• あなたに合った電動アシスト自転車探しのお手伝い

    このページは2021年1月30日発売の2021PAS RIN(パス リン)の説明ページです。

    2021PAS RIN(パス リン)の概要

    画像 2021PAS RIN(パス リン)

    本体サイズ(全長×全幅)mm 1855mm×590mm
    タイヤサイズ 26インチ
    総車両重量(kg) 27.7kg
    1充電あたりの走行距離 【 強 モード】約59km
    【スマパモード】約66km
    【オートモード】約94km
    変速機方式 内装3段変速
    最低乗車身長 146cm
    バッテリー容量 15.4Ah
    充電時間 約4.0時間

    <注:スマパモードの正式名称は「スマートパワーモード」です。オートモードの正式名称は「オートエコモードプラスモード」です。スペースの関係で略してあります。>

    ヤマハ2021PAS RIN(パス リン)とは?
    ヤマハ「2021PAS RIN(パス リン)」は、通勤、通学向けの26型(※1)電動アシスト自転車です。走行性能は容量の大きな15.4Ah(※2)のバッテリーを搭載しているため、一番アシスト力の強い「強モード」だけを使用しても、1回の充電で連続約59kmの長距離走行(※3)が可能です。また、オプションになりますがリヤ(後ろ側の)チャイルドシートの取り付けも可能です。

    (※1)26型とは26インチタイヤを装着した電動アシスト自転車のことです。

    (※2)Ahの数字が大ききれば大きいほど、たくさんの電気をバッテリーに貯めることができます。そのため、1回の充電でそれだけ長い距離を走ることができます。

    (※3)1回の充電で連続約59kmの長距離走行が可能なので、バッテリーの充電が回数が少なくて済みます。また、バッテリーの充電が回数が少なくて済むので、バッテリーが劣化しにくくなります。


    2021PAS RIN(パス リン)と2020PAS RIN(パス リン)の違い

    2021PAS RIN(パス リン)と2020PAS RIN(パス リン)の主な違い
    • アシストモードの違い(※1)

    (※1)2021PAS RIN(パス リン)のスマパモード(スマートパワーモード)と2020PAS RIN(パス リン)の標準モードは、道路状況によりアシスト力がある程度変化しますが、2021PAS RIN(パス リン)のスマパモードの方が2020PAS RIN(パス リン)の標準モードより幅広くアシスト力が変化します。ただ、アシストが幅広く変化する分、2021PAS RIN(パス リン)のスマパモードの方が2020PAS RIN(パス リン)の標準モードよりバッテリー電池を消費しやすいため、2021PAS RIN(パス リン)のスマパモードの方が2020PAS RIN(パス リン)の標準モードより走行距離が若干短く(約2㎞)なります。(その他、2021PAS RIN(パス リン)と2020PAS RIN(パス リン)の強モードとオートエコモードのアシスト力の強さは、ほぼ同じです。)

    2021PAS RINと2020PAS RINの比較表

    20202020PAS RIN 比較項目 2020PAS minä
    画像
    1855mm×590mm 本体サイズ(全長×全幅)mm 1855mm×590mm
    26インチ タイヤサイズ 26インチ
    27.7kg 総車両重量(kg) 27.7kg
    【 強 モード】約59km
    【スマパモード】約66km
    【オートモード】約94km
    1充電あたりの走行距離<注> 【 強 モード】約59km
    【標 準モード】約68km
    【オートモード】約94km
    内装3段変速 変速数 内装3段変速
    146cm 最低乗車身長 145cm
    15.4Ah バッテリー容量 15.4Ah
    4.0時間 充電時間 4.0時間

    <注:スマパモードの正式名称は「スマートパワーモード」です。オートモードの正式名称は「オートエコモードプラスモード」です。スペースの関係で略してあります。>


    2021PAS RIN(パス リン)と2021PAS minä(パス ミナ)の違い

    2021PAS RIN(パス リン)と2021PAS minä(パス ミナ)の主な違い
    • バッテリ容量、走行距離の違い(※1)
    • フロントバスケット(前カゴ)の有無(※2)
    • リヤキャリヤ(後ろ側の荷台)の有無(※3)
    • ハンドルの違い(※4)
    • 総車両重量の違い(※5)

    (※1)2021PAS RIN(パス リン)のバッテリー容量は15.4Ahで、2021PAS minä(パス ミナ)のバッテリー容量は12.3Ahです。そのため、バッテリーにたくさんの電気を貯められる2020PAS RIN(パス リン)の方が1回の充電で長い距離を走ることができます。<2020PAS RIN(パス リン):59㎞~94㎞、2021PAS minä(パス ミナ):48㎞~83㎞>
    (※2)2021PAS RIN(パス リン)にはフロントバスケット(前カゴ)が標準装備されていますが、2021PAS minä(パス ミナ)にはフロントバスケット(前カゴ)が標準装備されていません。
    (※3)2021PAS RIN(パス リン)にはリヤキャリヤ(後ろ側の荷台)が標準装備されていますが、2021PAS minä(パス ミナ)にはリヤキャリヤ(後ろ側の荷台)が標準装備されていません。
    (※4)2021PAS RIN(パス リン)のハンドルはトンビハンドルで、2021PAS minä(パス ミナ)のハンドルはプロムナードハンドルです。どちらのハンドルもゆったりとした姿勢で乗れますが、よりゆったりした姿勢で乗れるのは2021PAS minä(パス ミナ)のプロムナードハンドルです。一方、姿勢的の面でスピードが出しやすいのは2021PAS RIN(パス リン)のハンドルです。
    (※5)2021PAS RINの総車両重量は27.7kgで、2021PAS minäの総車両重量は23.8kgです。総車両重量が軽い2020PAS minäの方が電動アシスト自転車に降りてからの取り回しが行いやすいです。

    2021PAS RINと2021PAS minäの比較表

    20202020PAS RIN 比較項目 2020PAS minä
    画像
    1855mm×590mm 本体サイズ(全長×全幅)mm 1840mm×580mm
    26インチ タイヤサイズ 26インチ
    27.7kg 総車両重量(kg) 23.8kg
    【 強 モード】約59km
    【スマパモード】約68km
    【オートモード】約94km
    1充電あたりの走行距離<注1> 【 強 モード】約48km
    【スマパモード】約55km
    【オートモード】約83km
    内装3段変速 変速数 内装3段変速
    146cm 最低乗車身長 145cm
    15.4Ah バッテリー容量 12.3Ah
    4.0時間 充電時間 3.5時間
    標準装備 フロントバスケット
    (前カゴ)
    オプション
    標準装備
    (クラス27:注2)
    リヤキャリア
    (後ろの荷台)
    オプション
    (クラス27:注2)
    取り付け可 リヤチャイルドシート 取り付け可
    133,100円 価格(税込) 138,600円

    <注:スマパモードの正式名称は「スマートパワーモード」です。オートモードの正式名称は「オートエコモードプラスモード」です。スペースの関係で略してあります。><注2:27kgまでの荷物が積載可能なリヤキャリアです。>



    2020PAS RIN(パス リン)の特長

    大型テリーサドル

    ⇒乗り心地とデザインにこだわった大型テリーサドルです。


    砲弾型バッテリーランプ

    ⇒前方を明るく照らしてくれる漕いでも重くならないライトです。夜間の走行も安心です。


    内装3段変速

    ⇒快適な走りをサポートする3段変速です。平らな道、ちょっとした坂やキツイ坂など、道の状態に合わせて最適なギアを選べます。上手に使うとラクに走れるだけでなく、電動モーターの負担を減らせるので、走行距離を伸ばせます。


    パーキングストッパー

    ⇒ハンドルが半固定されるので、駐輪時に電動アシスト自転車が倒れにくくなります。また、ハンドルが半固定されることで、フロントバスケット(前カゴ)やリヤバスケット(後ろのカゴ)の荷物の載せ降ろしが行いやすくなります。(注)写真は、PAS Amiです。


    クラス27パイプリヤキャリヤ

    ⇒フレームと同色のパイプリヤキャリヤです。27kgまでの荷物を載せることができます。


    LED1灯ソーラーテールランプ

    ⇒太陽光で充電し、夜になると自動点滅するテールランプなので、遠くにいるドライバーにも早い段階から気付いてもらいやすく安心です。


    かるっこスタンド

    ⇒てこの原理でラクにスタンド掛けができます。


    ワイヤーロック

    ⇒大切な愛車を盗難から抑止するワイヤーロックを標準装備しました。



    2021PAS RIN(パス リン)のまとめ
    • ヤマハ「2021PAS RIN(パス リン)」は通勤、通学向けの26型電動アシスト自転車です。
    • 走行性能は容量の大きな15.4Ahのバッテリーを搭載しているため、一番アシスト力の強い「強モード」だけを使用しても、1回の充電で連続約59kmの長距離走行が可能です。
    • オプションになりますがリヤ(後ろ側の)チャイルドシートの取り付けも可能です。



    2021年モデル



    2021年モデル



    2021年モデル



    2021年モデル



    2021年モデル



    2021年モデル



    2021年モデル



    2021年モデル