• あなたに合った電動アシスト自転車探しのお手伝い

    このページはヤマハ「2020PAS With(パス ウィズ)」について説明するページです。

    2020PAS Withの概要

    2020PAS With

    本体サイズ(全長×全幅)mm (26型※1)1880mm×560mm
    (24型※2)1785mm×560mm
    タイヤサイズ (26型)26インチ
    (24型)24インチ
    総車両重量(kg) (26型)26.6kg
    (24型)25.9kg
    変速 内装(※3)3段変速
    バッテリー容量 12.3Ah(※4)
    1充電あたりの走行距離
    (※5)(※6)
    【 強 モード】約48km
    【スマパモード】約53km
    【オートモード】約78km
    乗車適応身長 (26型)145cm以上
    (24型)141cm以上
    充電時間 約3.5時間
    ノーブルネイビー
    ピュアシルバー
    カカオ
    ビビッドレッド
    ピュアパールホワイト(26型のみ)
    アクアシアン
    マリーゴールド(26型のみ)

    「2020PAS With(パス ウィズ)」はお買い物、お出かけなどの普段使いに適した電動アシスト自転車です。性能面においては2020PASシリーズの中で最もバランスの取れた電動アシスト自転車です。オプションにてリヤチャイルドシートの取り付けが可能です。

    (※1)26型とは26インチタイヤを装着した電動アシスト自転車のことです。

    (※2)24型とは24インチタイヤを装着した電動アシスト自転車のことです。

    (※3)変速には内装変速と外装変速があり、内装変速のみが停車中にも変速可能です。そして、この機能は停車する機会の多い信号の多くある街中でしばしば役立ちます。

    (※4)Ahの数字が大ききれば大きいほど、たくさんの電気をバッテリーに貯めることができます。そのため、1回の充電でそれだけ長い距離を走ることができます。

    (※5)1回の充電で連続約48~78kmの距離を走れるので、1日の平均走行距離が10kmまでの方だと週1回程度の充電で済みます。これくらいの充電回数だとバッテリーの劣化しにくいです。また、1日の平均走行距離が短い方でもその分バッテリーの充電回数が少なくて便利です。

    (※6)オートモードの正式名称は「オートエコモードプラス」です。スマパモードの正式名称は「スマートパワーモード」です。スペースの関係で略してあります。スペースの関係で略してあります。



    2020PAS Withと2019PAS Withの違い

    2019年11月29日に「2020PAS With」が発売となりましたが、「2019PAS Withと何が違うの?」と疑問に思われている方がいらっしゃると思いますので、ここでは「2020PAS Withと2019PAS Withの主な違い」について説明します。

    2020PAS With(パス ウィズ)と2019PAS With(パス ウィズ)の主な違い
    • アシストモードの違い(※1)

    (※1)2020PAS Withのスマパモード(スマートパワーモード)と2019PAS Withの標準モードは、道路状況によりアシスト力がある程度変化しますが、2020PAS Withのスマパモードの方が幅広くアシスト力が変化します。そのため、道路状況によっては2020PAS Withのスマパモード(スマートパワーモード)の方がアシスト力が強く働く場合があります。(2020PAS Withと2019PAS Withの強モード、オートエコモードのアシスト力の強さは、ほぼ同じです。)

    2020PAS Withと2019PAS Withの比較表

    2020PAS With 比較項目 2019PAS With
    画像
    (26型)1880mm×560mm
    (24型)1875mm×560mm
    本体サイズ(全長×全幅)mm (26型)1880mm×560mm
    (24型)1875mm×560mm
    (26型)26インチ
    (24型)24インチ
    タイヤサイズ (26型)26インチ
    (24型)24インチ
    (26型)26.6kg
    (24型)25.9kg
    総車両重量(kg) (26型)26.2kg
    (24型)25.5kg
    【 強 モード】約48km
    【スマパモード】約53km
    【オートモード】約78km
    1充電あたりの走行距離<注> 【 強 モード】約48km
    【標 準モード】約56km
    【オートモード】約78km
    内装3段変速 変速 内装3段変速
    (26型)145cm以上
    (24型)141cm以上
    最低乗車身長 (26型)145cm以上
    (24型)141cm以上
    12.3Ah バッテリー容量 12.3Ah
    約3.5時間 充電時間 約3.5時間
    砲弾型バッテリーランプ
    (サイドカットあり)
    フロントライト
    (前側)
    砲弾型バッテリーランプ
    (サイドカットあり)
    LED1灯ソーラーテールランプ リヤライト
    (後ろ側)
    LED1灯ソーラーテールランプ
    スタンド連動式ハンドルストッパー ハンドルロック スタンド連動式ハンドルストッパー
    クラス27 リヤキャリヤ
    (後ろ側の荷台)
    クラス27
    かるっこスタンド スタンド かるっこスタンド
    装着不可 フロントチャイルドシート
    (前側)
    装着不可
    オプションにて装着可 リヤチャイルドシート
    (後ろ側)
    オプションにて装着可
    <注:スマパモードの正式名称は「スマートパワーモード」です。オートモードの正式名称は「オートエコモードプラスモード」です。スペースの関係で略してあります。>


    2020PAS Withのスパマモード(スマートパワーモード)の方が2019PAS Withの標準モードよりアシストが強く働く場合があるので、2019PAS Withの標準モードより 2020PAS Withのスパマモード(スマートパワーモード)の方がバッテリー電池を消費しやすくなる分走行距離は短くなります。



    2020PAS Withと2020PAS With DXの違い

    2020PAS With(パス ウィズ)を選択肢の1つに挙げられている方は、同じグレードの2020PAS With DX(パス ウィズ デラックス)も気になるという方がよくいらっしゃいますので、ここでは、「2020PAS With(パス ウィズ)と2020PAS With DX(パス ウィズ デラックス)の違い」について説明させていただきます。

    2020PAS With(パス ウィズ)と2020PAS With DX(パス ウィズ デラックス)の主な違い
    • デザインの違い(※1)
    • デザインの違いによる車体重量の違い(※2)
    • 価格の違い(※3)
    (※1)2020PAS With(パス ウィズ)と2020PAS With DX(パス ウィズ デラックス)は性能的にはほぼ同じですが、デザインが違います。2020PAS With DX(パス ウィズ デラックス)はオシャレにもこだわった車体になっています。(サドルとハンドルが同じレザーで統一されているなどクラシカルテイストな車体になっています。)
    (※2)2020PAS With DX(パス ウィズ デラックス)はオシャレにもこだわった車体になっているため(使用されるパーツが違うため)、2020PAS With(パス ウィズ)より車体が少し重くなります。
    (※3)2020PAS With DX(パス ウィズ デラックス)はオシャレにもこだわった車体になっているため、2020PAS With(パス ウィズ)より価格が高くなります。

    2020PAS Withと2020PAS With DXの比較表

    2020PAS With 比較項目 2020PAS With DX
    画像
    (26型)1880mm×560mm
    (24型)1875mm×560mm
    本体サイズ(全長×全幅)mm (26型)1880mm×560mm
    (24型)1875mm×560mm
    (26型)26インチ
    (24型)24インチ
    タイヤサイズ (26型)26インチ
    (24型)24インチ
    (26型)26.6kg
    (24型)25.9kg
    総車両重量(kg) (26型)27.7kg
    (24型)27.1kg
    【 強 モード】約48km
    【スマパモード】約53km
    【オートモード】約78km
    1充電あたりの走行距離<注> 【 強 モード】約48km
    【スマパモード】約53km
    【オートモード】約78km
    内装3段変速 変速 内装3段変速
    (26型)145cm以上
    (24型)141cm以上
    最低乗車身長 (26型)145cm以上
    (24型)141cm以上
    12.3Ah バッテリー容量 12.3Ah
    約3.5時間 充電時間 約3.5時間
    砲弾型バッテリーランプ
    (サイドカットあり)
    フロントライト
    (前側)
    砲弾型バッテリーランプ
    (サイドカットあり)
    LED1灯ソーラーテールランプ リヤライト
    (後ろ側)
    LED1灯ソーラーテールランプ
    スタンド連動式ハンドルストッパー ハンドルロック スタンド連動式ハンドルストッパー
    クラス27 リヤキャリヤ
    (後ろ側の荷台)
    クラス27
    かるっこスタンド スタンド かるっこスタンド
    装着不可 フロントチャイルドシート
    (前側)
    装着不可
    オプションにて装着可 リヤチャイルドシート
    (後ろ側)
    オプションにて装着可
    122,100円 価格(税込) 127,600円
    <注:スマパモードの正式名称は「スマートパワーモード」です。オートモードの正式名称は「オートエコモードプラスモード」です。スペースの関係で略してあります。>



    2020PAS Withと2020PAS With DXで迷われた場合
    2020PAS Withと2020PAS With DXは性能面での違いはありませんので、これら2台で迷われた場合、デザインで選ばれても問題ないでしょう。



    PAS With

    ヤマハ PAS With (パス ウィズ)



    PAS With DX



    2020年モデルのPAS(パス)シリーズの中で2020PAS With(パス ウィズ)と性能面で違う車種は?

    2020年モデルのパスシリーズは全部で4台で、このページで紹介している「2020PAS With(パス ウィズ)」と前出の「2020PAS With DX(パス ウィズ デラックス)」は、デザインや価格は違いますが、性能面では同じです。その他の2020年モデルのPAS(パス)シリーズについては性能の面でも違いますので、ここでは「2020PAS With(パス ウィズ)と2020PAS With SP(パス ウィズ スーパー)との違い」「2020PAS With(パス ウィズ)と2020PAS Cheer(パス チア)の違い」について説明させていただきます。

    2020PAS With(パス ウィズ)と2020PAS With SP(パス ウィズ スーパー)との比較

    2020PAS With(パス ウィズ)と2020PAS With SP(パス ウィズ スーパー)の主な違い
    • 車体重量の違い(※1)
    • バッテリー容量(Ah)の違いによる走行距離の違い(※2)
    • アシスト力の違い(※3)
    • 価格の違い(※4)

    (※1)2020PAS Withの車体重量は2020PAS With SPの車体重量より軽いので、自転車に降りてからの取り回しがラクに行えます。
    (※2)2020PAS Withのバッテリー容量は12.3Ahで、2020PAS With SPのバッテリー容量は15.4Ahです。Ahの数字が大きければ大きいほど、バッテリーにたくさんの電気を貯めることができるので、1回の充電における走行距離は2020PAS Withより2020PAS With SPの方が長くなります。<2020PAS With:48km~78km、2020PAS With SP:59km~100km>
    (※3)アシスト力はどのメーカーも詳しく公表していません。しかし、ヤマハは大まかではありますがアシスト力を6段階で表示しています。そして、2020PAS Withのアシスト力は6段階中4で、2020PAS With SPのアシスト力は6段階中6です。そのため、2020PAS With SPの方が2020PAS Withよりアシスト力が強いです。ただ、これは2020PAS With SPのアシスト力が2020PAS Withのアシスト力の1.5倍という意味ではありません。実際には2020PAS With SPのアシスト力の方が少し強く感じる程度です。(法律でアシスト力の上限が決められているため、アシスト力が他の電動アシスト自転車の1.5倍とうことはありえません。)
    (※4)2020PAS Withより2020PAS With SPの方がバッテリー容量が大きいので、2020PAS Withより2020PAS With SPの方が価格は高くなります。

    2020PAS Withと2020PAS With SPの比較表

    2020PAS With 比較項目 2020PAS With SP
    画像
    (26型)1880mm×560mm
    (24型)1875mm×560mm
    本体サイズ(全長×全幅)mm (26型)1880mm×560mm
    (24型)1875mm×560mm
    (26型)26インチ
    (24型)24インチ
    タイヤサイズ (26型)26インチ
    (24型)24インチ
    (26型)26.6kg
    (24型)25.9kg
    総車両重量(kg) (26型)27.9kg
    (24型)27.5kg
    【 強 モード】約48km
    【スマパモード】約53km
    【オートモード】約78km
    1充電あたりの走行距離<注> 【 強 モード】約59km
    【スマパモード】約66km
    【オートモード】約100km
    内装3段変速 変速 内装3段変速
    (26型)145cm以上
    (24型)141cm以上
    最低乗車身長 (26型)145cm以上
    (24型)141cm以上
    12.3Ah バッテリー容量 15.4Ah
    約3.5時間 充電時間 約4.0時間
    砲弾型バッテリーランプ
    (サイドカットあり)
    フロントライト
    (前側)
    砲弾型バッテリーランプ
    (サイドカットあり)
    LED1灯ソーラーテールランプ リヤライト
    (後ろ側)
    LED1灯ソーラーテールランプ
    スタンド連動式ハンドルストッパー ハンドルロック スタンド連動式ハンドルストッパー
    クラス27 リヤキャリヤ
    (後ろ側の荷台)
    クラス27
    かるっこスタンド スタンド かるっこスタンド
    装着不可 フロントチャイルドシート
    (前側)
    装着不可
    オプションにて装着可 リヤチャイルドシート
    (後ろ側)
    オプションにて装着可
    122,100円 価格(税込) 155,100円
    <注:スマパモードの正式名称は「スマートパワーモード」です。オートモードの正式名称は「オートエコモードプラスモード」です。スペースの関係で略してあります。>



    2020PAS Withと2020PAS With SPとで迷ったら?
    週1回くらいの充電であればバッテリーの劣化を早めることはありません。そのため、1日の平均走行距離が10kmまでの方なら2020PAS Withと2020PAS With SPをどちらを選ばれても問題ないですが、1日の平均走行距離が10kmを超える方でしたら2020PAS With SPを選ばれた方が長期的に見れば経済的です。(バッテリーを買い換えるとなると約3~4万円ほどします。)


    PAS With

    ヤマハ PAS With (パス ウィズ)



    PAS With SP
    ※2019年12月1日現在:2020PAS With SPは2020年1月29日に発売されます。2019PAS With SPは発売中です。

    ヤマハ PAS With SP(パス ウィズ スーパー)


    2020PAS Cheer(パス チア)と2020PAS With(パス ウィズ)との比較

    2020PAS With(パス ウィズ)と2020PAS Cheer(パス チア)の主な違い
    • 車体重量の違い(※1)
    • バッテリー容量(Ah)の違いによる走行距離の違い(※2)
    • リヤライトの有無(※3)
    • スタンドの違い(※4)
    • ハンドルロックの種類の違い(※5)
    • アシストモードの違い(※6)
    • 価格の違い(※7)

    (※1)2020PAS Cheerの車体重量は2020PAS Withの車体重量より軽いので、自転車に降りてからの取り回しがラクに行えます。
    (※2)2020PAS Withのバッテリー容量は12.3Ahで、2020PAS Cheerのバッテリー容量は9.3Ahです。Ahの数字が大きければ大きいほど、バッテリーにたくさんの電気を貯めることができるので、1回の充電における走行距離は2020PAS Withの方が2020PAS Cheerより長くなります。<2020PAS With:48km~78km、2020PAS Cheer:32km~54km>
    (※3)法律では反射板があれば、リヤライト(後ろのライト)を取り付ける必要はありません。しかし、リヤライトがあれば、遠くにいる車のドライバーに早い段階から気づいてもらいやすくなるので、夜間走行する場合のリスクが軽減されます。2020PAS Withのみリヤライトが取り付けてあります。
    (※4)2020PAS Withは両立スタンドですが、てこの原理でラクにスタンドが立てられる「かるっこスタンド」です。 2020PAS Cheerのスタンドは一般的な両立スタンドです。
    (※5)ハンドルロックによりハンドルがロックされれば、駐輪中自転車が倒れにくくなるだけでなく、荷物を降ろしやすくなります。そして、2020PAS With、2020PAS Cheer共に、パーキングストッパーが付属していますが、ハンドルロックの種類やロック方法が異なります。2020PAS With(スタンド連動式ハンドルストッパー)はスタンドを立てた際に、自動的にハンドルがロックするようになっているのに対し、 2020PAS Cheerのハンドルロック(パーキングストッパー)は直接ハンドル部分を手でロックします。
    (※6)2020PAS Withのスマパモード(スマートパワーモード)と2020PAS Cheerの標準モードは、道路状況によりアシスト力がある程度変化しますが、2020PAS Withのスマパモードの方が幅広くアシスト力が変化します。(2020PAS Withと2020PAS Cheerの強モードとオートエコモードのアシスト力の強さは、ほぼ同じです。)
    (※7)2020PAS Withの方が2020PAS Cheerよりバッテリー容量が大きく、便利な機能が付属していますので、2020PAS Withの方が2020PAS Cheerより価格は高くなります。

    2020PAS Withと2020PAS Cheerの比較表

    2020PAS With 比較項目 2020PAS Cheer
    画像
    (26型)1880mm×560mm
    (24型)1775mm×560mm
    本体サイズ(全長×全幅)mm (26型)1880mm×560mm
    (24型)1800mm×560mm
    (26型)26インチ
    (24型)24インチ
    タイヤサイズ (26型)26インチ
    (24型)24インチ
    (26型)26.6kg
    (24型)25.9kg
    総車両重量(kg) (26型)24.0kg
    (24型)23.5kg 
    【 強 モード】約48km
    【スマパモード】約53km
    【オートモード】約78km
    1充電あたりの走行距離<注> 【 強 モード】約32km
    【標 準モード】約37km
    【オートモード】約54km
    内装3段変速 変速 内装3段変速
    (26型)145cm以上
    (24型)141cm以上
    最低乗車身長 (26型)144cm以上
    (24型)141cm以上
    12.3Ah バッテリー容量 9.3Ah
    約3.5時間 充電時間 約2.5時間
    砲弾型バッテリーランプ
    (サイドカットあり)
    フロントライト
    (前側)
    LEDバッテリーランプ
    LED1灯ソーラーテールランプ リヤライト
    (後ろ側)
    なし
    スタンド連動式ハンドルストッパー ハンドルロック パーキングストッパー
    クラス27 リヤキャリヤ
    (後ろ側の荷台)
    クラス27
    かるっこスタンド
    (両立スタンド)
    スタンド 一般的な両立スタンド
    装着不可 フロントチャイルドシート
    (前側)
    装着不可
    オプションにて装着可 リヤチャイルドシート
    (後ろ側)
    オプションにて装着可
    122,100円
    (相場:約11万5千円)
    価格(税込) オープン価格
    (相場:約9万5千円)
    <注:オートモードの正式名称は「オートエコモードプラスモード」です。スマパモードの正式名称は「スマートパワーモード」です。スペースの関係で略してあります。>


    2020PAS Withと2020PAS Cheerで迷った場合
    2020PAS Cheerは1回の充電で連続約32~59kmの距離を走れるので、1日の平均走行距離が6~7kmまでの方だと週1回くらいの充電で済みます。週1回くらいの充電ペースであれば、バッテリーがすぐに劣化するということはないので、2020PAS Cheerを選択された方がいいでしょう。一方、1日の平均走行距離が10kmくらいの方は2020PAS Cheerよりバッテリー容量が大きい(12.3Ah)2020PAS Withを選択された方が、バッテリーが劣化しにくくなるので、将来的に価格が約3~4万円のバッテリーを変え換える可能性が低くなります。そのため、2020PAS Withを選択された方が長期的に見れば経済的です。

    その他、便利さで選びたいという方も、ラクにスタンドがかけられ、充電回数が少なく済む2020PAS Withを選択された方がいいでしょう。


    PAS With

    ヤマハ PAS With (パス ウィズ)



    PAS Cheer



    2020PAS Withの特長

    2020PAS Withの特長

    かるっこスタンド

    ⇒てこの原理でラクにスタンドをかけることができます。


    スタンド連動式ハンドルストッパー

    ⇒スタンドをかけると同時にハンドルがロック(半ロック)されます。荷物の載せ下ろしがラクに行えます。


    砲弾型バッテリーランプ(サイドカットあり)

    ⇒前方を明るく照らしてくれる漕いでも重くならないライトです。ライト遮光部のサイドカット配光によりサイドからも見られやすいので、夜間の走行も安心です。


    LED1灯ソーラーテールランプ

    ⇒太陽光で充電し、夜になると自動点滅するテールランプなので、遠くにいるドライバーにも早い段階から気付いてもらいやすく安心です。


    ガード付きソフトサドル

    ⇒ガードが付いているのでスタンドがけの時に手を添えやすくなっています。


    ドレスガード

    ⇒後輪の上部に取り付けられたガードをドレスガードといいます。スカートなどの巻き込みを抑止します。女性の方に配慮したやさしい装備です。


    ステンレスリム&スポーク

    ⇒耐久性に優れたステンレスパーツで構成されたホイールなので、長期間快適に運転することができます。


    1キー2ロック

    ⇒1つの鍵で車輪とバッテリーの2箇所を各々ロックできます。カギには盗難抑止力に優れたディンプルキーを採用しました。





    PAS With 2020年モデル 26型



    PAS With 2020年モデル 24型



    PAS With 2020年モデル 26型



    PAS With 2020年モデル 24型



    PAS With 2020年モデル 26型



    PAS With 2020年モデル 26型



    PAS With 2020年モデル 26型



    PAS With 2020年モデル 24型



    PAS With

    ヤマハ PAS With (パス ウィズ)