• あなたに合った電動アシスト自転車探しのお手伝い

    【2020年モデル 】PAS With(パス ウィズ)シリーズの選び方とまとめ
    ヤマハ電動アシスト自転車PAS Withシリーズの車種は豊富で、車種によって特長もそれぞれです。そして、車種が豊富で特長も車種によってそれぞれなので、PAS Withシリーズの中から電動アシスト自転車を選ぼうと思われている方にはうれしい反面、どのPAS Withにするのかの選択に悩んでしまいます。そこで、このページでは、あなたに一番適したPAS Withを選択しやすいように、前半は電動アシスト自転車PAS Withのそれぞれの主な特長の説明とビビの選び方ついて、後半はPAS Withの特長やスペックを詳しくまとめたページを作成しました。よろしければ、PAS Withシリーズの電動アシスト自転車選びの参考にしてください。


    2020年モデルの電動アシスト自転車「PAS Withシリーズ」の特長と選び方

    <2020年モデルのPAS Withシリーズの種類>
    2020年モデルのPAS WithシリーズはPAS With SP、PAS With DX、PAS With、PAS cheerです。


    <デザイン>
    どの車種もデザイン的には似ていますが、PAS With DXはハンドルやサドルを同じ素材にするなど、他のPAS Withシリーズよりも凝ったデザインになっています。


    <主な特長>
    様々な方がPAS Withシリーズを使用されることを想定して、様々なタイプのPAS Withをご用意しています。

    ヤマハ電動アシスト自転車「2020PAS Withシリーズ」比較表

    画像 名称 主な特長
    2020PAS With SP
    • 15.4Ahのバッテリー
    • 走行距離(59km/70km/100km)
    • アシスト力が6段階中6の強さ(6が最も強い)
    2020PAS Cheer
    • 9.3Ahのバッテリー
    • 走行距離(32km/37km/54km)
    • 2020PAS Withシリーズの中で車体が最も軽い
    2020PAS With
    • 12.3Ahのバッテリー
    • 走行距離(48km/53km/87km)
    • バランスの取れた車種(走行距離も車体の軽さ
      も2020PAS Withシリーズの中で2番目)
    2020PAS With
    • 12.3Ahのバッテリー
    • 走行距離(48km/53km/87km)
    • 2020PAS Withシリーズの中で最もオシャレに
      こだわった車種。性能は2020PAS Withほぼ同じ。


    選び方

    <アシスト力の強い電動アシスト自転車に乗りたい方>
    アシスト力の強い電動アシスト自転車に乗りたい方は「2020PAS With SP」をお勧めします。「2020PAS With」「2020PAS With DX」「2020PAS Cheer」のアシスト力は6段階中4ですが、「2020PAS With SP」のアシスト力は6段階中6(最も強いのが6)だからです。ただし、アシスト力は法律で上限が決められているため、アシスト力の6はアシスト力の4の1.5倍ということではありません。この表示はヤマハが独自に設けたアシスト力の数値なので、アシスト力の6の電動アシスト自転車とアシスト力が4の電動アシスト自転車を乗り比べると、アシスト力の6の電動アシスト自転車の方がアシスト力が4の電動アシスト自転車よりアシスト力が少し強く感じる程度です。


    <お買い物、お出かけ、通勤、通学などで1日10km前後の中長距離を走る方、充電の回数をできるけ減らしたい方>
    お買い物、お出かけ、通勤、通学などで1日10km前後の中長距離を走る方は、バッテリー容量が15.4Ahの「2020PAS With SP」、バッテリー容量が12.3Ahの「2020PAS With」「2020PAS With DX」をお勧めします。バッテリー容量が小さな電動アシスト自転車だと1日10km前後の中長距離を走る場合、数日に1回充電することになり、数年以内にバッテリーがかなり劣化してしまいますので、結局はバッテリーを変えなくてはいけません。そのため、最初から容量の大きなバッテリーが搭載されてある「2020PAS With SP」か比較的バッテリー容量の大きい「2020PAS With」「2020PAS With DX」をお勧めします。また、容量の大きなバッテリーは容量の小さなバッテリーより長い距離を走れますので、充電回数が少なくて済みます。そのため、充電の回数はできるけ減らしたい方にも「2020PAS With SP」「2020PAS With」「2020PAS With DX」はお勧めです。


    <毎日使うけれど1日の平均走行距離は5km以内、または、10km前後の中長距離を走るけれどそのような距離を走るのは週1~2回という方>
    毎日電動アシスト自転車を使うけれど走るのは5km以内、または、中長距離(約10㎞)を走るけれどそのような距離を走るのは週1~2回という方は「2020PAS Cheer」をお勧めします。そのような方の場合、バッテリーの充電は1~2週に1回程度で済みますので、バッテリーの劣化を早めないからです。ただ、例えば、数年後に転勤なので住む場所によっては今後走行距離が増えるかもしれない方、できるだけバッテリーの充電はしたくない方などは、バッテリー容量の大きい「2020PAS With SP」若しくは比較的バッテリー容量の大きい「2020PAS With」「2020PAS With DX」をお勧めします。


    <体力にあまり自信がないので駐輪場の出し入れや段差の乗り上げをラクに行いたい方>
    体力にあまり自信がないので駐輪場の出し入れや段差の乗り上げをラクに行いたい方はPAS Withシリーズの中で最も車体が軽い「2020PAS Cheer」をお勧めします。



    ヤマハ「2020PAS With(パス ウィズ)シリーズ」のまとめ

    2020PAS With SP

    画像 名称 重量 バッテリー
    (容量)
    走行距離



















    定価
    (税込み)
    2020PAS With SP 27.9kg
    (26型)
    27.5kg
    (24型)
    15.4Ah 【強 モード】
    約59㎞
    【スマパモード】
    約66㎞
    【オートモード】
    約100㎞
    3 × 155,100円
    (税込み)
    【2020PAS With SPの特長】
    2020PAS With SPは2020PAS Withシリーズの中で最も容量の大きなバッテリーを搭載しています。そのため、1回の充電で最も長い距離を走ることができます。アシスト力も2020PAS Withシリーズの中で最も強いので、坂道の多い地域にお住いの方におすすめです。また、長い距離を走ることを想定して2020PAS Withシリーズの中で唯一強化リヤハブが取り付けてあります。(電動アシスト自転車は一部の車種を除いて電動モーターによるアシスト力も漕ぐ力も後輪に伝わるようになっているので、後輪に負担がかかりやすくなります。そのため、強化リヤハブつけることで後輪への負担を軽減できるので、一般的なリヤハブを取り付けている電動アシスト自転車より車体が長持ちします。)

    <△→オプションにて取り付け可、×→取り付け不可>



    PAS With SP



    PAS With SP 2020年モデル 26型



    PAS With SP 2020年モデル 24型



    PAS With SP 2020年モデル 26型



    PAS With SP 2020年モデル 26型



    PAS With SP 2020年モデル 24型



    2020PAS Cheer

    画像 名称 重量 バッテリー
    (容量)
    走行距離



















    定価
    (税込み)
    2020PAS Cheer 24.0kg
    (26型)
    23.5kg
    (24型)
    9.3Ah 【強 モード】
    約32㎞
    【標 準モード】
    約37㎞
    【オートモード】
    約54㎞
    3 × オープン価格
    (相場:10万円前後)
    【2020PAS Cheerの特長】
    2020PAS Cheerは1回の充電における走行距離はやや短めですが、2020PAS Withシリーズの中で最も車体が軽いです。駐輪や段差の乗り上げなど電動アシスト自転車に降りてからの取り回しをラクに行い方におすすめです。

    <△→オプションにて取り付け可、×→取り付け不可>



    PAS Cheer



    PAS Cheer 2020年モデル 26型



    PAS Cheer 2020年モデル 26型



    PAS Cheer 2020年モデル 26型



    PAS Cheer 2020年モデル 24型



    PAS Cheer 2020年モデル 24型



    PAS Cheer 2020年モデル 26型



    PAS Cheer 2020年モデル 26型



    PAS Cheer 2020年モデル 26型



    PAS Cheer 2020年モデル 24型



    PAS Cheer 2020年モデル 26型



    PAS Cheer 2020年モデル 24型



    PAS Cheer 2020年モデル 26型



    PAS Cheer 2020年モデル 26型



    PAS Cheer 2020年モデル 24型



    2020PAS With

    画像 名称 重量 バッテリー
    (容量)
    走行距離



















    定価
    (税込み)
    2020PAS With 26.6kg
    (26型)
    25.9kg
    (24型)
    12.3Ah 【強 モード】
    約48㎞
    【スマパモード】
    約53㎞
    【オートモード】
    約78㎞
    3 × 122,100円
    (税込み)
    【2020PAS Withの特長】
    2020PAS Withは2020PAS Withシリーズの中で走行距離も車体の軽さも2番目といったバランスの取れた電動アシスト自転車です。お求めやすさも2番目です。バッテリーの充電回数をできるだけ減らしたい方、電動アシスト自転車に降りてからの取り回しをできるだけラクに行いたい方におすすめです。

    <△→オプションにて取り付け可、×→取り付け不可>



    PAS With

    ヤマハ PAS With (パス ウィズ)



    PAS With 2020年モデル 26型



    PAS With 2020年モデル 24型



    PAS With 2020年モデル 26型



    PAS With 2020年モデル 24型



    PAS With 2020年モデル 26型



    PAS With 2020年モデル 26型



    PAS With 2020年モデル 26型



    PAS With 2020年モデル 24型



    2020PAS With DX

    画像 名称 重量 バッテリー
    (容量)
    走行距離



















    定価
    (税込み)
    2020PAS With DX 27.7kg
    (26型)
    27.1kg
    (24型)
    12.3Ah 【強 モード】
    約48㎞
    【スマパモード】
    約53㎞
    【オートモード】
    約78㎞
    3 × 127,600円
    (税込み)
    【2020PAS With DXの特長】
    2020PAS With DXは2020PAS Withシリーズの中で最もデザインにこだわった電動アシスト自転車です。性能的には前出の2020PAS Withと同じです。そのため、オシャレで性能的にバランスの取れた電動アシスト自転車に乗りたい方にお勧めです。

    <△→オプションにて取り付け可、×→取り付け不可>



    PAS With DX



    PAS With DX 2020年モデル 26型



    PAS With DX 2020年モデル 24型



    PAS With DX 2020年モデル 26型 24型



    PAS With DX 2020年モデル 26型



    PAS With DX 2020年モデル 26型



    PAS With DX 2020年モデル 26型 24型



    PAS With DX 2020年モデル 26型



    PAS With DX 2020年モデル 24型



    PAS With DX 2020年モデル 26型



    PAS With DX 2020年モデル 24型



    PAS With DX 2020年モデル 26型