適応身長に注意しながら電動アシスト自転車選びを行いましょう。
    適応身長とは自転車にまたがっ際に両足のつま先をつくことができる身長のことです。電動アシスト自転車によって適応身長は様々で、中には適応身長が150㎝台中盤の車種もあります。そのため、小柄な女性には乗れない電動アシスト自転車があるので、ご自身の身長が適応身長と比べてどうか注意しながら電動アシスト自転車選びを行ってください。



    小柄で自転車の運転が少し苦手な女性でも扱いやすいパナソニック電動アシスト自転車


    小柄で自転車の運転が少し苦手な女性でも扱いやすいパナソニックの電動アシスト自転車をピックアップしましたのでよろしければ電動アシスト自転車選びの参考にしてください。


    ビビL20



    画像 ビビⅬ20(20型)

    本体サイズ(全長×全幅)mm 1,585mm×580mm(20型)
    タイヤサイズ 20インチ(20型)
    総車両重量(kg) 21.7kg(20型)
    1充電あたりの走行距離 【パワー】約45km
    【オート】約53km
    【ロング】約70km
    変速機方式 内装3段変速
    適応身長 136cm以上(20型)
    バッテリー容量 12.0Ah
    充電時間 約4.0時間

    車体重心が低く、車体重量も軽い20型電動アシスト自転車ですので、自転車に降りてからの取り回しがもっとも行いやすい電動アシスト自転車の1つです。タッチパネルの操作もシンプルですので、走行中タッチパネルの操作に気を取られることなく運転できます。




    ビビL(24型)





    画像 ビビL(24型)

    本体サイズ(全長×全幅)mm 1770×580mm(24型)
    1860×580mm(26型)
    タイヤサイズ 24インチ(24型)
    26インチ(26型)
    総車両重量(kg) 22.5kg(24型)
    22.8kg(26型)
    1充電あたりの走行距離 【パワー】約46km
    【オート】約54km
    【ロング】約78km
    変速機方式 内装3段変速
    適応身長 139cm以上(24型)
    140cm以上(26型)
    バッテリー容量 12.0Ah
    充電時間 約4.0時間

    取り回しの行いやすさと漕ぎやすさのバランスで選びたいならビビⅬ20と同じタイプのビビⅬ(24型)を選ぶといいでしょう。ビビⅬ(24型)もビビⅬ20と同様にタッチパネルの操作もシンプルですので、走行中タッチパネルの操作に気を取られることなく運転できます。


    パナソニック ビビL



    ビビDX(24型)





    画像 ビビDX24型

    本体サイズ(全長×全幅)mm 1775×580mm(24型)
    1875×580mm(26型)
    タイヤサイズ 24インチ(24型)
    26インチ(26型)
    総車両重量(kg) 28.2kg(24型)
    29.1kg(26型)
    1充電あたりの走行距離 【パワー】約59km
    【オート】約70km
    【ロング】約100km
    変速機方式 内装3段変速
    適応身長 138cm以上(24型)
    141cm以上(26型)
    バッテリー容量 16.0Ah
    充電時間 約5.0時間

    ビビDX(24型)は漕ぎやすさ、乗り心地、走行中の安定感を優先させたい方で、1日の平均走行距離が長い方(約10㎞)におすすめです。1日の平均走行距離が短くてもうちの周りが坂道ばかりという方にもおすすめです。距離と価格だけで見ると大手3社(パナソニック、ブリヂストン、ヤマハ)の中で最もコスパがよい電動アシスト自転車です。




    ビビEX(24型)





    画像 ビビEX(24型)

    本体サイズ(全長×全幅)mm 1775×580mm(24型)
    1875×580mm(26型)
    タイヤサイズ 24インチ(24型)
    26インチ(26型)
    総車両重量(kg) 29.5kg(24型)
    30.4kg(26型)
    1充電あたりの走行距離 【パワー】約59km
    【オート】約70km
    【ロング】約100km
    変速機方式 内装3段変速
    適応身長 138cm以上(24型)
    141cm以上(26型)
    バッテリー容量 16.0Ah
    充電時間 約5.0時間
    施錠方式 後輪サークル錠
    (※ラクイックにて開錠)

    ビビEX(24型)は漕ぎやすさ、乗り心地、走行中の安定感を優先させたい方で、1日の平均走行距離(約10㎞)が長い方におすすめです。1日の平均走行距離が短くてもうちの周りが坂道ばかりという方にもおすすめです。また、このページで紹介する電動アシスト自転車の中で唯一リモコンキー(※)が付属していますので、朝の出発前にドタバタしてしまう方や自転車のカギをすぐにどこかにやってしまう方におすすめです。<※ラクイックと呼ばれるリモコンキーで、それを毎日持ち歩くカバンの中に入れておけば、ビビEXの電源を入れるだけで、サークル錠が開錠します。>




    ビビSX(24型)




    画像 ビビSX(24型)

    本体サイズ(全長×全幅)mm 1775×580mm(24型)
    1875×580mm(26型)
    タイヤサイズ 24インチ(24型)
    26インチ(26型)
    総車両重量(kg) 25.1kg(24型)
    25.8kg(26型)
    1充電あたりの走行距離 【パワー】約31km
    【オート】約35km
    【ロング】約50km
    変速機方式 内装3段変速
    適応身長 138cm以上(24型)
    141cm以上(26型)
    バッテリー容量 8.0Ah
    充電時間 約4.5時間

    ビビSX(24型)は漕ぎやすさ、乗り心地、走行中の安定感を優先させたい方で1日の平均走行距離(約5㎞まで)が短い方におすすめです。ただ、1日の平均走行距離が短くてもうちの周りが坂道ばかりという方はバッテリー容量(Ah)が大きいビビDXを選んだほうがいいでしょう。バッテリー容量(Ah)が小さいことを除けばバランスのとれた扱いやすい電動アシスト自転車です。