• あなたに合った電動アシスト自転車探しのお手伝い

    ※このページは2020年2月14日に発売された「2020PAS CITY-V(パス シティ ブイ)」の説明ページです。

    2020PAS CITY-V(パス シティ ブイ)の概要


    画像 2020PAS CITY-V

    本体サイズ(全長×全幅)mm 1765mm×575mm

    タイヤサイズ 24インチ
    総車両重量(kg) 22.4kg
    1充電あたりの走行距離<注> 【 強 モード】約48km
    【標 準モード】約59km
    【オートモード】約78km
    変速機方式 内装5段変速
    適応身長 154cm以上
    バッテリー容量 12.3Ah
    充電時間 約3.5時間

    <注:オートモードの正式名称は「オートエコモードプラスモード」です。スペースの関係で略してあります。>


    2020PAS CITY-V(パス シティ ヴイ)とは?
    2020PAS CITY-V(パス シティ ヴイ)はスタイリッシュなデザインと本格的な走行性能を備えた、24型(※1)レトロスポーティモデルです。性能面ではファッションタイプの電動アシスト自転車の中ではもっとも容量の大きな12.3Ah(※2)のバッテリーを搭載しているため、アシスト力が一番強い「強モード」でも1回の充電で連続約48㎞の長距離走行が可能ですので、常に力強い走行が行えます。また、内装5段変速(※4)により加速が早くスムーズに行えますので、必然的にストップ&ゴーが多くなる街中でもストレスなく走行できます。車体重量は24型の電動アシスト自転車の中では22.4kgと軽い部類に入りますので、電動アシスト自転車に降りてからの取り回しも行いやすくなっています。


    (※1)24インチのタイヤを装着した電動アシスト自転車のことです。
    (※2)Ahの数字が大ききれば大きいほど、たくさんの電気をバッテリーに貯めることができます。そのため、1回の充電で長距離を走ることができます。
    (※3)長距離走行が可能なので、バッテリーの充電が回数が少なくて済みます。また、バッテリーの充電が回数が少なくて済むので、バッテリーが劣化しにくくなります。
    (※4)内装変速は外装変速と違い停車の変速が可能ですのでストップ&ゴーが多い街中で使用すると便利です。


    2020PAS CITY-Vと2019PAS CITY-Vとの違い

    2020PAS CITY-Vと2019PAS CITY-Vの主な違い
    • 適応身長の違い(※1)

    (※1)2019PAS CITY-Vの適応身長は135cm以上でしたが、2020PAS CITY-Vの適応身長は154cm以上に変更されました。これはPAS CITY-Vのユーザーは男性ユーザーがかなり多くを占めるためだと思われます。

    2020PAS CITY-Vと2019PAS CITY-Vの比較表

    2020PAS CITY-V 比較項目 2019PAS CITY-V
    画像
    1765mm×575mm 本体サイズ(全長×全幅)mm 1765mm×575mm
    24型 タイヤサイズ 24型
    22.4kg 総車両重量(kg) 22.1kg
    【 強 モード】約48km
    【標 準モード】約59km
    【オートモード】約78km
    1充電あたりの走行距離
    <注>
    【 強 モード】約48km
    【標 準モード】約59km
    【オートモード】約78km
    154cm 最低乗車身長 135cm
    12.3Ah バッテリー容量 12.3Ah
    3.5時間 充電時間 3.5時間
    <注:オートモードの正式名称は「オートエコモードプラスモード」です。スペースの関係で略してあります。>


    2020PAS CITY-V(パス シティ ブイ)と2020PAS CITY-X(パス シティ エックス)との違い

    2020PAS CITY-V(パス シティ ブイ)が気になる方は2020PAS CITY-X(パス シティ エックス)も気になる方がよくいらっしゃいますので、ここでは2020PAS CITY-V(パス シティ ブイ)と2020PAS CITY-X(パス シティ エックス)の比較を行っていきます。

    2020PAS CITY-Vと2020PAS CITY-Xの主な違い
    • 変速数の違い(※1)
    • タイヤサイズの違い(※2)

    (※1)2020PAS CITY-Vは内装5段変速、2020PAS CITY-Xは内装3段変速です。変速数が多い方が加速をスムーズに早く行うことが出来ます。そのため、ストップ&ゴーの機会が必然的に多くなる信号の多い街中でも、ストレスなく走行できます。また、変速数が多い方が道路状況にあった変速が行いやすいために、変速機をうまく使えばバッテリーを消耗しにくくなります。

    (※2)2020PAS CITY-Vは24インチタイヤを装着しています。2020PAS CITY-Xは20インチタイヤを装着しています。そして、タイヤの大きさの違いで次のことが変わってきます。
    24インチ(24型)と20インチ(20型)との違い

    タイヤサイズが大きい
    (24インチ)
    比較項目 タイヤサイズが小さい
    (20インチ)
    20インチより漕ぎやすい
    漕ぎやすさ

    24インチより漕ぎにくい
    20インチより段差での衝撃を受けにくい
    段差の衝撃

    24インチより段差での衝撃を受けやすい
    20インチより安定性が低い
    停車する際

    24インチより安定性が高い
    20インチより行いにくい
    取り回し

    24インチより行いやすい
    <漕ぎやすさ>
    個々の身長によりますが、一般的にはタイヤサイズが大きい24型の電動アシスト自転車の方が漕ぎやすいです。
    <段差での衝撃>
    24型のようなタイヤのサイズが比較的大きな電動アシスト自転車ほど段差での衝撃を受けにくくなります。また、車体が重い自転車も段差での衝撃を受けにくくなります。
    <停車する際>
    停車する際にふらつきにくく安定感があるのは車体重心の低い20型の電動アシスト自転車です。通常走行ではそれほど安定感に大きな違いはありませんが、車体の前後に荷物を前後にたくさん積んでいる場合、大きいタイヤだと停車する際に少しふらつくことがあります。
    <取り回し>
    電動アシスト自転車に降りてからの取り回しが行いやすいのは車体重心の低い20型の電動アシスト自転車です。

    ※それぞれのタイヤの大きさによって、長所、短所があることを理解した上で、ご自身に合った電動アシスト自転車を選びましょう。

    2020PAS CITY-Vと2020PAS CITY-Xの比較表

    2020PAS CITY-V 比較項目 2020PAS CITY-X
    画像
    1765mm×575mm 本体サイズ(全長×全幅)mm 1585mm×520mm
    24インチ(24型) タイヤサイズ 20インチ(20型)
    22.4kg 総車両重量(kg) 21.1kg
    【 強 モード】約48km
    【標 準モード】約59km
    【オートモード】約78km
    1充電あたりの走行距離
    <注>
    【 強 モード】約54km
    【標 準モード】約69km
    【オートモード】約90km
    154cm 最低乗車身長 153cm
    12.3Ah バッテリー容量 12.3Ah
    3.5時間 充電時間 3.5時間
    <注:オートモードの正式名称は「オートエコモードプラスモード」です。スペースの関係で略してあります。>


    2020PAS CITY-V(パス シティ ブイ)と2019PAS VIENTA5(パス ヴィエンタ ファイブ)との違い

    前出の2020PAS CITY-X(パス シティ エックス)同様に2020PAS CITY-V(パス シティ ブイ)が気になる方は2019PAS VIENTA5(パス ヴィエンタ ファイブ)も気になる方がよくいらっしゃいますので、ここでは2020PAS CITY-V(パス シティ ブイ)と2019PAS VIENTA5(パス ヴィエンタ ファイブ)の比較を行っていきます。

    2020PAS CITY-Vと2019PAS VIENTA5の主な違い
    • タイヤサイズの違い(※1)
    • 適応身長の違い(※2)

    (※1)2020PAS CITY-Vは24インチタイヤを装着しています。2020PAS CITY-Xは20インチタイヤを装着しています。そして、タイヤの大きさの違いで漕ぎやすさ、停車する際の安定感、段差での衝撃の受けにくさ、電動アシスト自転車に降りてからの取り回しの行いやすさが違ってきますが、2020PAS CITY-Vのタイヤサイズと2020PAS CITY-Xのタイヤサイズは2インチ違いですので、それらの差はそれほど大きなものではありません。
    (※2)2020PAS CITY-Vの適応身長は154cmで、2019PAS VIENTA5の適応身長は149cmです。2019PAS VIENTA5は女性ユーザーが多いため適応身長がやや低めに設定してあります。

    2020PAS CITY-Vと2019PAS VIENTA5の比較表

    2020PAS CITY-V 比較項目 2020PAS VIENTA5
    画像
    1765mm×575mm 本体サイズ(全長×全幅)mm 1760×590mm
    24インチ タイヤサイズ 26インチ
    22.4kg 総車両重量(kg) 20.6kg
    【 強 】約48km
    【標 準】約59km
    【オート】約78km
    1充電あたりの走行距離
    <注>
    【 強 】約45km
    【標 準】約54km
    【オート】約74km
    内装5段 変速 内装5段
    154cm以上 最低乗車身長 149cm以上
    12.3Ah バッテリー容量 12.3Ah
    3.5時間 充電時間 3.5時間
    <注:オートモードの正式名称は「オートエコモードプラスモード」です。スペースの関係で略してあります。>



    2020PAS CITY-Vの特長

    ラピッドファイヤーシフト

    ⇒素早い変速操作ができる5速ラピッドファイヤーシフト(ピアノ式)を採用しました。ショートストロークでスムーズな操作が行えるため、軽快に走行できます。


    内装5段変速×S.P.E.C.5

    ⇒最適なチカラでアシストするヤマハのアシスト制御機構「S.P.E.C.5」を搭載しています。内装5段変速と最適なアシスト制御によりスムーズな加速が行えます。内装変速は停車中でも変速できるので、停車する機会の多い街中で使用すると便利です。


    ハンドルバー

    ⇒スポーティなフラットバーを採用しました。加速しやすい前傾姿勢で運転できます。


    砲弾型バッテリーランプ

    ⇒前方を明るく照らしてくれる漕いでも重くならないライトです。夜間の走行も安心です。


    液晶5ファンクションメーター

    ⇒大きな画面で使いやすい液晶5ファンクションメーターを搭載しています。



    レトロ調サドルと革巻き風グリップ

    ⇒レトロ調サドルと革巻き風グリップで、ネオレトロなデザインコーディネートしました。


    ディンプルキー

    ⇒ピッキングされにくく、盗難抑止効果が高いカギを採用しました。



    2020PAS CITY-Vのまとめ

    • 2020PAS CITY-Vはファッションタイプの電動アシスト自転車に分類されますが、性能面でも充実しています。
    • 1回の充電における走行距離は、一番アシスト力の強いパワーモードでも連続48㎞以上も走ることが出来るので、常に力強い走行が可能です。
    • 変速は内装5段変速ですので一般的な内装3段変速より早くてスムーズな加速が可能です。そのため、必然的にストップ&ゴーの多くなる信号の多い街中でもストレスを感じることなく走行できます、
    • 24型の中では車体重量が22.4kgとかなり軽い部類に入るために自転車に降りてからの取り回しが比較的ラクに行えます。



    2020年モデル



    2020年モデル



    2020年モデル



    2020年モデル



    2020年モデル



    2020年モデル