• あなたに合った電動アシスト自転車探しのお手伝い

    ※このページはパナソニック「2020BP02(ビーピーゼロツー)」についての説明ページです。

    2020BP02(ビーピーゼロツー)の概要


    ジェットブラック



    スパークルメタリックシルバー



    タンカーイエロー


    本体サイズ(全長×全幅)mm 1,870mm×585mm
    タイヤサイズ 26インチ(26型※1)
    総車両重量(kg) 25.8kg
    1充電あたりの走行距離 【パワーモード】約46km
    【オートモード】約54km
    【ロングモード】約74km
    変速機方式 内装3段変速(※2)
    適応乗車身長 149cm~184cm
    バッテリー容量 12.0Ah
    充電時間 約4.0時間

    「2020BP02(ビーピーゼロツー)」はパナソニックとビームスとのコラボにより生まれたファッションタイプの26型電動アシスト(※3)自転車で、ビーチクルーザーのような美しい曲線フォルムが特徴的です。性能面では比較的容量の大きな12.0Ah(※4)のバッテリーを搭載しているために、パワーモードだけでも連続46㎞走行が可能です。

    (※1)26インチのタイヤを装着した電動アシスト自転車のことです。
    (※2)内装変速は停車したままの変速が可能です。そのため、停車する機会が必然的に多くなる信号の多い街中で使用する際に特に便利です。
    (※3)アシストとは「電動アシスト自転車に備え付けられている電動モーターにより人がペダルを漕ぐのを手伝う」という意味です。電動アシストの場合、時速10キロまでは漕ぐ力1に対して2のアシストが働きます。その一方、普通の自転車の場合、アシストは働かず漕ぐ力の1のみです。そのため、時速10キロまでは電動アシスト自転車は普通の自転車の3倍の力(普通の自転車の3分の1の力で済む)で漕ぐことができます。そして、電動アシスト自転車は時速が10キロを超えるとスピードの出過ぎを抑えるためにアシスト力は2の状態から徐々に弱くなっていき、時速24キロになった時点でアシストは0になります。それでも、時速17キロでも電動アシスト自転車は普通の自転車の約2倍の力(普通の自転車の2分の1の力)で漕ぐことができます。


    普通の自転車と電動アシスト自転車のアシスト力の比較

    時速10km未満 時速10km以上時速24km
    普通の自転車 漕ぐ力1+アシスト0=1 漕ぐ力1+アシスト0=1
    電動アシスト自転車 漕ぐ力1+アシスト2=3 漕ぐ力1+アシスト2~0=3~1


    (※4)Ahの数字が大ききれば大きいほど、たくさんの電気をバッテリー電池に貯めることができます。そのため、Ahの数字が大ききれば大きいほど1回の充電で、より長い距離を走ることができます。そして、長い距離を走れれば走れるほどバッテリーの充電が回数が、より少なくて済みます。また、バッテリーの充電が回数が少なく済めば済むほどバッテリーが劣化しにくくなります。


    2020BP02(ビーピーゼロツー)と2019BP02(ビーピーゼロツー)との違い

    2020BP02と2019BP02の主な違い
    • 大きな変更点なし(※1)
    • (※1)性能面で大きな変更点はありません。ただ、アシストの滑らかなどは、ほんのわずかですが年々進歩しているので、少しでも新しい方がいいという方は2020BP02を選択されるといいでしょう。一方、性能的にほとんど変わらないのであれば、値引き率が高くなる方がいいという方は2019BP02を選択されるといいでしょう。

    2020BP02と2019BP02の比較表

    2020BP02 比較項目 2019BP02
    画像
    1870mm×585mm 本体サイズ(全長×全幅)mm 1870mm×585mm
    26インチ(26型) タイヤサイズ 26インチ(26型)
    25.8kg 総車両重量(kg) 25.8kg
    【パワーモード】約46km
    【オートモード】約54km
    【ロングモード】約74km
    1充電あたりの走行距離 【パワーモード】約46km
    【オートモード】約54km
    【ロングモード】約74km
    149cm~184cm 適応身長 149cm~184cm
    12.0Ah バッテリー容量 12.0Ah
    4.0時間 充電時間 4.0時間


    2020BP02<ビーピーゼロツー>と2020EZ<イーゼット>との違い

    2020BP02と2020EZの主な違い
    • タイヤの大きさの違い(※1)
    • バッテリー容量の違い(※2)
    • 走行距離の違い(※3)
    • ハンドルの違い(※4)
    • 価格の違い(※5)
    • (※1)2020BP02は26インチのタイヤを装着していて、2020EZは20インチのタイヤを装着しています。そのため、車体の全長は2020BP02の方が2020EZより長くなります。また、車体重量も2020BP02の方が2020EZより重くなります。

      そして、26インチタイヤと20インチタイヤを比べると、車体の全長、車体重量以外にも次のような違いがあります。
      <26インチタイヤと20インチタイヤの違い>

      タイヤのサイズが大きい
      (26インチタイヤ)
      比較項目 タイヤのサイズが小さい
      (20インチタイヤ)
      (小さいタイヤに比べると)
      停車する際の安定性は低い
      停車する際の安定性 (大きいタイヤに比べると)
      停車する際の安定性は高い
      (小さいタイヤに比べると)
      走行中の安定感は高い
      走行中の安定感 (大きいタイヤに比べると)
      走行中の安定感は低い
      (小さいタイヤに比べると)
      段差や悪路での衝撃を受けにくい
      段差や悪路での衝撃 (大きいタイヤに比べると)
      段差や悪路での衝撃を受けやすい
      (小さいタイヤに比べると)
      漕ぎやすい
      漕ぎやすさ (大きいタイヤに比べると)
      漕ぎにくい
      (小さいタイヤに比べると)
      取り回しは行いにくい
      自転車に降りてからの取り回し (大きいタイヤに比べると)
      取り回しは行いやすい
      停車する際の安定性と走行中の安定性
      26インチと20インチを比べると、停車する際は車体重心の低い20インチの方が安定感があります。一方、スピードが出ている場合は26インチの方が20インチより(走行中の)安定感があります。ただ、電動アシスト自転車の場合、電動モーターによるアシストがあるので、走行中の安定感についてはそれほど気にしなくてもいいでしょう。

      段差の衝撃の受けにくさ
      段差の衝撃の受けにくさについては26インチと20インチを比べると、26インチの方が20インチより段差の衝撃を受けにくいです。ただ、2020EZの場合、太いタイヤを装着しているので、一般的なタイヤを装着した20インチの電動アシスト自転車より段差の衝撃は受けにくいです。

      漕ぎやすさ
      漕ぎやすさについては26インチと20インチを比べると、標準的な体系の成人の場合、26インチの方が20インチより漕ぎやすいです。ただ、最近の自転車はクランクの長さを調整するなどして、20インチでも漕ぎやすくなっています。また、人漕ぎで進む距離は20インチでも26インチとほぼ同じ距離を進むことができるように設定されています。

      自転車に降りてからの取り回し
      自転車に降りてからの取り回しについては、車体重心の低い方が取り回しが行いやすくなります。そのため、車体重心の高い2020BP02より車体重心の低い2020EZの方が取り回しが行ないやすくなります。

      (※2)(※3)(※5)バッテリーの容量の(Ah)の数値が大きければ大きいほどたくさんの電気をバッテリー電池に貯めることができます。そのため、バッテリーの容量の(Ah)の数値が大きければ大きいほど1回の充電における走行距離が長くなります。そして、2020BP02のバッテリー容量は12.0Ahで、22020EZのバッテリー容量は8.0Ahです。そのため、2020BP02の1回の充電における走行距離の方が2020EZの1回の充電における走行距離より長くなります。

      また、2020BP02と2020EZのような、どちらもがデザインにこだわった電動アシスト自転車の場合、主にバッテリー容量(Ah)の差で値段が変わってきます。そのため、バッテリー容量の大きい2020BP02はバッテリー容量の小さい2020EZより価格がアップします。

      (※4)2020BP02のハンドルはサドル側に大きくカーブしているアップハンドルで、2020EZのハンドルは横方向に真っ直ぐなストレートハンドルです。アップハンドルはストレートハンドルのように力が入りやすく、加速しやすい前傾姿勢をとることはできませんが、リラックスした姿勢で運転できますので長時間乗っていても姿勢の面であまり疲れません。ストレートハンドルはアップハンドルより力が入りやすく、加速しやすい前傾姿勢を取ることができますが、長時間乗っていると姿勢の面で少し疲れてきます。

    2020BP02と2020EZの比較表

    2020BP02 比較項目 2020EZ
    画像
    1870mm×585mm(26型) 本体サイズ(全長×全幅)mm 1615mm×575mm(20型)
    26インチ(26型) タイヤサイズ 20インチ(20型)
    25.8kg 総車両重量(kg) 22.5kg
    【パワーモード】約46km
    【オートモード】約54km
    【ロングモード】約74km
    1充電あたりの走行距離 【パワーモード】約31km
    【オートモード】約35km
    【ロングモード】約52km
    149cm~184cm 適応身長 149cm~181cm
    12.0Ah バッテリー容量 8.0Ah
    4.0時間 充電時間 3.0時間
    144,980円 価格 129,580円



    2020BP02の特長

    サーフサイドスタイル

    ⇒ビーチクルーザーのような美しい曲線のフォルムが特徴です。


    アルミ製フロントキャリヤ

    ⇒荷台ロープかけ用フック付のアルミ製フロントキャリヤで、最大積載量は3kgです。(※荷台用ロープ等で必ず荷物を固定してください。)


    アルミ製リヤキャリヤ(クラス18)

    ⇒BEAMSロゴ入りのリヤキャリヤです。最大積載量は18kgです。荷台ロープかけ用フック付きです。(※荷台用ロープ等で必ず荷物を固定してください。)


    ワイドライザーバーハンドル

    ⇒サドル側に大きく曲がっている幅広のアップハンドルですので、常にゆったりとした姿勢で運転を楽しむことができます。


    リトルLEDビームランプ2

    ⇒暗くなると自動で点灯するオートライト機能付で、リフレクター一体式でワイドに照らす明るいライトなので夜間の走行も安心です。


    ワイドサドル

    ⇒ゆったりと安定した走行が可能です。一般的にワイドサドルはお尻が痛くなりにくいという特長があります。


    サドルガードマン

    ⇒サドルが簡単に抜き取られない構造になっています。


    26×2.00HEタイヤ(タイヤの太さ約50mm)

    ⇒26インチでしかも幅広のタイヤのため、タイヤの小さな20インチに比べると段差や悪路の衝撃を受けにくく、快適な走行が可能です。


    エコナビ液晶スイッチ4SL

    ⇒走行条件によりアシスト力を自動的にコントロールし、最適なエコ運転を実現。1回の充電で、長距離走行を可能にします。電源が入った状態で液晶表示切り替えボタンを押すと、「バッテリー残量表示」>「残り走行距離表示」>「残り走行時間表示」の順でデータを表示できます。


    ワイヤ錠付(1キー2ロック)

    ⇒バッテリー脱着と同じキーで施錠・開錠が可能なので2つ目のカギを取り出す手間が省けます。




    2020BP02(ビーピーゼロツー)のまとめ
    • 2020BP02はビーチクルーザーのような美しい曲線のフォルムが特徴的な電動アシスト自転車です。
    • 26インチの大きなタイヤを装着している2020BP02は、小さなタイヤを装着している電動アシスト自転車に比べると段差での衝撃が少なくて済む、漕ぎやすいなど優位性がある一方、電動アシスト自転車に降りてからの取り回しの行いやすさや停車する際のふらつきにくさについては、20インチの小さいタイヤを装着した電動アシスト自転車の方が優位になります。
    • また、一般的にはスピードが出てからの車体の安定感は大きなタイヤを装着している自転車の方が、小さなタイヤを装着した自転車より優っています。ただ、電動アシスト自転車の場合、電動モーターによるアシストが働きますので、小さなタイヤを装着した電動アシスト自転車でも安定感はあります。
    • 2020BP02のハンドルはサドル側に大きく曲がっているアップハンドルです。サドル側に大きく曲がっているアップハンドルは常にリラックスした姿勢で乗れますが、フラットなバー状のT字ハンドルの様に加速しやすい前傾姿勢をとれないので、その分トップスピードになるまでの時間が若干遅れます。ただ、電動アシスト自転車は電動モーターによるアシスト力によって進みますので、トップスピードになるまでの時間は若干違う程度です。
    • 2020BP02は比較的容量の大きなバッテリー(12.0Ah)を搭載しているために、パワーモードだけの使用でも連続約46㎞の走行が可能です。
    • 比較的長い距離を走ることができるので、その分充電回数が少なくて済みます。また、充電回数が少なくて済むのでバッテリーが劣化しにくくなります。
    • バッテリーの買い替えは可能ですが、バッテリーの劣化を抑えバッテリーの長期の使用を考えるならば、2020BP02の1日の平均走行距離は(週1回程度の充電で済む)約10kmまでが理想的といえるでしょう。


    2020BP02(ビーピーゼロツー)の予報
    • 暗くなると自動で点灯するリフレクター一体型のワイドに照らす明るいLEDライトでなので、夜も安心して自転車を漕ぐことが出来るでしょう。
    • 1日の平均走行距離が10kmほどだとバッテリーの充電は週1回程度で済むので、バッテリーを長持ちさせることが出来るでしょう。
    • 電動アシスト自転車を漕いでいる最中は常に有酸素運動をしている状態なので、用事で電動アシスト自転車を使えば使うほど綺麗に痩せられるでしょう。
    • 車体が軽い部類に入るので普通の坂道なら標準モードで、きつめの坂なら強モードで快適に登ることが出来るでしょう。また、変速機をうまく使用することで更に坂をラクに登ることができるでしょう。
    • 海に隣接する街の日常に溶け込むオシャレな電動アシスト自転車になるでしょう。
    • 海方面へのアウトドアにもぴったりなオシャレな電動アシスト自転車になるでしょう。



    2020年モデル



    2020年モデル



    2020年モデル



    2020年モデル



    2020年モデル



    2020年モデル



    2020年モデル