• あなたに合った電動アシスト自転車探しのお手伝い

    このページはパナソニック電動アシスト自転車「2020ティモⅠ」について説明するページです。

    2020ティモⅠの概要


    ホワイトパールクリア



    シアースカーレット



    マットネイビー(艶消し)



    アクア


    2020ティモ・I

    本体サイズ(全長×全幅)mm (26型)1860mm×580mm
    タイヤサイズ (26型)26インチ
    総車両重量(kg) 30.4kg
    1充電あたりの走行距離 【パワー】約59km
    【オート】約70km
    【ロング】約100km
    変速機方式 内装3段
    最低乗車身長 141cm以上
    バッテリー容量 16.0Ah
    充電時間 約4.0時間

    2020ティモⅠはデザインがオシャレなだけでなく、実用性の高い26型(※1)電動アシスト自転車です。16.0Ah(※2)の大容量バッテリーを搭載しているため、長距離(※3)の通勤、通学も可能です。

    (※1)26型とは26インチタイヤを装着した電動アシスト自転車のことです。

    (※2)Ah(アンペア時/アンペアアワー)の数字が大ききれば大きいほど、たくさんの電気をバッテリーに貯めることができます。そのため、1回の充電でそれだけ長い距離を走ることができます。

    (※3)1回の充電で一番アシスト力が強いパワーモードでも連続約59kmの距離を走れるので、バッテリーの充電が回数が少なくて済みます。また、バッテリーの充電回数が少なくて済むので、バッテリーが劣化しにくくなります。


    2020ティモIの特長

    リトルLEDビームランプ2

    ⇒リフレクター一体式でワイドに照らします。夜間もストレスを感じることなく走行できます。


    ソーラーオートテール3

    ⇒太陽光で充電し、暗くなると自動で点滅します。遠くにいるドライバーにも、早い段階から気づいてもらいやすいので、夜間の走行も安心です。


    ワイドスクエアバスケット(フロントバスケット/前カゴ)

    ⇒スクールバッグのような大きなバッグでも、収まりやすいフロントバスケット(前カゴ)です。底面はメッシュ、下部側面はプレートになっているため、小物が落ちにくい構造になっています。


    エコナビ液晶スイッチ4SL

    ⇒最適なエコ運転を実現するため、走行条件によりアシスト力を自動的にコントロールします。そのため、1回の充電で、より長距離の走行が行えます。操作方法は、電源が入った状態で液晶表示切り替えボタンを押すと、「バッテリー残量表示」>「残り走行距離表示」>「残り走行時間表示」の順でデータを表示できます。


    ワイヤ錠付(1キー3ロック)

    ⇒後輪サークル錠と同じキーで施錠・開錠が可能です。


    かろやかスタンド2

    ⇒てこの原理を用いることで、一般的なスタンドよりも、ラクにスタンドが立てられます。


    ワイドテリーサドル(補助ガード付)

    ⇒サドル下部に幅広ガードを設けています。その幅広ガードをもってスタンド立てを行えば、前出の「かろやかスタンド2」との連係プレーで、よりラクにスタンドが立てられます。


    くるピタ

    ⇒くるピタによりハンドル部が固定されるので、駐輪時に自転車が転倒しにくくなるだけでなく、荷物の載せ下ろしがラクに行えます。(※ハンドルを完全に固定する機能ではありません。)


    サドルガードマン

    ⇒簡単にサドルが抜き取られません。


    パイプリヤキャリヤ(クラス27)

    ⇒最大27kgの荷物をリヤキャリヤに積むことが出来ます。


    キャリヤ取り付型サークル錠

    ⇒狭い駐輪場や駐輪ラックでも後ろからラクに施錠・開錠ができます。


    ステンレスリム+極太スポーク(耐久性の高いホイール)

    ⇒ステンレスリムと極太スポークが使用されているため、一般的な電動アシスト自転車よりもホイールがゆがみにくく、毎日の長距離走行に耐えることが出来きます。そのため、長期にわたり快適な乗り心地で運転できます。


    ハードランナータイヤ

    ⇒一般的なタイヤより耐摩耗性の高い、耐久力のあるタイヤです。


    国産フレーム

    ⇒安心の国産フレームです。



    2020ティモⅠと2019ティモⅠとの違い

    電動アシスト自転車のモデルチェンジが行われる度に、「前モデルと何が違うの?」と疑問に思う方がよくいらっしゃいます。これと同じように「ティモⅠ」についても、「2020ティモⅠと2019ティモⅠでは何が違うの?」と疑問に思っている方がたくさんいらっしゃると思いますので、ここでは、性能面における「2020ティモⅠ」と「2019ティモⅠ」との違いについて説明させていただきます。

    2020ティモⅠと2019ティモⅠの主な違い
    • バッテリー充電時間の短縮

    2020ティモⅠと2019ティモⅠとの違いの比較表

    2020ティモⅠ 比較項目 2019ティモⅠ
    画像
    1870mm×580mm 本体サイズ(全長×全幅)mm 1860mm×580mm
    26 タイヤサイズ(インチ) 26
    30.4kg 総車両重量(kg) 30.1kg
    【パワー】約59km
    【オート】約70km
    【ロング】約100km
    1充電あたりの走行距離 【パワー】約59km
    【オート】約70km
    【ロング】約100km
    142cm 最低乗車身長 141cm
    16.0Ah バッテリー容量 16.0Ah
    4.5時間 充電時間 5.0時間
    リトルLEDビームランプ2 フロントライト
    (前側)
    リトルLEDビームランプ2
    ソーラーオートテール3 リヤライト
    (後ろ側)
    ソーラーオートテール3
    なし 低床フレーム なし
    くるピタ ハンドルロック くるピタ
    クラス27 リヤキャリヤ
    (後ろ側の荷台)
    クラス27
    かろやかスタンド2 スタンド かろやかスタンド2
    ハードランナー タイヤ ハードランナー
    不可 フロントチャイルドシート
    (前側)
    不可
    オプションにて装着可 リヤチャイルドシート
    (後ろ側)
    オプションにて装着可


    2020ティモⅠと2019ティモⅠとで迷ったら?
    今回の主な変更点はバッテリーの充電時間です。「2020ティモⅠ」のバッテリー充電時間は、「2019ティモⅠ」のバッテリー充電時間に比べ、約30分短縮されました。

    その他、電動アシスト自転車全体に言えることですが、アシストの滑らかさ、アシスト力など、数字では表せない、または公表していない部分で、わずかながらも年々進歩しています。

    そのため、少しでも便利な方、新しい方を選びたいという方は「2020ティモⅠ」を、値引きを期待したいという方は「2019ティモⅠ」を選択されるといいでしょう。

    また、「2019ティモⅠ」の中にとても気に入った色がある場合、バッテリー充電時間が約30分伸びても構わないという方でしたら、「2019ティモⅠ」を選んでもいいでしょう。


    <2019ティモⅠのカラー>



    ティモⅠ

    パナソニック/Panasonic 電動アシスト自転車 ティモ・I


    2020ティモⅠと2020ティモLとの違い

    2020ティモⅠと2020ティモLは、同じパナソニックの通勤通学向け電動アシスト自転車で、デザインも比較的似ているために、「2020ティモⅠと2020ティモLの違いを知りたい」という方が多くいらっしゃいます。そのため、ここでは「2020ティモⅠと2020ティモLの違い」についての説明を行います。

    2020ティモⅠと2020ティモLとの主な違い
    • フレームの形状、本数の違い(※1)
    • フレームを通るワイヤーの経路の違い(※2)
    • 車体重量の違い(※3)
    • 最低乗車身長の違い(※4)
    (※1)2020ティモⅠのフレームは2本で、2020ティモLのフレームは1本です。そのため、2020ティモⅠより2020ティモLの方がまたぎやすくなっています。
    (※2)2020ティモⅠのワイヤーはフレームの外側を通っています。一方、2020ティモLのワイヤーはフレームの内側を通っています。そのため、2020ティモⅠのフレームより2020ティモLのフレームの方が外観がすっきりして見えます。
    (※3)2020ティモⅠの車体重量より2020ティモLの車体重量の方が軽いです。そのため、車体重量の軽い2020ティモLの方が駐輪する際の取り回しは行いやすいです。その一方で、走行中悪路や段差での衝撃の受けにくいのは車体重量が重い2020ティモⅠになります。(ただし、同じ26型で車体重量は2.5㎏ほどの違いですので、これらの差はそれほどは大きくないです。例えばこれが20型と26型の違いでしたら2.5㎏ほどの差でも大きく変わってきます。)
    (※4)電動アシスト自転車にまたがった際に、両足のつま先をつくことができれば、その電動アシスト自転車に乗ることができます。そして、電動アシスト自転車にまたがった際に、両足のつま先をギリギリつくことができる身長が、その電動アシスト自転車の最低乗車身長(2020ティモⅠ:142㎝、2020ティモL:145cm)になります。

    2020ティモⅠと2020ティモLの比較表

    2020ティモⅠ 比較項目 2020ティモL
    画像
    1870mm×580mm 本体サイズ(全長×全幅)mm 1875mm×580mm
    26 タイヤサイズ(インチ) 26
    30.4kg 総車両重量(kg) 27.7kg
    【パワー】約59km
    【オート】約70km
    【ロング】約100km
    1充電あたりの走行距離 【パワー】約59km
    【オート】約70km
    【ロング】約100km
    142cm 最低乗車身長 145cm
    16.0Ah バッテリー容量 16.0Ah
    4.5時間 充電時間 4.5時間
    リトルLEDビームランプ2 フロントライト
    (前側)
    リトルLEDビームランプ2
    ソーラーオートテール3 リヤライト
    (後ろ側)
    ソーラーオートテール3
    なし 低床フレーム あり
    くるピタ ハンドルロック くるピタ
    クラス27 リヤキャリヤ
    (後ろ側の荷台)
    クラス27
    かろやかスタンド2 スタンド かろやかスタンド2
    ハードランナー タイヤ ハードランナー
    不可 フロントチャイルドシート
    (前側)
    不可
    オプションにて装着可 リヤチャイルドシート
    (後ろ側)
    オプションにて装着可
    128,480円 メーカー希望価格
    (税込み)
    128,480円


    デザインで2020ティモⅠと2020ティモLのどちらかを選んでもいい?性能面でで2020ティモⅠと2020ティモLとで迷ったら?
    デザインで2020ティモⅠと2020ティモLのどちらかで迷われた場合、性能的には大きな差はないので、デザインで2020ティモⅠと2020ティモLのどちらを選んでもいいでしょう。ただ、「性能的な面で少しでも自分に合った電動アシスト自転車を選びたい」という方の場合、走行中の段差での衝撃を少しでも和らげたいという方は2020ティモⅠを、電動アシスト自転車の乗り降りのしやすさや電動アシスト自転車に降りてからの取り回しの行いやすさを重視したいという方は2020ティモLを選ばれるといいでしょう。




    ティモⅠ

    パナソニック/Panasonic 電動アシスト自転車 ティモ・I


    ティモL


    2020ティモⅠのまとめ

    • 2020ティモⅠは通学、通勤向けの26型電動アシスト自転車です。
    • 16.0Ahの大容量バッテリーを搭載しているため、長距離通勤、通学も可能です。
    • 1回の充電で一番アシスト力が強いパワーモードでも連続約59kmの距離を走れるので、バッテリーの充電が回数が少なくて済みます。また、バッテリーの充電回数が少なくて済むので、バッテリーが劣化しにくくなります。
    • 自転車の後ろ側に赤く点滅するリヤライト(ソーラーオートテール3)が付いているので夜間の走行も安心です。
    • オプションにてリヤ(後ろ側の)チャイルドシートの装着が可能です。
    • 2019年モデルのティモⅠに比べバッテリーの充電時間が約30分短縮されました。
    • 性能面において2020ティモⅠと同じ通学、通勤向けの2020ティモLとで迷った場合、走行中の段差での衝撃を少しでも和らげたいという方は2020ティモⅠを、電動アシスト自転車の乗り降りのしやすさや電動アシスト自転車に降りてからの取り回しの行いやすさを重視したいという方は2020ティモLを選ばれるといいでしょう。



    2020年モデル ティモⅠ



    2020年モデル ティモⅠ



    2020年モデル ティモⅠ



    2020年モデル ティモⅠ



    2020年モデル ティモⅠ



    2020年モデル ティモⅠ



    2020年モデル ティモⅠ



    2020年モデル ティモⅠ



    ティモⅠ

    パナソニック/Panasonic 電動アシスト自転車 ティモ・I