• あなたに合った電動アシスト自転車探しのお手伝い

    ※このページは2020年8月発売のブリヂストン電動アシスト自転車「2021リアルストリーム」について説明するページです。

    2021リアルストリームの概要


    画像 2021リアルストリーム

    本体サイズ(全長×全幅)mm 1750mm×540mm
    タイヤサイズ 26インチ(26型)
    総車両重量(kg) 22.5kg
    1充電あたりの走行距離 【 強 モード】約60km
    【標 準モード】約71km
    【エ コモード】約90km
    変速機方式 内装8段
    乗車可能最低身長 148cm
    バッテリー容量 15.4Ah
    充電時間 約4.0時間

    ブリヂストン電動アシスト自転車「2021リアルストリーム」は、通勤・通学に適したスポーツタイプの26型電動(※1)アシスト自転車です。車体重量は26型の電動アシスト自転車にもかかわらず22.5kgと軽いため、電動アシスト自転車に降りてからの取り回しをラクに行うことができます。

    走行距離は、容量の大きな15.4Ah(※2)のバッテリーを搭載していることと車体重量が軽いことから、一番アシスト力が強い「強モード」の使用だけでも、1回の充電で約60㎞(※3)の連続走行が可能です。

    動力はどの電動アシスト自転車についても電動モーターによるアシスト力がメインです。ただ、リアルストリームの場合、ハンドルは調整可能なアルミフラットバーなので、自身が一番しっくりくるところで、力の入れやすい、やや前傾の姿勢をとることができ、変速は一般的な電動アシスト自転車の内装3段より多い内装8段(※4)なので、よりスムーズでストレスのない加速を行えます。

    また、変速数が多い方が道路状況に合わせた走行を行うことができるので、電動モーターの負担を軽減できます。そのため、変速機を上手く使用することでバッテリーの節約につながります。

    (※1)アシストとは「電動アシスト自転車に備え付けられている電動モーターにより人がペダルを漕ぐのを手伝う」という意味です。

    (※2)Ahの数字が大ききれば大きいほど、たくさんの電気をバッテリーに貯めることができます。そのため、Ahの数字が大ききれば大きいほど、1回の充電でより長い距離を走ることができます。

    (※3)長距離走行が可能なので、バッテリーの充電が回数が少なくて済みます。また、バッテリーの充電が回数が少なくて済むので、バッテリーが劣化しにくいです。

    (※4)内装変速は外装変速と違い、停車したままの変速が可能なので、特に停車する機会の多い信号機が多々ある街中で役立つ変速機です。


    2021リアルストリームと2018リアルストリームとの比較

    2021リアルストリームと2018リアルストリームの主な違い
    • 大きな変更点なし(※1)
    • (※1)性能面で大きな違いはありません。ただ、アシストの滑らかなどは、ほんのわずかですが年々進歩しているので、少しでも新しい方がいいという方は2021リアルストリームを選択されるといいでしょう。一方、性能的にほとんど変わらないのであれば、値引き率が高くなる方がいいという方は2018リアルストリームを選択されるといいでしょう。

    2021リアルストリームと2018リアルストリームの比較表

    2021リアルストリーム 比較項目 2018リアルストリーム
    画像
    1750mm×535mm 本体サイズ(全長×全幅)mm 1750mm×540mm
    26インチ タイヤサイズ 26インチ
    22.5kg 総車両重量(kg) 22.5kg
    【 強 モード】約60km
    【標 準モード】約71km
    【エ コモード】約90km
    1充電あたりの走行距離 【 強 モード】約60km
    【標 準モード】約71km
    【エ コモード】約90km
    内装8段変速 変速機方式 内装8段変速
    148cm 乗車可能最低身長 148cm
    15.4Ah バッテリー容量 15.4Ah
    約4.0時間 充電時間 約4.0時間


    2021リアルストリームと2021ティービーワンとの比較

    2021リアルストリームと2021ティービーワンの主な違い
    • タイヤの大きさの違い<※1>
    • 車体全長の違い<※2>
    • バッテリー容量の違い<※3>
    • 自動充電機能の有無<※4>
    • 走行距離の違い<※5>
    • 両輪駆動の有無<※6>
    • モーターブレーキの有無<※7>
    • サスペンションの有無<※8>
    • クイックレバーの有無<※9>

    <※1>タイヤの大きさの違い
    2021リアルストリームは26インチタイヤを装着しています。2021ティービーワンeは27インチタイヤを装着しています。タイヤの大きい自転車の方が漕ぎやすい、段差の衝撃を受けにくい、タイヤの小さの自転車の方が自転車に降りてからの取り回しが行いやすい、停車する際にふらつきにくいなどの特長があります。(ただ、タイヤのサイズが1インチしか違わないので、それらの差は20インチと26インチのような著名な差ではありません。)
    <※2>車体全長の違い
    2021リアルストリームの車体全長は1750mmです。2021ティービーワンeの車体全長は1850mmです。車体全長が短い方が電動アシスト自転車から降りてからの取り回しが行いやすいです。
    <※3>バッテリー容量の違い、<※4>自動充電機能の有無、<※5>走行距離の違い
    2021ティービーワンのバッテリー容量は14.3Ahで自動充電が付いていますが、2021リアルストリームのバッテリー容量は15.4Ahなので、アシスト力の一番強い「パワーモード(強モード)」の走行距離の比較では、2021リアルストリームより2021ティービーワンの方が1回の充電における走行距離が短くなります。(2021ティービーワンのアシスト力の一番強いパワーモードでの走行は、他のモードより自動充電率が低くなるため、走行距離が2021リアルストリームより短くなります。)
    <※6>両輪駆動の有無
    2021リアルストリームは電動モータによるアシスト力、漕ぐ力共に後輪に伝わります。2021ティービーワンは電動モータによるアシスト力は前輪に伝わり、漕ぐ力は後輪に伝わります。大手3社(ブリヂストン、ヤマハ、パナソニック)の電動アシスト自転車であれば、きちんとメンテナンスを行うことで10年ほどは乗れる設計になっていますが、両輪駆動は後輪駆動のように後輪ばかりに力が集中せず両輪に力が分散されるので車体がより長持ちします。
    <※7>モーターブレーキの有無
    モーターブレーキは直接電動モーターに働きかけて電動アシスト自転車の速度を落とすブレーキなので、スピードを落とす最中にタイヤがスリップすることなく安全にスピードを落とすことができます。2021ティービーワンeにはモーターブレーキが搭載されていますが、2021リアルストリームにはモーターブレーキが搭載されていません。
    <※8>サスペンションの有無
    2021リアルストリームにはサスペンションがありますが、2021ティービーワンeにはサスペンションがありません。サスペンションがあれば段差での衝撃を受けにくくなります。
    <※9>クイックレバー
    2021リアルストリームの前輪側にはクイックレバー(クイックレリーズ)がありますが、2021ティービーワンeの前輪側にはクイックレバーがありません。クイックレバーがあると前輪の取り外しが工具なしで行えます。

    2021リアルストリームと2021ティービーワンeの比較表

    2021リアルストリーム 比較項目 2021ティービーワンe
    画像
    1750mm×540mm 本体サイズ(全長×全幅)mm 1850mm×575mm
    26インチ タイヤサイズ 27インチ
    22.5kg 総車両重量(kg) 22.3kg
    【 強 モード】約60km
    【標 準モード】約71km
    【エ コモード】約90km
    1充電あたりの走行距離 【パワーモード】約54km
    【オートモード】約90km
    【エ コモード】約130km
    内装8段変速 変速機方式 内装7段変速
    148cm 乗車可能最低身長 151cm
    15.4Ah バッテリー容量 14.3Ah
    約4.0時間 充電時間 約4.0時間
    × 両輪駆動
    × モーターブレーキ
    × 自動充電
    サスペンション ×
    クイックレバー
    (前輪)>
    ×


    ブリヂストン・2021リアルストリームとヤマハ・2020PAS Brace(パス ブレイス)との比較

    2021リアルストリームと2020PAS Braceの主な違い
    • 乗車可能最低身長の違い<※1>
    • 価格の違い

    <※1>乗車可能最低身長の違い
    電動アシスト自転車にまたがった際に、両足のつま先を地面に接地することができれば、その電動アシスト自転車に乗ることができます。2021リアルストリームの場合、身長が148㎝以上の方だと電動アシスト自転車にまたがった際に両足のつま先を地面に接地することができ、身長が148㎝以上の方が2021リアルストリームの適応身長(乗車可能最低身長148㎝)になります。2020PAS Brace(パス ブレイス)の場合、身長が155㎝以上の方だと電動アシスト自転車にまたがった際に両足のつま先を地面に接地することができ、身長が155㎝以上の方が2020PAS Brace(パス ブレイス)の適応身長(乗車可能最低身長155㎝)になります。

    2021リアルストリームと2020PAS Braceの比較表

    2021リアルストリーム 比較項目 2020PAS Brace
    画像
    1750mm×540mm 本体サイズ(全長×全幅)mm 1760mm×580mm
    26インチ(26型) タイヤサイズ 26インチ(26型)
    22.5kg 総車両重量(kg) 23.2kg
    15.4Ah バッテリー容量(Ah) 15.4Ah
    【 強 モード】約60km
    【標 準モード】約71km
    【エ コモード】約90km
    1充電あたりの走行距離 【 強 モード】約60km
    【標 準モード】約71km
    【オートモード】約90km
    約4.0時間 充電時間 約4.0時間
    内装8段 変速 内装8段
    148cm 乗車可能最低身長 155cm
    フロントサスペンション
    クイックレバー
    (前輪)
    171,380円 メーカー希望価格
    (税込み)
    177,100円
    ※最近までブリヂストンとヤマハは提携していたため、2021リアルストリームと2020PAS Braceは最低乗車身長の違いを除けばスペック的に似ています。もし、2021リアルストリームか2020PAS Braceか迷われた場合、両車種はスペック的に似ているのでデザインで選ばれてもいいでしょう。


    ブリヂストン・2021リアルストリームとパナソニック・2020ジェッターとの比較

    2021リアルストリームと2020ジェッターの主な違い
  • クイックレバー数の違い<※1>
  • フロントサスペンションの有無<※2>
  • 車種数の違い<※3>
  • 乗車可能最低身長の違い<※4>
  • 内装変速と外装変速の違い<※5>
  • バッテリー容量と走行距離の違い<※6>
  • 価格の違い
  • <※1>クイックレバー数の違い
    2021リアルストリームには工具なしでタイヤを外すことができるクイックレバーが前輪にあります。2020ジェッターには工具なしでタイヤを外すことができるクイックレバーが前輪と後輪にあります。クイックレバー数が多い方が車への積み込みがラクに行えます。
    <※2>フロントサスペンションの有無
    2021リアルストリームにはフロントサスペンションありますが、2020ジェッターにはフロントサスペンションがありません。フロントサスペンションがあれば段差や悪路での衝撃を受けにくくなります。
    <※3>車種数の違い
    2020ジェッターはフレームサイズが440㎜と390㎜の2車種(2021リアルストリームは1車種のみ)があります。
    <※4>乗車可能最低身長の違い
    電動アシスト自転車にまたがった際に両足のつま先を地面にギリギリ接地することができる身長が、その電動アシスト自転車の乗車可能最低身長になります。(2021リアルストリーム:148cm、2020ジェッター440㎜:152cm、2020ジェッター390㎜:144cm)
    <※5>内装変速と外装変速の違い
    2021リアルストリームの変速は内装8段変速で2020ジェッターの変速は外装8段変速です。外装変速は走行中漕ぎながら変速しますが、内装変速は走行中漕ぐのを一旦やめて変速します。停車中については外装変速は停車中変速できませんが、内装変速は停車中にも変速できるので、停車する機会の多い信号が多々ある街中で使用すると便利です。
    <※6>バッテリー容量と走行距離の違い
    バッテリー容量(Ah)の数字が大きければ大きいほどたくさんの電気をバッテリーに充電できるため、1回の充電でたくさんの距離を走ることができます。2021リアルストリームのバッテリー容量は15.4Ahで、2020ジェッターのバッテリー容量は12.0Ahなので、1回の充電における走行距離は2021リアルストリーム方が2020ジェッターより長くなります。

    2021リアルストリームと2020ジェッターの比較表
    2020ジェッターのフレームサイズ(BE-ELHC339:フレームサイズ390㎜)(BE-ELHC344:フレームサイズ440㎜)

    2021リアルストリーム 比較項目 2020ジェッター
    画像
    1750mm×540mm 本体サイズ(全長×全幅)mm 1855mm×595mm
    (BE-ELHC339:390㎜)

    1880mm×595mm
    (BE-ELHC344:440㎜)
    26インチ(26型) タイヤサイズ 約27インチ(700C)
    22.5kg 総車両重量(kg) 21.1kg(BE-ELHC339:390㎜)
    21.2kg(BE-ELHC344:440㎜)
    15.4Ah バッテリー容量(Ah) 12.0Ah
    【 強 モード】約60km
    【標 準モード】約71km
    【エ コモード】約90km
    1充電あたりの走行距離 【パワーモード】約45km
    【オートモード】約54km
    【ロングモード】約85km
    約4.0時間 充電時間 約4.0時間
    内装8段 変速 外装8段
    148cm 適応身長 144cm(BE-ELHC339:390㎜)
    152cm(BE-ELHC344:440㎜)
    フロントサスペンション ×
    クイックレバー
    (前輪)>
    × クイックレバー
    (後輪)>
    171,380円 メーカー希望価格
    (税込み)
    165,000円



    2021リアルストリームの特長

    液晶マルチファンクションメーター

    画像出典:ブリヂストン株式会社

    ⇒走行スピード、バッテリー残量、消費カロリーなど、必要な情報、知りたい情報がひと目で分かります。


    15.4Ah⼤容量バッテリー
    ⇒15.4Ah⼤容量バッテリーを搭載しているため、一番アシスト力が強い「強モード」でも、1回の充電で連続約60kmの長距離走行が可能です。また、長く走れることで充電回数も少なくなるだけでなく、充電回数が減ることでバッテリーが劣化しにくくなります。


    サスペンションフォーク

    画像出典:ブリヂストン株式会社

    ⇒路面の段差も苦にならずに走行できます。


    スリックタイヤクイックレリーズ(前輪)
    ⇒簡単に前輪を取り外しできます。自動車などに積みやすくなります。


    ディスクブレーキ(前輪)<パワーモジュレーター付き>
    ⇒優れた制動力とコントロール性を両立するブレーキです。雨の日にも強いブレーキです。<パワーモジュレーターは、ブレーキの制動力がいきなり高くならない、スピードをコントロールしやすくするための装置です。ブレーキに不慣れ方に有効な装置です。>


    Vブレーキ(後輪)
    ⇒優れた操作感と制動力のあるブレーキです。



    2021リアルストリームのまとめ
    • 2021リアルストリームは通勤、通学に適したスポーツタイプの26型電動アシスト自転車です。
    • 15.4Ahの容量の大きなバッテリーを搭載しているため、アシスト力の一番強い「強モード」だけの使用でも、1回の充電で連続約60㎞の走行が可能です。
    • 前輪を工具なしで外せるクイックレバー(クイックレリーズ)があるので自動車の積み込みが比較的ラクに行えます。
    • 停車中も変速可能な内装8段変速なので、停車する機会の多い信号が多々ある街中の通勤、通学で使用される際も便利です。
    • ハンドルは調整可能なアルミフラットバーで、変速は一般的な電動アシスト自転車より多い8段変速なので、姿勢や加速の面でストレスのない走行が行えます。
    • 変速数が多い2021リアルストリームは、一般的な変速数の電動アシスト自転車より道路状況に合わせた走行を行うことができるので、電動モーターの負担を軽減できます。そのため、変速機を上手く使うことでバッテリーの節約につながります。



    2021年



    2021年



    2021年



    2021年



    2021年



    2021年



    2021年