• あなたに合った電動アシスト自転車探しのお手伝い

    ブリヂストン通勤、通学向け電動アシスト自転車(2020年6月現在生産されているモデル)の選び方とまとめ
    ブリヂストン通勤、通学向け電動アシスト自転車の車種は豊富で、車種によって特長もそれぞれです。そのため、ブリヂストン通勤、通学向け電動アシスト自転車の中からご自身に合った1台を選ぼうと思われている方にはうれしい反面、どのタイプの通勤、通学向け電動アシスト自転車にしたらいいのか選択に悩んでしまいます。そこで、このページでは、あなたに一番適したブリヂストン通勤、通学向け電動アシスト自転車を選択しやすいように、前半はブリヂストン通勤、通学向け電動アシスト自転車のそれぞれの主な特長の説明とブリヂストン通勤、通学向け電動アシスト自転車の選び方ついて、後半はブリヂストン通勤、通学向け電動アシスト自転車の特長やスペックを詳しくまとめたページを作成しました。よろしければ、電動アシスト自転車選びの参考にしてください。


    ブリヂストン通勤、通学向け電動アシスト自転車(2020年6月現在生産されているモデル)の特長と選び方

    <ブリヂストン通勤、通学向け電動アシスト自転車(2020年6月現在生産されているモデル)の種類>
    ブリヂストン通勤、通学向け電動アシスト自転車(2020年6月現在生産されているモデル)は2020アルベルトe、2020カジュナeベーシックライン、2020カジュナeスイートライン、2018リアルストリーム、2018リアルストリームミニ、2020ティービーワンe(TB1e)です。


    <デザイン>
    ブリヂストン通勤、通学向け電動アシスト自転車のデザインはスポーティーなデザイン、カジュアルなデザイン、クラシカルなデザインなど様々です。


    <主な特長>
    ブリヂストン通勤、通学向け電動アシスト自転車(2020年6月現在生産されているモデル)は、様々な方がブリヂストン通勤、通学向け電動アシスト自転車を使用されることを想定して、様々なタイプのものが揃えてあります。


    ブリヂストン通勤、通学向け電動アシスト自転車(2020年6月現在生産されているモデル)一覧

    画像 名称 主な特長
    2020
    アルベルトe・S型
    (27インチ/27型)
    • 14.3Ahのバッテリー
    • 走行距離(48km/75km/100km)
    • 変速数5
    • 通勤、通学中のトラブルを減らすための工夫
      がたくさん施されているハイスペックな27型
      電動アシスト自転車。L型とはフレームの形
      状が違う。
    2020
    アルベルトe・L型
    (27インチ/27型)
    • 14.3Ahのバッテリー
    • 走行距離(48km/75km/100km)
    • 変速数5
    • 通勤、通学中のトラブルを減らすための工夫
      がたくさん施されているハイスペックな27型
      電動アシスト自転車。S型とはフレームの形
      状が違う。
    2020
    アルベルトe・L型
    (26インチ/26型)
    • 14.3Ahのバッテリー
    • 走行距離(54km/90km/130km)
    • 変速数3
    • 通勤、通学中のトラブルを減らすための工夫
      がたくさん施されているハイスペックな26型
      電動アシスト自転車。27型とは変速数と走行
      距離が違う。
    2020
    カジュナ e
    (ベーシックライン)
    • 14.3Ahのバッテリー
    • 走行距離(54km/90km/130km)
    • 変速数3
    • デザインがオシャレなだけでなく長距離通勤、
      通学ができる十分な性能を持ち合わせた26型
      電動アシスト自転車。カジュナ e(スイート
      ライン)とはデザインが違う。
    2020
    カジュナ e
    (スイートライン)
    • 14.3Ahのバッテリー
    • 走行距離(54km/90km/130km)
    • 変速数3
    • デザインがオシャレなだけでなく長距離通勤、
      通学ができる十分な性能を持ち合わせた26型
      電動アシスト自転車。カジュナ e(ベーシッ
      クライン)とはデザインが違う。
    2018
    リアルストリーム
    • 15.4Ahのバッテリー
    • 走行距離(60km/71km/90km)
    • 変速数8
    • 快適に長距離通勤、通学ができるスポーツタイ
      プの26型電動アシスト自転車。前輪が簡単に
      取り外せるため車に積み込みやすい。
    2018
    リアルストリームミニ
    • 12.3Ahのバッテリー
    • 走行距離(51km/65km/83km)
    • 変速数3
    • クラシカルなデザインの20型電動アシスト自
      転車。車体重心が低いので停車する際にふら
      つきにくい、自転車に降りてからの取り回し
      がラク。
    2020
    ティービーワン e
    • 14.3Ahのバッテリー
    • 走行距離(54km/90km/130km)
    • 変速数7
    • 日常使いに便利な装備を詰め込んだ電動クロ
      スバイクなので快適に通勤、通学できる。価
      格もお手頃。


    選び方

    <通勤、通学中のトラブルを極力減らしたい方>
    通勤、通学中のトラブルを極力減らしたい方は、ブリヂストン通勤、通学向け電動アシスト自転車の中で一番通勤、通学中のトラブルを減らすための工夫がたくさん施されているハイスペックなアルベルトe・S型(27インチ/27型)、2020アルベルトe・L型(27インチ/27型)、2020アルベルトe・L型(26インチ/26型)をお勧めします。


    <ゆったりとした姿勢で漕ぎたい方>
    ゆったりとした姿勢で漕ぎたい方は、サドル側に大きくカーブしているハンドルを採用しているため長時間の運転でも疲れにくい2020カジュナ e(ベーシックライン)、2020カジュナ e(スイートライン)をお勧めします。


    <運転しやすさを重視の高身長の方>
    運転しやすさを重視の高身長の方は、27型のアルベルトe・S型(27インチ/27型)、2020アルベルトe・L型(27インチ/27型)、2020ティービーワン eをお勧めします。


    <ゆったりと漕ぎたい方(漕ぐ回数を減らしたい)>
    ゆったりと漕ぎたい方(漕ぐ回数を減らしたい)は、一漕ぎで進む距離が長い5段変速以上のアルベルトe・S型(27インチ/27型)、2020アルベルトe・L型(27インチ/27型)、2018リアルストリームミニ、2020ティービーワン eをお勧めします。


    <停車する際のふらつきにくさ自転車に降りてからの取り回しの行いやすさを重視したい方>
    停車する際のふらつきにくさ自転車に降りてからの取り回しの行いやすさを重視したい方は、車体重心が低いので停車する際にふらつきにくく、自転車に降りてからの取り回しがラクに行える20型の2018リアルストリームミニをお勧めします。



    ブリヂストン通勤、通学向け電動アシスト自転車(2020年6月現在生産されているモデル)のまとめ

    2020アルベルトe・S型(27インチ/27型)

    ※〇→標準装備、△→オプションにて取り付け可、×→取り付け不可

    画像 名称 重量 バッテリー
    (容量)
    走行距離






































































































    2020
    アルベルトe・S型
    (27インチ/27型)
    26.5㎏ 14.3Ah 【 強 】
    約48
    【オート】
    約75㎞
    【エ コ】
    約100㎞
    5 × ×
    【2020アルベルトe・S型(27インチ/27型)の特長】
    2020アルベルトe・S型(27インチ/27型)はブリヂストン独自の機能や基本機能がかなり充実しているので通勤、通学中のトラブルを極力減らしたい方におすすめです。2020アルベルトe・L型(27インチ/27型)の違いはフレームの形状の違いです。性能的にはほぼ同じです。

    両輪駆動<2020アルベルトe・S型(27インチ/27型)あり>

    一般的な電動アシスト自転車は電動モーターによるアシスト力も人が漕ぐ力も後輪に伝わるようになっているので後輪に負担がかかります。一方、ブリヂストンの独自の機能である両輪駆動は電動モーターによるアシスト力は前輪に、人が漕ぐ力は後輪に伝わるようになっているので、力が前輪と後輪に分散されます。そのため、後輪にばかり力が集中する一般的な電動アシスト自転車より力が前輪と後輪に分散される両輪駆動の方が車体が長持ちしやすくなります。

    ただ、大手3社(ブリヂストン、ヤマハ、パナソニック)の電動アシスト自転車であれば、きちんとメンテナンスを行って普通に電動アシスト自転車を使う分には10年くらいは乗ることができるようになっています。

    それでも、1日の平均走行距離が数十キロになるなどのハードな環境下で使用される方には車体がより長持ちしやすい両輪駆動の電動アシスト自転車を選択された方がいいかもしれません。また、少しでも車体を長持ちさせたい、少しでも車体が長持ちする電動アシスト自転車に乗ってより安心したいという方も両輪駆動の電動アシスト自転車を選択された方がいいかもしれません。


    自動充電<2020アルベルトe・S型(27インチ/27型)あり>
    走行中にバッテリーに電気を充電してくれる便利な機能です。自動充電機能と14.3Ahのバッテリーにより連続48km~100kmの走行が可能なので長距離通勤、通学に十分耐えることができます。また、長距離、通勤通学をしない方でもバッテリーの充電回数が減らせ、バッテリーの充電回数が減ることでバッテリーが劣化しにくくなるので便利です。


    モーターブレーキ<2020アルベルトe・S型(27インチ/27型)あり>
    通常のブレーキは直接タイヤにブレーキをかけスピードを落とすので、坂道でスピードが出過ぎてしまって慌てて急ブレーキをかけた場合、タイヤがスリップしてしまう場合があり危険です。

    一方、モーターブレーキは電動モーターの働きを抑制することでスピードを落とします。使い方は左のブレーキを軽く握るだけで電動モーターの力を抑えるために前輪に備え付けられているモーターブレーキが作動するようになっています。そのため、坂道でもスピードが出すぎても慌てることなく安全にスピードを落とすことができます。

    以上のことから通勤、通学においてアップダウンの激しい場所があるという方はモーターブレーキが搭載されている車種を選んだ方がいいかもしれません。また、少しでも安全に関する機能が搭載されてる電動アシスト自転車に乗って、より安心したいという方もモーターブレーキが搭載されている車種を選んだ方がいいかもしれません。


    アルミフレーム+タフフレーム<2020アルベルトe・S型(27インチ/27型)あり>
    軽くて丈夫なフレームです。そのため、自転車に降りてからの取り回しが行いやすいだけでなく、長期間快適な乗り心地で運転できます。


    またぎやすいフレーム<2020アルベルトe・S型(27インチ/27型)なし>
    またぎやすいフレームがあれば自転車の乗り降りがラクに行えます。ただ、2020アルベルトe・S型(27インチ/27型)は通常のフレームです。上の表で2020アルベルトe・S型(27インチ/27型)にない唯一のものが、このまたぎやすいフレームです。


    カーボンベルトドライブ<2020アルベルトe・S型(27インチ/27型)あり>
    カーボンベルトドライブはチェーンのように外れないので通勤、通学途中にチェーンが外れるトラブルが発生しません。しかも、注油がいらないのでチェーンようにメンテナンスにの手間がかかりません。

    通勤通学中のトラブルを極力減らしたい、普段忙しくてメンテナンスに時間をかけるのを極力減らしたいという方におすすめです。


    パンクに強いタイヤ<2020アルベルトe・S型(27インチ/27型)あり>

    遺物の突き刺しタイヤなので通勤通学中のトラブルを極力減らしたい方におすすめです<2020アルベルトe・S型(27インチ/27型)に取り付けられている通学用タイヤの最上位モデルのロングレッドXTです。>。


    頑丈ホイール<2020アルベルトe・S型(27インチ/27型)あり>
    ステンレスリムと標準より太いスポークを採用しているホイールです。そのため、ホールがゆがみにくく長期間、長距離を走行しても快適に運転できます。長距離通勤通学をされる方や長距離通勤や通学をされない方でもできるだけ長期間の間快適に運転したいという方におすすめのホイールです。


    スマートコントロールブレーキ<2020アルベルトe・S型(27インチ/27型)あり>
    雨の日でも高い制動力を発揮してくれるブレーキです。毎日の通勤、通学をされる方にとって安心のブレーキです。


    一発二錠<2020アルベルトe・S型(27インチ/27型)あり>
    後輪サークル錠をロックするとハンドルも同時にロックしてくれる機能です。ハンドルロックにより自転車が倒れにくくなるだけでなく、荷物を降ろす際に便利です。


    空気ミハル君<2020アルベルトe・S型(27インチ/27型)あり>

    空気ミハル君とはタイヤの空気圧の不足を赤いサインで知らせてくれる装置です。空気ミハル君の赤いサインで空気の減りにすぐに気づくことができるので、タイヤの空気が少なくなることで生じるリム打ちパンクを未然に防げます。


    ソーラーテール<2020アルベルトe・S型(27インチ/27型)あり>
    ソーラーテールとは太陽光で充電し夜になると自動点滅するリヤライトです。ソーラーテールがあると夜間でも車のドライバーから早い段階から気づかれやすいので安心です。



    アルベルトe・S型(27インチ/27型)

    アルベルトe S型 27インチ



    2020アルベルトe・L型(27インチ/27型)

    ※〇→標準装備、△→オプションにて取り付け可、×→取り付け不可

    画像 名称 重量 バッテリー
    (容量)
    走行距離






































































































    2020
    アルベルトe・L型
    (27インチ/27型)
    26.5㎏ 14.3Ah 【 強 】
    約48
    【オート】
    約75㎞
    【エ コ】
    約100㎞
    5 × ×
    【2020アルベルトe・L型(27インチ/27型)の特長】
    2020アルベルトe・L型(27インチ/27型)はブリヂストン独自の機能や基本機能がかなり充実しているので通勤、通学中のトラブルを極力減らしたい方におすすめです。2020アルベルトe・S型(27インチ/27型)の違いはフレームの形状の違いです。性能的にはほぼ同じです。

    両輪駆動<2020アルベルトe・L型(27インチ/27型)あり>

    一般的な電動アシスト自転車は電動モーターによるアシスト力も人が漕ぐ力も後輪に伝わるようになっているので後輪に負担がかかります。一方、ブリヂストンの独自の機能である両輪駆動は電動モーターによるアシスト力は前輪に、人が漕ぐ力は後輪に伝わるようになっているので、力が前輪と後輪に分散されます。そのため、後輪にばかり力が集中する一般的な電動アシスト自転車より力が前輪と後輪に分散される両輪駆動の方が車体が長持ちしやすくなります。

    ただ、大手3社(ブリヂストン、ヤマハ、パナソニック)の電動アシスト自転車であれば、きちんとメンテナンスを行って普通に電動アシスト自転車を使う分には10年くらいは乗ることができるようになっています。

    それでも、1日の平均走行距離が数十キロになるなどのハードな環境下で使用される方には車体がより長持ちしやすい両輪駆動の電動アシスト自転車を選択された方がいいかもしれません。また、少しでも車体を長持ちさせたい、少しでも車体が長持ちする電動アシスト自転車に乗ってより安心したいという方も両輪駆動の電動アシスト自転車を選択された方がいいかもしれません。


    自動充電<2020アルベルトe・L型(27インチ/27型)あり>
    走行中にバッテリーに電気を充電してくれる便利な機能です。自動充電機能と14.3Ahのバッテリーにより連続48km~100kmの走行が可能なので長距離通勤、通学に十分耐えることができます。また、長距離、通勤通学をしない方でもバッテリーの充電回数が減らせ、バッテリーの充電回数が減ることでバッテリーが劣化しにくくなるので便利です。


    モーターブレーキ<2020アルベルトe・L型(27インチ/27型)あり>
    通常のブレーキは直接タイヤにブレーキをかけスピードを落とすので、坂道でスピードが出過ぎてしまって慌てて急ブレーキをかけた場合、タイヤがスリップしてしまう場合があり危険です。

    一方、モーターブレーキは電動モーターの働きを抑制することでスピードを落とします。使い方は左のブレーキを軽く握るだけで電動モーターの力を抑えるために前輪に備え付けられているモーターブレーキが作動するようになっています。そのため、坂道でもスピードが出すぎても慌てることなく安全にスピードを落とすことができます。

    以上のことから通勤、通学においてアップダウンの激しい場所があるという方はモーターブレーキが搭載されている車種を選んだ方がいいかもしれません。また、少しでも安全に関する機能が搭載されてる電動アシスト自転車に乗って、より安心したいという方もモーターブレーキが搭載されている車種を選んだ方がいいかもしれません。


    アルミフレーム+タフフレーム<2020アルベルトe・L型(27インチ/27型)あり>
    軽くて丈夫なフレームです。そのため、自転車に降りてからの取り回しが行いやすいだけでなく、長期間快適な乗り心地で運転できます。


    またぎやすいフレーム<2020アルベルトe・L型(27インチ/27型)なし>
    またぎやすいフレームがあれば自転車の乗り降りがラクに行えます。ただ、2020アルベルトe・S型(27インチ/27型)は通常のフレームです。上の表で2020アルベルトe・S型(27インチ/27型)にない唯一のものが、このまたぎやすいフレームです。


    カーボンベルトドライブ<2020アルベルトe・L型(27インチ/27型)あり>
    カーボンベルトドライブはチェーンのように外れないので通勤、通学途中にチェーンが外れるトラブルが発生しません。しかも、注油がいらないのでチェーンようにメンテナンスにの手間がかかりません。

    通勤通学中のトラブルを極力減らしたい、普段忙しくてメンテナンスに時間をかけるのを極力減らしたいという方におすすめです。


    パンクに強いタイヤ<2020アルベルトe・L型(27インチ/27型)あり>

    遺物の突き刺しタイヤなので通勤通学中のトラブルを極力減らしたい方におすすめです<2020アルベルトe・L型(27インチ/27型)に取り付けられている通学用タイヤの最上位モデルのロングレッドXTです。>。


    頑丈ホイール<2020アルベルトe・L型(27インチ/27型)あり>
    ステンレスリムと標準より太いスポークを採用しているホイールです。そのため、ホールがゆがみにくく長期間、長距離を走行しても快適に運転できます。長距離通勤通学をされる方や長距離通勤や通学をされない方でもできるだけ長期間の間快適に運転したいという方におすすめのホイールです。


    スマートコントロールブレーキ<2020アルベルトe・L型(27インチ/27型)あり>
    雨の日でも高い制動力を発揮してくれるブレーキです。毎日の通勤、通学をされる方にとって安心のブレーキです。


    一発二錠<2020アルベルトe・L型(27インチ/27型)あり>
    後輪サークル錠をロックするとハンドルも同時にロックしてくれる機能です。ハンドルロックにより自転車が倒れにくくなるだけでなく、荷物を降ろす際に便利です。


    空気ミハル君<2020アルベルトe・L型(27インチ/27型)あり>

    空気ミハル君とはタイヤの空気圧の不足を赤いサインで知らせてくれる装置です。空気ミハル君の赤いサインで空気の減りにすぐに気づくことができるので、タイヤの空気が少なくなることで生じるリム打ちパンクを未然に防げます。


    ソーラーテール<2020アルベルトe・L型(27インチ/27型)あり>
    ソーラーテールとは太陽光で充電し夜になると自動点滅するリヤライトです。ソーラーテールがあると夜間でも車のドライバーから早い段階から気づかれやすいので安心です。



    アルベルトe・L型(27インチ/27型)

    アルベルトe L型 27インチ



    2020アルベルトe・L型(26インチ/26型)

    ※〇→標準装備、△→オプションにて取り付け可、×→取り付け不可

    画像 名称 重量 バッテリー
    (容量)
    走行距離






































































































    2020
    アルベルトe・L型
    (26インチ/26型)
    25.7㎏ 14.3Ah 【 強 】
    約54
    【オート】
    約90㎞
    【エ コ】
    約130㎞
    3 × ×
    【2020アルベルトe・L型(26インチ/26型)の特長】
    アルベルトe・L型(26インチ/26型)はブリヂストン独自の機能や基本機能がかなり充実しているので通勤、通学中のトラブルを極力減らしたい方におすすめです。2020アルベルトe・L型(27インチ/27型)との主な違いは変速数の違いと1回の充電における走行距離の違いです。<一漕ぎで進む距離はアルベルトe・L型(26インチ/26型)の3速よりアルベルトe・L型(27インチ/27型)の5速の方が長いですが一漕ぎで進む距離が長い分、アルベルトe・L型(26インチ/26型)よりもアルベルトe・L型(27インチ/27型)の方がバッテリーに負担がかかります。そのため、アルベルトe・L型(26インチ/26型)よりもアルベルトe・L型(27インチ/27型)の方が1回の充電における走行距離が短くなります。>

    両輪駆動<2020アルベルトe・L型(26インチ/26型)あり>
    一般的な電動アシスト自転車は電動モーターによるアシスト力も人が漕ぐ力も後輪に伝わるようになっているので後輪に負担がかかります。一方、ブリヂストンの独自の機能である両輪駆動は電動モーターによるアシスト力は前輪に、人が漕ぐ力は後輪に伝わるようになっているので、力が前輪と後輪に分散されます。そのため、後輪にばかり力が集中する一般的な電動アシスト自転車より力が前輪と後輪に分散される両輪駆動の方が車体が長持ちしやすくなります。

    ただ、大手3社(ブリヂストン、ヤマハ、パナソニック)の電動アシスト自転車であれば、きちんとメンテナンスを行って普通に電動アシスト自転車を使う分には10年くらいは乗ることができるようになっています。

    それでも、1日の平均走行距離が数十キロになるなどのハードな環境下で使用される方には車体がより長持ちしやすい両輪駆動の電動アシスト自転車を選択された方がいいかもしれません。また、少しでも車体を長持ちさせたい、少しでも車体が長持ちする電動アシスト自転車に乗ってより安心したいという方も両輪駆動の電動アシスト自転車を選択された方がいいかもしれません。


    自動充電<2020アルベルトe・L型(26インチ/26型)あり>
    走行中にバッテリーに電気を充電してくれる便利な機能です。自動充電機能と14.3Ahのバッテリーにより連続54km~130kmの走行が可能なので長距離通勤、通学に十分耐えることができます。また、長距離、通勤通学をしない方でもバッテリーの充電回数が減らせ、バッテリーの充電回数が減ることでバッテリーが劣化しにくくなるので便利です。


    モーターブレーキ<2020アルベルトe・L型(26インチ/26型)あり>
    通常のブレーキは直接タイヤにブレーキをかけスピードを落とすので、坂道でスピードが出過ぎてしまって慌てて急ブレーキをかけた場合、タイヤがスリップしてしまう場合があり危険です。

    一方、モーターブレーキは電動モーターの働きを抑制することでスピードを落とします。使い方は左のブレーキを軽く握るだけで電動モーターの力を抑えるために前輪に備え付けられているモーターブレーキが作動するようになっています。そのため、坂道でもスピードが出すぎても慌てることなく安全にスピードを落とすことができます。

    以上のことから通勤、通学においてアップダウンの激しい場所があるという方はモーターブレーキが搭載されている車種を選んだ方がいいかもしれません。また、少しでも安全に関する機能が搭載されてる電動アシスト自転車に乗ってより安心したいという方もモーターブレーキが搭載されている車種を選んだ方がいいかもしれません。


    アルミフレーム+タフフレーム<2020アルベルトe・L型(26インチ/26型)あり>
    軽くて丈夫なフレームです。そのため、自転車に降りてからの取り回しが行いやすいだけでなく、長期間快適な乗り心地で運転できます。


    またぎやすいフレーム<2020アルベルトe・L型(26インチ/26型)なし>
    またぎやすいフレームがあれば自転車の乗り降りがラクに行えます。ただ、2020アルベルトe・L型(26インチ/26型)は通常のフレームです。上の表で2020アルベルトe・L型(26インチ/26型)にない唯一のものが、このまたぎやすいフレームです。


    カーボンベルトドライブ<2020アルベルトe・L型(26インチ/26型)あり>
    カーボンベルトドライブはチェーンのように外れないので通勤、通学途中にチェーンが外れるトラブルが発生しません。しかも、注油がいらないのでチェーンようにメンテナンスにの手間がかかりません。

    通勤通学中のトラブルを極力減らしたい、普段忙しくてメンテナンスに時間をかけるのを極力減らしたいという方におすすめです。


    パンクに強いタイヤ<2020アルベルトe・L型(26インチ/26型)あり>

    遺物の突き刺しタイヤなので通勤通学中のトラブルを極力減らしたい方におすすめです<2020アルベルトe・L型(26インチ/26型)に取り付けられている通学用タイヤの最上位モデルのロングレッドXTです。>。


    頑丈ホイール<2020アルベルトe・L型(26インチ/26型)あり>
    ステンレスリムと標準より太いスポークを採用しているホイールです。そのため、ホールがゆがみにくく長期間、長距離を走行しても快適に運転できます。長距離通勤通学をされる方や長距離通勤や通学をされない方でもできるだけ長期間の間快適に運転したいという方におすすめのホイールです。


    スマートコントロールブレーキ<2020アルベルトe・L型(26インチ/26型)あり>
    雨の日でも高い制動力を発揮してくれるブレーキです。毎日の通勤、通学をされる方にとって安心のブレーキです。


    一発二錠<2020アルベルトe・L型(26インチ/26型)あり>
    後輪サークル錠をロックするとハンドルも同時にロックしてくれる機能です。ハンドルロックにより自転車が倒れにくくなるだけでなく、荷物を降ろす際に便利です。


    空気ミハル君<2020アルベルトe・L型(26インチ/26型)あり>

    空気ミハル君とはタイヤの空気圧の不足を赤いサインで知らせてくれる装置です。空気ミハル君の赤いサインで空気の減りにすぐに気づくことができるので、タイヤの空気が少なくなることで生じるリム打ちパンクを未然に防げます。


    ソーラーテール<2020アルベルトe・L型(26インチ/26型)あり>
    ソーラーテールとは太陽光で充電し夜になると自動点滅するリヤライトです。ソーラーテールがあると夜間でも車のドライバーから早い段階から気づかれやすいので安心です。



    アルベルトe・L型(26インチ/26型)

    アルベルトe L型 26インチ



    2020カジュナ e(ベーシックライン)

    ※〇→標準装備、△→オプションにて取り付け可、×→取り付け不可

    画像 名称 重量 バッテリー
    (容量)
    走行距離






































































































    2020
    カジュナ e
    (ベーシックライン)
    28.5㎏ 14.3Ah 【 強 】
    約54
    【オート】
    約90㎞
    【エ コ】
    約130㎞
    3 × × × × ×
    【2020カジュナ e(ベーシックライン)の特長】
    2020カジュナ e(ベーシックライン)はデザインがオシャレなだけでなく長距離通勤、通学ができる十分な性能を持ち合わせた26型電動アシスト自転車です。実用性の高いオシャレな電動アシスト自転車に乗りたい方におすすめです。カジュナ e(スイートライン)とはデザインが違いますが、性能的には同じです。

    両輪駆動<2020カジュナ e(ベーシックライン)あり>
    一般的な電動アシスト自転車は電動モーターによるアシスト力も人が漕ぐ力も後輪に伝わるようになっているので後輪に負担がかかります。一方、ブリヂストンの独自の機能である両輪駆動は電動モーターによるアシスト力は前輪に、人が漕ぐ力は後輪に伝わるようになっているので、力が前輪と後輪に分散されます。そのため、後輪にばかり力が集中する一般的な電動アシスト自転車より力が前輪と後輪に分散される両輪駆動の方が車体が長持ちしやすくなります。

    ただ、大手3社(ブリヂストン、ヤマハ、パナソニック)の電動アシスト自転車であれば、きちんとメンテナンスを行って普通に電動アシスト自転車を使う分には10年くらいは乗ることができるようになっています。

    それでも、1日の平均走行距離が数十キロになるなどのハードな環境下で使用される方には車体がより長持ちしやすい両輪駆動の電動アシスト自転車を選択された方がいいかもしれません。また、少しでも車体を長持ちさせたい、少しでも車体が長持ちする電動アシスト自転車に乗ってより安心したいという方も両輪駆動の電動アシスト自転車を選択された方がいいかもしれません。


    自動充電<2020カジュナ e(ベーシックライン)あり>
    走行中にバッテリーに電気を充電してくれる便利な機能です。自動充電機能と14.3Ahのバッテリーにより連続54km~130kmの走行が可能なので長距離通勤、通学に十分耐えることができます。また、長距離、通勤通学をしない方でもバッテリーの充電回数が減らせ、バッテリーの充電回数が減ることでバッテリーが劣化しにくくなるので便利です。


    モーターブレーキ<2020カジュナ e(ベーシックライン)あり>
    通常のブレーキは直接タイヤにブレーキをかけスピードを落とすので、坂道でスピードが出過ぎてしまって慌てて急ブレーキをかけた場合、タイヤがスリップしてしまう場合があり危険です。

    一方、モーターブレーキは電動モーターの働きを抑制することでスピードを落とします。使い方は左のブレーキを軽く握るだけで電動モーターの力を抑えるために前輪に備え付けられているモーターブレーキが作動するようになっています。そのため、坂道でもスピードが出すぎても慌てることなく安全にスピードを落とすことができます。

    通勤、通学においてアップダウンの激しい場所があるという方はモーターブレーキが搭載されている車種を選んだ方がいいかもしれません。また、少しでも安全に関する機能が搭載されてる電動アシスト自転車に乗ってより安心したいという方も選んだ方がいいかもしれません。


    アルミフレーム+タフフレーム<2020カジュナ e(ベーシックライン)あり>
    軽くて丈夫なフレームです。そのため、自転車に降りてからの取り回しが行いやすいだけでなく、長期間快適な乗り心地で運転できます。


    またぎやすいフレーム<2020カジュナ e(ベーシックライン)なし>
    またぎやすいフレームがあれば自転車の乗り降りがラクに行えます。ただ、2020カジュナ e(ベーシックライン)も他のブリヂストンの通勤、通学用電動アシスト自転車も、またぎやすフレームではなく、一般的な形状のフレームです。


    カーボンベルトドライブ<2020カジュナ e(ベーシックライン)あり>
    カーボンベルトドライブはチェーンのように外れないので通勤、通学途中にチェーンが外れるトラブルが発生しません。しかも、注油がいらないのでチェーンようにメンテナンスの手間がかかりません。

    通勤通学中のトラブルを極力減らしたい、普段忙しくてメンテナンスに時間をかけるのを極力減らしたいという方におすすめです。


    パンクに強いタイヤ<2020カジュナ e(ベーシックライン)なし>
    遺物の突き刺しタイヤなので通勤通学中のトラブルを極力減らしたい方におすすめです。2020アルベルトeシリーズのみに取り付けられているタイヤ(最上位モデルのロングレッドXT)です。2020カジュナ e(ベーシックライン)の場合、ロングレッドXTよりはややグレードが落ちますが、一般的なタイヤに比べるとパンクしにくく、路面抵抗が少ないために軽やかな走行が可能なEマイティロードタイヤが取り付けられています。


    頑丈ホイール<2020カジュナ e(ベーシックライン)なし>
    頑丈ホイールはステンレスリムと標準より太いスポークを採用しているホイールです。そのため、ホールがゆがみにくく長期間、長距離を走行しても快適に運転できます。長距離通勤通学をされる方や長距離通勤や通学をされない方でもできるだけ長期間の間快適に運転したいという方におすすめのホイールです。2020アルベルトeシリーズのみに取り付けられているホイールです。

    2020カジュナ e(ベーシックライン)のホイールについては頑丈ホイールと同じくステンレスリムとステンレススポークが用いられいるため、強度的には強い部類に入ります。ただ、スポークの太さは頑丈ホイールと違い標準的な太さです。2020カジュナ e(ベーシックライン)のホイールはこの点だけが頑丈ホイールとは違います。


    スマートコントロールブレーキ<2020カジュナ e(ベーシックライン)なし>
    アルベルトeシリーズにのみ搭載されている前輪ブレーキです。雨の日でも高い制動力を発揮してくれるブレーキです。毎日の通勤、通学をされる方にとって安心のブレーキです。2020カジュナ e(ベーシックライン)の前輪ブレーキは軽い力で高い制動力を発揮してくれるツーピボットキャリパーブレーキです。

    後輪ブレーキについては2020アルベルトe、2020カジュナ e(ベーシックライン)共に雨の日でも高い制動力を発揮してくれるフィン付きローラーブレーキを採用しています。


    一発二錠<2020カジュナ e(ベーシックライン)あり>
    後輪サークル錠をロックするとハンドルも同時にロックしてくれる機能です。ハンドルロックにより自転車が倒れにくくなるだけでなく、荷物を降ろす際に便利です。


    空気ミハル君<2020カジュナ e(ベーシックライン)あり>

    空気ミハル君とはタイヤの空気圧の不足を赤いサインで知らせてくれる装置です。空気ミハル君の赤いサインで空気の減りにすぐに気づくことができるので、タイヤの空気が少なくなることで生じるリム打ちパンクを未然に防げます。


    ソーラーテール<2020カジュナ e(ベーシックライン)あり>
    ソーラーテールとは太陽光で充電し夜になると自動点滅するリヤライトです。ソーラーテールがあると夜間でも車のドライバーから早い段階から気づかれやすいので安心です。



    カジュナ e(ベーシックライン)

    カジュナe(ベーシックライン)



    2020カジュナ e(スイートライン)

    ※〇→標準装備、△→オプションにて取り付け可、×→取り付け不可

    画像 名称 重量 バッテリー
    (容量)
    走行距離






































































































    2020
    カジュナ e
    (スイートライン)
    28.5㎏ 14.3Ah 【 強 】
    約54
    【オート】
    約90㎞
    【エ コ】
    約130㎞
    3 × × × × ×
    【2020カジュナ e(スイートライン)の特長】
    2020カジュナ e(スイートライン)はデザインがオシャレなだけでなく長距離通勤、通学ができる十分な性能を持ち合わせた26型電動アシスト自転車です。実用性の高いオシャレな電動アシスト自転車に乗りたい方におすすめです。カジュナ e(ベーシックライン)とはデザインが違いますが、性能的には同じです。

    両輪駆動<2020カジュナ e(スイートライン)あり>
    一般的な電動アシスト自転車は電動モーターによるアシスト力も人が漕ぐ力も後輪に伝わるようになっているので後輪に負担がかかります。一方、ブリヂストンの独自の機能である両輪駆動は電動モーターによるアシスト力は前輪に、人が漕ぐ力は後輪に伝わるようになっているので、力が前輪と後輪に分散されます。そのため、後輪にばかり力が集中する一般的な電動アシスト自転車より力が前輪と後輪に分散される両輪駆動の方が車体が長持ちしやすくなります。

    ただ、大手3社(ブリヂストン、ヤマハ、パナソニック)の電動アシスト自転車であれば、きちんとメンテナンスを行って普通に電動アシスト自転車を使う分には10年くらいは乗ることができるようになっています。

    それでも、1日の平均走行距離が数十キロになるなどのハードな環境下で使用される方には車体がより長持ちしやすい両輪駆動の電動アシスト自転車を選択された方がいいかもしれません。また、少しでも車体を長持ちさせたい、少しでも車体が長持ちする電動アシスト自転車に乗ってより安心したいという方も両輪駆動の電動アシスト自転車を選択された方がいいかもしれません。


    自動充電<2020カジュナ e(スイートライン)あり>
    走行中にバッテリーに電気を充電してくれる便利な機能です。自動充電機能と14.3Ahのバッテリーにより連続54km~130kmの走行が可能なので長距離通勤、通学に十分耐えることができます。また、長距離、通勤通学をしない方でもバッテリーの充電回数が減らせ、バッテリーの充電回数が減ることでバッテリーが劣化しにくくなるので便利です。


    モーターブレーキ<2020カジュナ e(スイートライン)あり>
    通常のブレーキは直接タイヤにブレーキをかけスピードを落とすので、坂道でスピードが出過ぎてしまって慌てて急ブレーキをかけた場合、タイヤがスリップしてしまう場合があり危険です。

    一方、モーターブレーキは電動モーターの働きを抑制することでスピードを落とします。使い方は左のブレーキを軽く握るだけで電動モーターの力を抑えるために前輪に備え付けられているモーターブレーキが作動するようになっています。そのため、坂道でもスピードが出すぎても慌てることなく安全にスピードを落とすことができます。

    通勤、通学においてアップダウンの激しい場所があるという方はモーターブレーキが搭載されている車種を選んだ方がいいかもしれません。また、少しでも安全に関する機能が搭載されてる電動アシスト自転車に乗ってより安心したいという方も選んだ方がいいかもしれません。


    アルミフレーム+タフフレーム<2020カジュナ e(スイートライン)あり>
    軽くて丈夫なフレームです。そのため、自転車に降りてからの取り回しが行いやすいだけでなく、長期間快適な乗り心地で運転できます。


    またぎやすいフレーム<2020カジュナ e(スイートライン)なし>
    またぎやすいフレームがあれば自転車の乗り降りがラクに行えます。ただ、2020カジュナ e(スイートライン)も他のブリヂストンの通勤、通学用電動アシスト自転車も、またぎやすフレームではなく、一般的な形状のフレームです。


    カーボンベルトドライブ<2020カジュナ e(スイートライン)あり>
    カーボンベルトドライブはチェーンのように外れないので通勤、通学途中にチェーンが外れるトラブルが発生しません。しかも、注油がいらないのでチェーンようにメンテナンスの手間がかかりません。

    通勤通学中のトラブルを極力減らしたい、普段忙しくてメンテナンスに時間をかけるのを極力減らしたいという方におすすめです。


    パンクに強いタイヤ<2020カジュナ e(スイートライン)なし>
    遺物の突き刺しタイヤなので通勤通学中のトラブルを極力減らしたい方におすすめです。2020アルベルトeシリーズのみに取り付けられているタイヤ(最上位モデルのロングレッドXT)です。2020カジュナ e(スイートライン)の場合、ロングレッドXTよりはややグレードが落ちますが、一般的なタイヤに比べるとパンクしにくく、路面抵抗が少ないために軽やかな走行が可能なEマイティロードタイヤが取り付けられています。


    頑丈ホイール<2020カジュナ e(スイートライン)なし>
    頑丈ホイールはステンレスリムと標準より太いスポークを採用しているホイールです。そのため、ホールがゆがみにくく長期間、長距離を走行しても快適に運転できます。長距離通勤通学をされる方や長距離通勤や通学をされない方でもできるだけ長期間の間快適に運転したいという方におすすめのホイールです。2020アルベルトeシリーズのみに取り付けられているホイールです。

    2020カジュナ e(スイートライン)のホイールについては頑丈ホイールと同じくステンレスリムとステンレススポークが用いられいるため、強度的には強い部類に入ります。ただ、スポークの太さは頑丈ホイールと違い標準的な太さです。2020カジュナ e(スイートライン)のホイールはこの点だけが頑丈ホイールとは違います。


    スマートコントロールブレーキ<2020カジュナ e(スイートライン)なし>
    アルベルトeシリーズにのみ搭載されている前輪ブレーキです。雨の日でも高い制動力を発揮してくれるブレーキです。毎日の通勤、通学をされる方にとって安心のブレーキです。2020カジュナ e(スイートライン)の前輪ブレーキは軽い力で高い制動力を発揮してくれるツーピボットキャリパーブレーキです。

    後輪ブレーキについては2020アルベルトe、2020カジュナ e(スイートライン)共に雨の日でも高い制動力を発揮してくれるフィン付きローラーブレーキを採用しています。


    一発二錠<2020カジュナ e(スイートライン)あり>
    後輪サークル錠をロックするとハンドルも同時にロックしてくれる機能です。ハンドルロックにより自転車が倒れにくくなるだけでなく、荷物を降ろす際に便利です。


    空気ミハル君<2020カジュナ e(スイートライン)あり>

    空気ミハル君とはタイヤの空気圧の不足を赤いサインで知らせてくれる装置です。空気ミハル君の赤いサインで空気の減りにすぐに気づくことができるので、タイヤの空気が少なくなることで生じるリム打ちパンクを未然に防げます。


    ソーラーテール<2020カジュナ e(スイートライン)あり>
    ソーラーテールとは太陽光で充電し夜になると自動点滅するリヤライトです。ソーラーテールがあると夜間でも車のドライバーから早い段階から気づかれやすいので安心です。



    カジュナe(スイートライン)

    カジュナe(スイートライン)



    2018リアルストリーム

    ※〇→標準装備、△→オプションにて取り付け可、×→取り付け不可

    画像 名称 重量 バッテリー
    (容量)
    走行距離






































































































    2018
    リアルストリーム
    22.5㎏ 15.4Ah 【 強 】
    約60km
    【オート】
    約71㎞
    【エ コ】
    約90㎞
    8 × × × × × × × × × × × × × ×
    【2018リアルストリームの特長】
    8段変速のスポーツタイプの26型電動アシスト自転車である2018リアルストリームは変速数が多い分、トップスピードになるまでの時間を短縮できたり、道路状況にあった変速を行いやすいのでバッテリーの節約になります。また、前輪にサスペンションがついているため段差での衝撃を受けにくくなっています。その他、車体が軽いので自転車に降りてからの取り回しが行いやすいだけでなく、前輪のタイヤを簡単に取り外せるので自動車に積み込みやすくなっています。上記の表を見る限り機能的に物足りなく感じるかもしれませんが、自転車の基礎となる部分は、かなりしっかりとしているので快適に走行できます。

    両輪駆動<2018リアルストリームなし>
    一般的な電動アシスト自転車は電動モーターによるアシスト力も人が漕ぐ力も後輪に伝わるようになっているので後輪に負担がかかります。一方、ブリヂストンの独自の機能である両輪駆動は電動モーターによるアシスト力は前輪に、人が漕ぐ力は後輪に伝わるようになっているので、力が前輪と後輪に分散されます。そのため、後輪にばかり力が集中する一般的な電動アシスト自転車より力が前輪と後輪に分散される両輪駆動の方が車体が長持ちしやすくなります。

    ただ、大手3社(ブリヂストン、ヤマハ、パナソニック)の電動アシスト自転車であれば、きちんとメンテナンスを行って普通に電動アシスト自転車を使う分には10年くらいは乗ることができるようになっています。

    それでも、1日の平均走行距離が数十キロになるなどのハードな環境下で使用される方には車体がより長持ちしやすい両輪駆動の電動アシスト自転車を選択された方がいいかもしれません。また、少しでも車体を長持ちさせたい、少しでも車体が長持ちする電動アシスト自転車に乗ってより安心したいという方も両輪駆動の電動アシスト自転車を選択された方がいいかもしれません。


    自動充電<2018リアルストリームなし>
    走行中にバッテリーに電気を充電してくれる便利な機能です。


    モーターブレーキ<2018リアルストリームなし>
    通常のブレーキは直接タイヤにブレーキをかけスピードを落とすので、坂道でスピードが出過ぎてしまって慌てて急ブレーキをかけた場合、タイヤがスリップしてしまう場合があり危険です。

    一方、モーターブレーキは電動モーターの働きを抑制することでスピードを落とします。使い方は左のブレーキを軽く握るだけで電動モーターの力を抑えるために前輪に備え付けられているモーターブレーキが作動するようになっています。そのため、坂道でもスピードが出すぎても慌てることなく安全にスピードを落とすことができます。

    通勤、通学においてアップダウンの激しい場所があるという方はモーターブレーキが搭載されている車種を選んだ方がいいかもしれません。また、少しでも安全に関する機能が搭載されてる電動アシスト自転車に乗ってより安心したいという方も選んだ方がいいかもしれません。


    アルミフレーム<2018リアルストリームあり>
    軽いフレームなので自転車に降りてからの取り回しが行いやすいです。


    タフフレーム<2018リアルストリームなし>
    一般的なフレームより丈夫にできているので、その分車体が長持ちします。


    またぎやすいフレーム<2018リアルストリームなし>
    またぎやすいフレームがあれば自転車の乗り降りがラクに行えます。ただ、2018リアルストリームも他のブリヂストンの通勤、通学用電動アシスト自転車も、またぎやすフレームではありません。


    カーボンベルトドライブ<2018リアルストリームなし>
    カーボンベルトドライブはチェーンのように外れないので通勤、通学途中にチェーンが外れるトラブルが発生しません。しかも、注油がいらないのでチェーンようにメンテナンスの手間がかかりません。

    通勤通学中のトラブルを極力減らしたい、普段忙しくてメンテナンスに時間をかけるのを極力減らしたいという方におすすめです。


    パンクに強いタイヤ<2018リアルストリームなし>
    遺物の突き刺しタイヤなので通勤、通学中のトラブルを極力減らしたい方におすすめです。


    頑丈ホイール<2018リアルストリームなし>
    頑丈ホイールはステンレスリムと標準より太いスポークを採用しているホイールです。そのため、ホールがゆがみにくく長期間、長距離を走行しても快適に運転できます。


    スマートコントロールブレーキ<2018リアルストリームなし>
    アルベルトeシリーズにのみ搭載されている前輪ブレーキです。雨の日でも高い制動力を発揮してくれるブレーキです。毎日の通勤、通学をされる方にとって安心のブレーキです。2018リアルストリームの前輪ブレーキは車やオートバイにも使用される強力な制動力を発揮してくれるディスクブレーキです。


    一発二錠<2018リアルストリームなし>
    後輪サークル錠をロックするとハンドルも同時にロックしてくれる機能です。ハンドルロックにより自転車が倒れにくくなるだけでなく、荷物を降ろす際に便利です。


    空気ミハル君<2018リアルストリームなし>

    空気ミハル君とはタイヤの空気圧の不足を赤いサインで知らせてくれる装置です。空気ミハル君の赤いサインで空気の減りにすぐに気づくことができるので、タイヤの空気が少なくなることで生じるリム打ちパンクを未然に防げます。


    ソーラーテール<2018リアルストリームなし>
    ソーラーテールとは太陽光で充電し夜になると自動点滅するリヤライトです。ソーラーテールがあると夜間でも車のドライバーから早い段階から気づかれやすいので安心です。



    リアルストリーム

    リアルストリーム



    2018リアルストリームミニ

    ※〇→標準装備、△→オプションにて取り付け可、×→取り付け不可

    画像 名称 重量 バッテリー
    (容量)
    走行距離






































































































    2018
    リアルストリームミニ
    21.6㎏ 12.3Ah 【 強 】
    約51km
    【オート】
    約65㎞
    【エ コ】
    約83㎞
    8 × × × × × × × × × × × × × ×
    【2018リアルストリームの特長】
    クラシカルなデザインの20型電動アシスト自転車である2018リアルストリームは、ブリヂストン通勤、通学向け電動アシスト自転車の中で最も車体重心が低いので停車する際にふらつきにくく、自転車乗りてからの取り回しがラクに行えます。また、小径の電動アシスト自転車ですが、走行距離は車体が軽く比較的容量の大きなバッテリーを搭載しているのでアシスト力の一番強い「強モード」ばかり使用しても1回の充電で連続51kmの長距離走行が可能です。

    両輪駆動<2018リアルストリームミニなし>
    一般的な電動アシスト自転車は電動モーターによるアシスト力も人が漕ぐ力も後輪に伝わるようになっているので後輪に負担がかかります。一方、ブリヂストンの独自の機能である両輪駆動は電動モーターによるアシスト力は前輪に、人が漕ぐ力は後輪に伝わるようになっているので、力が前輪と後輪に分散されます。そのため、後輪にばかり力が集中する一般的な電動アシスト自転車より力が前輪と後輪に分散される両輪駆動の方が車体が長持ちしやすくなります。

    ただ、大手3社(ブリヂストン、ヤマハ、パナソニック)の電動アシスト自転車であれば、きちんとメンテナンスを行って普通に電動アシスト自転車を使う分には10年くらいは乗ることができるようになっています。

    それでも、1日の平均走行距離が数十キロになるなどのハードな環境下で使用される方には車体がより長持ちしやすい両輪駆動の電動アシスト自転車を選択された方がいいかもしれません。また、少しでも車体を長持ちさせたい、少しでも車体が長持ちする電動アシスト自転車に乗ってより安心したいという方も両輪駆動の電動アシスト自転車を選択された方がいいかもしれません。


    自動充電<2018リアルストリームミニなし>
    走行中にバッテリーに電気を充電してくれる便利な機能です。


    モーターブレーキ<2018リアルストリームミニなし>
    通常のブレーキは直接タイヤにブレーキをかけスピードを落とすので、坂道でスピードが出過ぎてしまって慌てて急ブレーキをかけた場合、タイヤがスリップしてしまう場合があり危険です。

    一方、モーターブレーキは電動モーターの働きを抑制することでスピードを落とします。使い方は左のブレーキを軽く握るだけで電動モーターの力を抑えるために前輪に備え付けられているモーターブレーキが作動するようになっています。そのため、坂道でもスピードが出すぎても慌てることなく安全にスピードを落とすことができます。

    通勤、通学においてアップダウンの激しい場所があるという方はモーターブレーキが搭載されている車種を選んだ方がいいかもしれません。また、少しでも安全に関する機能が搭載されてる電動アシスト自転車に乗ってより安心したいという方も選んだ方がいいかもしれません。


    アルミフレーム<2018リアルストリームミニあり>
    軽いフレームなので自転車に降りてからの取り回しが行いやすいです。


    タフフレーム<2018リアルストリームミニなし>
    一般的なフレームより丈夫にできているので、その分車体が長持ちします。


    またぎやすいフレーム<2018リアルストリームミニなし>
    またぎやすいフレームがあれば自転車の乗り降りがラクに行えます。ただ、2018リアルストリームミニも他のブリヂストンの通勤、通学用電動アシスト自転車も、またぎやすい低床のフレームではありません。


    カーボンベルトドライブ<2018リアルストリームミニなし>
    カーボンベルトドライブはチェーンのように外れないので通勤、通学途中にチェーンが外れるトラブルが発生しません。しかも、注油がいらないのでチェーンようにメンテナンスの手間がかかりません。

    通勤通学中のトラブルを極力減らしたい、普段忙しくてメンテナンスに時間をかけるのを極力減らしたいという方におすすめです。


    パンクに強いタイヤ<2018リアルストリームミニなし>
    遺物の突き刺しタイヤなので通勤、通学中のトラブルを極力減らしたい方におすすめです。


    頑丈ホイール<2018リアルストリームミニなし>
    頑丈ホイールはステンレスリムと標準より太いスポークを採用しているホイールです。そのため、ホールがゆがみにくく長期間、長距離を走行しても快適に運転できます。


    スマートコントロールブレーキ<2018リアルストリームミニなし>
    アルベルトeシリーズにのみ搭載されている前輪ブレーキです。雨の日でも高い制動力を発揮してくれるブレーキです。毎日の通勤、通学をされる方にとって安心のブレーキです。


    一発二錠<2018リアルストリームミニなし>
    後輪サークル錠をロックするとハンドルも同時にロックしてくれる機能です。ハンドルロックにより自転車が倒れにくくなるだけでなく、荷物を降ろす際に便利です。


    空気ミハル君<2018リアルストリームミニなし>

    空気ミハル君とはタイヤの空気圧の不足を赤いサインで知らせてくれる装置です。空気ミハル君の赤いサインで空気の減りにすぐに気づくことができるので、タイヤの空気が少なくなることで生じるリム打ちパンクを未然に防げます。


    ソーラーテール<2018リアルストリームミニなし>
    ソーラーテールとは太陽光で充電し夜になると自動点滅するリヤライトです。ソーラーテールがあると夜間でも車のドライバーから早い段階から気づかれやすいので安心です。



    リアルストリームミニ

    リアルストリームミニ



    2020ティービーワンe(TB1e)

    ※〇→標準装備、△→オプションにて取り付け可、×→取り付け不可

    画像 名称 重量 バッテリー
    (容量)
    走行距離






































































































    2020
    ティービーワンe
    22.3㎏ 14.3Ah 【 強 】
    約54km
    【オート】
    約90㎞
    【エ コ】
    約130㎞
    7 × × × × × × × × × ×
    【2020ティービーワンeの特長】
    2020ティービーワンeはデザインが男性に人気の27型電動クロスバイクで、機能面でも充実しています。走行性能と扱いやすさのバランスの取れたスポーツタイプの電動アシストをお探しの方にお勧めです。

    両輪駆動<2020ティービーワンeあり>
    一般的な電動アシスト自転車は電動モーターによるアシスト力も人が漕ぐ力も後輪に伝わるようになっているので後輪に負担がかかります。一方、ブリヂストンの独自の機能である両輪駆動は電動モーターによるアシスト力は前輪に、人が漕ぐ力は後輪に伝わるようになっているので、力が前輪と後輪に分散されます。そのため、後輪にばかり力が集中する一般的な電動アシスト自転車より力が前輪と後輪に分散される両輪駆動の方が車体が長持ちしやすくなります。

    ただ、大手3社(ブリヂストン、ヤマハ、パナソニック)の電動アシスト自転車であれば、きちんとメンテナンスを行って普通に電動アシスト自転車を使う分には10年くらいは乗ることができるようになっています。

    それでも、1日の平均走行距離が数十キロになるなどのハードな環境下で使用される方には車体がより長持ちしやすい両輪駆動の電動アシスト自転車を選択された方がいいかもしれません。また、少しでも車体を長持ちさせたい、少しでも車体が長持ちする電動アシスト自転車に乗ってより安心したいという方も両輪駆動の電動アシスト自転車を選択された方がいいかもしれません。


    自動充電<2020ティービーワンeあり>
    走行中にバッテリーに電気を充電してくれる便利な機能です。自動充電機能と14.3Ahのバッテリーにより連続54km~130kmの走行が可能なので長距離通勤、通学に十分耐えることができます。また、長距離、通勤通学をしない方でもバッテリーの充電回数が減らせ、バッテリーの充電回数が減ることでバッテリーが劣化しにくくなるので便利です。


    モーターブレーキ<2020ティービーワンeあり>
    通常のブレーキは直接タイヤにブレーキをかけスピードを落とすので、坂道でスピードが出過ぎてしまって慌てて急ブレーキをかけた場合、タイヤがスリップしてしまう場合があり危険です。

    一方、モーターブレーキは電動モーターの働きを抑制することでスピードを落とします。使い方は左のブレーキを軽く握るだけで電動モーターの力を抑えるために前輪に備え付けられているモーターブレーキが作動するようになっています。そのため、坂道でもスピードが出すぎても慌てることなく安全にスピードを落とすことができます。

    通勤、通学においてアップダウンの激しい場所があるという方はモーターブレーキが搭載されている車種を選んだ方がいいかもしれません。また、少しでも安全に関する機能が搭載されてる電動アシスト自転車に乗ってより安心したいという方も選んだ方がいいかもしれません。


    アルミフレーム<2020ティービーワンeあり>
    軽いフレームなので自転車に降りてからの取り回しが行いやすいです。


    タフフレーム<2020ティービーワンeなし>
    一般的なフレームより丈夫にできているので、その分車体が長持ちします。


    またぎやすいフレーム<2020ティービーワンeなし>
    またぎやすいフレームがあれば自転車の乗り降りがラクに行えます。ただ、2020ティービーワンeも他のブリヂストンの通勤、通学用電動アシスト自転車も、またぎやすい低床のフレームではありません。


    カーボンベルトドライブ<2020ティービーワンeなし>
    カーボンベルトドライブはチェーンのように外れないので通勤、通学途中にチェーンが外れるトラブルが発生しません。しかも、注油がいらないのでチェーンようにメンテナンスの手間がかかりません。

    通勤通学中のトラブルを極力減らしたい、普段忙しくてメンテナンスに時間をかけるのを極力減らしたいという方におすすめです。


    パンクに強いタイヤ<2020ティービーワンeあり>
    遺物の突き刺しタイヤなので通勤、通学中のトラブルを極力減らしたい方におすすめです。


    頑丈ホイール<2020ティービーワンeなし>
    頑丈ホイールはステンレスリムと標準より太いスポークを採用しているホイールです。そのため、ホールがゆがみにくく長期間、長距離を走行しても快適に運転できます。


    スマートコントロールブレーキ<2020ティービーワンeなし>
    アルベルトeシリーズにのみ搭載されている前輪ブレーキです。雨の日でも高い制動力を発揮してくれるブレーキです。毎日の通勤、通学をされる方にとって安心のブレーキです。


    一発二錠<2020ティービーワンeなし>
    後輪サークル錠をロックするとハンドルも同時にロックしてくれる機能です。ハンドルロックにより自転車が倒れにくくなるだけでなく、荷物を降ろす際に便利です。


    空気ミハル君<2020ティービーワンeなし>

    空気ミハル君とはタイヤの空気圧の不足を赤いサインで知らせてくれる装置です。空気ミハル君の赤いサインで空気の減りにすぐに気づくことができるので、タイヤの空気が少なくなることで生じるリム打ちパンクを未然に防げます。


    ソーラーテール<2020ティービーワンeなし>
    ソーラーテールとは太陽光で充電し夜になると自動点滅するリヤライトです。ソーラーテールがあると夜間でも車のドライバーから早い段階から気づかれやすいので安心です。



    ティービーワンe

    ティービーワンe(TB1 e)