• あなたに合った電動アシスト自転車探しのお手伝い

    このページは2021年2月発売のヤマハ「2021PAS Crew(パス クルー)」ついての説明ページです。

    2021PAS Crew(パス クルー)の概要


    2021PAS Crew

    本体サイズ(全長×全幅)mm 1850mm×580mm
    タイヤサイズ 24インチ
    総車両重量(kg) 35.4kg
    1充電あたりの走行距離
    【強 モード】 約56km
    【標準モード】 約60km
    【オートエコモードプラス】 約78km
    変速機方式 内装3段
    適応身長 145cm以上
    3人乗り適正身長 150cm以上
    バッテリー容量 15.4Ah
    充電時間 約4.0時間
    パウダーブルー
    (ツヤ消しカラー)

    マットブラック
    (ツヤ消しカラー)

    マットアンバー2
    (ツヤ消しカラー)

    ヤマハ「2021PAS Crew(パス クルー)」は、大手3社(ヤマハ、ブリヂストン、パナソニック)の中で唯一の24型(※1)子乗せ電動アシスト自転車(2021年2月現在)です。走行性能は15.4Ah(※2)の大容量バッテリーを搭載しているため、アシスト力が一番強い「強モード」ばかりの使用でも連続約56kmの長距離走行(※3)が可能です。

    (※1)24型とは、24インチタイヤを装着した電動アシスト自転車のことです。そして、両輪が24インチの子乗せ電動アシスト自転車は大手3社(ヤマハ、ブリヂストン、パナソニック)の中では2021PAS Crewのみです(2021年2月現在)。24インチタイヤを装着した電動アシスト自転車なのでパパも扱いやすいです。
    (※2)2020年以降に発売された大手3社(ヤマハ、ブリヂストン、パナソニック)の電動アシスト自転車のバッテリー容量は6.2Ah~16.0Ahですので、2021PAS Crew(パス クルー)に搭載されている15.4Ahのバッテリー容量はかなり大きい部類に入ります。そして、バッテリー容量(Ah)が大きいとたくさんの電気をバッテリーに貯めることができるので、それだけ長い距離を走ることができます。
    (※3)長距離走行が可能なので、バッテリーの充電が回数が少なくて済みます。また、バッテリーの充電が回数が少なくて済むので、バッテリーが劣化しにくくなります。

    2021PAS Crew(パス クルー)と2020PAS Crew(パス クルー)との比較

    2021PAS Crew(パス クルー)と2020PAS Crew(パス クルー)の主な違い
    • 性能面で大きな違いなし(※1)

    (※1)
    2021PAS Crew(パス クルー)と2020PAS Crew(パス クルー)の主な違いはカラーの違いで性能的には大きな違いはありません。

    2021PAS Crew(パス クルー)と2020PAS Crew(パス クルー)の比較表

    2021PAS Crew 比較項目 2020PAS Crew

    マットアンバー2(ツヤ消しカラー)



    マットブラック(ツヤ消しカラー)



    パウダーブルー(ツヤ消しカラー)

    画像
    パウダーブルー(ツヤ消しカラー)



    マカロンラテ(ツヤ消しカラー)



    ソリッドグレー2

    1850mm×580mm 本体サイズ(全長×全幅)mm 1850mm×580mm
    24インチ タイヤサイズ 24インチ
    35.4kg 総車両重量(kg) 35.4kg
    15.4Ah バッテリー容量 15.4Ah
    【 強 モード】約56km
    【スマパモード】約60km
    【オートモード】約78km
    1充電あたりの走行距離 【 強 モード】約56km
    【スマパモード】約60km
    【オートモード】約78km
    内装3段変速 変速数 内装3段変速
    4.0時間 充電時間 4.0時間
    145cm以上 適応身長 145cm以上
    150cm以上 3人乗り適正身長 150cm以上

    <注:スマパモードの正式名称は「スマートパワーモード」です。オートモードの正式名称は「オートエコモードプラスモード」です。スペースの関係で略してあります。>


    2021PAS Crew(パス クルー)と2021PAS Babby un SP(パス バビー アン スーパー)リヤチャイルドシート標準装備モデルの違い

    2021PAS Crewと2021PAS Babby un SPリヤチャイルドシート標準装備モデルの主な違い
    • 車体全長と総車両重量の違い(※1)
    • タイヤの大きさの違い(※2)
    • (※1)2021PAS Crewの車体全長は1850mmで、2021PAS Babby un SPリヤチャイルドシート標準装備モデルの車体全長は1765mmです。2021PAS Crewの総車両重量は35.4kgで、2021PAS Babby un SPリヤチャイルドシート標準装備モデルの総車両重量は31.4kgです。そのため、車体全長が短く、総車両重量が軽い2021PAS Babby un SPの方が電動アシスト自転車に降りてからの取り回しが行いやすくなります。
      (※2)2021PAS Crewは24インチタイヤを装着しています。2021PAS Babby un SPリヤチャイルドシート標準装備モデルは20インチタイヤを装着しています。そして、タイヤの大きさの違いで次のことが変わってきます。

      24インチ(24型)と20インチ(20型)との違い

      タイヤサイズが大きい
      (24インチ)
      比較項目 タイヤサイズが小さい
      (20インチ)
      20インチより漕ぎやすい
      漕ぎやすさ

      24インチより漕ぎにくい
      20インチより段差での衝撃を受けにくい
      段差の衝撃

      24インチより段差での衝撃を受けやすい
      20インチより安定性が低い
      停車する際

      24インチより安定性が高い
      20インチより行いにくい
      取り回し

      24インチより行いやすい
      <漕ぎやすさ>
      個々の身長にもよりますが成人の場合、タイヤサイズが大きい24型の電動アシスト自転車の方が漕ぎやすいです。
      <段差での衝撃>
      24型のようなタイヤのサイズが大きな電動アシスト自転車は、段差での衝撃を受けにくくなります。また、車体が重い自転車も段差での衝撃を受けにくくなります。
      <停車する際>
      停車する際にふらつきにくく安定感があるのは、車体重心の低い20型の電動アシスト自転車です。通常走行ではそれほど安定感に大きな違いはありませんが、車体の前後に荷物を前後にたくさん積んでいる場合、大きいタイヤだと停車する際に少しふらつくことがあります。
      <取り回し>
      電動アシスト自転車に降りてからの取り回しが行いやすいのは、車体重心の低い20型の電動アシスト自転車です。

    2021PAS Crewと2021PAS Babby un SPリヤチャイルドシート標準装備モデルの比較表

    2021PAS Crew 比較項目 2021PAS Babby un SP
    (リヤチャイルドシート標準装備モデル)

    マットアンバー2(ツヤ消しカラー)



    マットブラック(ツヤ消しカラー)



    パウダーブルー(ツヤ消しカラー)

    画像
    マットアンバー(ツヤ消しカラー)



    パウダーブルー2(ツヤ消しカラー)



    コーラルレッド(ツヤ消しカラー)



    マットカフェベージュ(ツヤ消しカラー)



    マットブラック2(ツヤ消しカラー)



    ソリッドグレー

    1850mm×580mm 本体サイズ(全長×全幅)mm 1765mm×580mm
    24インチ(24型) タイヤサイズ 20インチ(20型)
    35.4kg 総車両重量(kg) 32.9kg
    15.4Ah バッテリー容量(Ah) 15.4Ah
    【 強 モード】約56km
    【スマパモード】約60km
    【オートモード】約78km
    1充電あたりの走行距離 【 強 モード】約51km
    【スマパモード】約58km
    【オートモード】約75km
    4.0時間 充電時間 4.0時間
    145cm以上 適応身長 142cm以上
    150cm以上 3人乗り適正身長 146cm以上
    オプション フロントチャイルドシート オプション
    標準装備 リヤチャイルドシート 標準装備
    168,300円 価格(税込) 156,200円
    <注:スマパモードの正式名称は「スマートパワーモード」です。オートモードの正式名称は「オートエコモードプラスモード」です。スペースの関係で略してあります。>



    2021PAS Crewの特長

    砲弾型バッテリーランプ

    ⇒前方を明るく照らしてくれる漕いでも重くならないライトです。夜間の走行も安心です。


    内装3段変速

    ⇒快適な走りをサポートする3段変速です。平らな道、ちょっとした坂やキツイ坂など、道の状態に合わせて最適なギアを選べます。上手に使うとラクに走れるだけでなく、電動モーターの負担を減らせるので、走行距離を伸ばせます。


    らくらく幅広かるっこスタンド2

    ⇒てこの原理を応用したスタンドなので、ラクにスタンドをかけられます。また、幅広の形状は優れた安定性を発揮するので、安心してお子さまの乗せ下ろしが行えます。


    ピボットFブレーキ(前輪)

    ⇒軽い操作で、雨の日も確かな効き目のフロントブレーキです。


    リヤサークル錠

    ⇒鍵穴が上向きの後輪サークル錠なので、混雑した駐輪場でも車体の後ろからカンタン施錠できます。


    クラス27リヤキャリヤ

    ⇒27kgまでの重さに耐えることができるリヤキャリヤです。リヤチャイルドシードの取り付けが可能です。


    ファットタイヤ

    ⇒幅広のタイヤなので走行中車体が安定します。



    2021PAS Crewのまとめ
    • 2021PAS Crewは、リヤチャイルドシートが標準装備された24型電動アシスト自転車です。
    • 大手3社(ヤマハ、ブリヂストン、パナソニック)の中で唯一の24型子乗せ電動アシスト自転車(2021年3月現在)です。
    • パパでも扱いやすい子乗せ電動アシスト自転車です。
    • 15.4Ahの大容量のバッテリーを搭載しているため1回の充電で、アシストが一番強いパワーモードばかり使用しても連続約56㎞の走行が可能です。
    • 1回の充電で長い距離が走れるので、その分バッテリーの充電回数が減らせたり、バッテリーが劣化しにくくなるなどのメリットがあります。



    2021年モデル



    2021年モデル



    2021年モデル



    2021年モデル



    2021年モデル



    2021年モデル



    2021年モデル



    2021年モデル



    2021年モデル