• あなたに合った電動アシスト自転車探しのお手伝い

    2020年10月に2021フロンティアデラックスが発売となりました。2021フロンティアデラックスの説明をご覧になりたい方は、下記の《【2021年モデル】『2021フロンティアデラックス(2021フロンティアDX)』【BRIDGESTONE/ブリヂストン】~2020フロンティアデラックス、2021アシスタU DXとの違い~》をクリックしてください。

    ↓↓↓

    ↑↑↑


    これより先は1つ前のモデルの2020フロンティアデラックスの説明なりますので、2021フロンティアデラックスの説明をご覧になりたい方は、上記の《【2021年モデル】『2021フロンティアデラックス(2021フロンティアDX)』【BRIDGESTONE/ブリヂストン】~2020フロンティアデラックス、2021アシスタU DXとの違い~》をクリックしてください。


    ※ここからは2020フロンティアデラックスの説明になります。

    2020フロンティアデラックスの概要


    画像 2020フロンティアデラックス

    本体サイズ(全長×全幅)mm 1775mm×555mm(24型)
    1875mm×555mm(26型)
    タイヤサイズ 24インチ
    26インチ
    総車両重量(kg) 27.0kg(24型)
    27.7kg(26型)
    1充電あたりの走行距離 【パワー】約54km
    【オート】約90km
    【ロング】約130km
    自動充電機能 あり
    変速機方式 内装3段変速
    最低乗車身長 136cm以上(24型)
    140cm以上(26型)
    バッテリー容量 14.3Ah
    充電時間 約4時間10分

    ブリヂストン「2020フロンティアデラックス」は、お買い物やお出かけなどの普段使いに適した24型・26型(※1)電動アシスト自転車です。15.4Ahの大容量バッテリー(※2)と自動充電機能(※3)を搭載しているためアシスト力が一番強いパワーモードだけの使用でも連続54㎞の長距離走行が可能(※4)です。また、両輪駆動、モーターブレーキなどブリヂストン独自の機能、その他便利な機能が搭載されている車体ですので、ハードな環境で使用される方やより安して走行したいという方におすすめの電動アシスト自転車です。

    (※1)24型とは?26型とは?
    24型とは24インチのタイヤを装着した電動アシスト自転車のことで、26型とは26インチのタイヤを装着した電動アシスト自転車のことです。


    (※2)14.3Ahの容量の大きなバッテリー
    Ahの数字が大きければ大きいほど、たくさんの電気をバッテリーに充電できるため、それだけ長い距離を走ることができます。そして、大手3社(ブリヂストン、ヤマハ、パナソニック)の2020年モデルに使用されているバッテリー容量は6.2Ah~16.0Ahなので、ブリヂストン「2020フロンティアデラックス」は容量の大きなバッテリーの部類に入ります。


    (※3)自動充電機能
    走行中にバッテリーに充電できる便利な機能です。


    (※4)長距離走行が可能
    1回の充電で長い距離を走ることができるので、バッテリー充電の回数が減らせます。また、バッテリー充電の回数が減らすことができるので、バッテリーが劣化しにくくなります。


    (※5)2020フロンティアデラックスの機能


    スマートワンタッチパネル

    ボタン一つで簡単に操作が行えます。そのため、操作に気を取られず運転に集中しやすくなっています。


    ステンレスバスケット

    サビにくいから、美しさが長持ち。
    幅40cm×奥行32cm×高さ24.5cm(上面)


    両輪駆動
    通常の電動アシスト自転車は電動モーターによる力と人が漕ぐ力共に後輪に伝わるようになっています。しかし、ブリヂストンの両輪駆動の場合、電動モーターによる力は前輪に、人が漕ぐ力は後輪に伝わるようになっています。そのため、後輪ばかりに力が集中せず、前輪と後輪に力が分散されるので車体が長持ちします。また、前輪と後輪に力が分散されるので走行中車体がより安定します。

    大手3社(ブリヂストン、ヤマハ、パナソニック)のどの電動アシスト自転車も、通常の使い方できちんとメンテナンスを行っていれば10年ほどは乗れる設計になっています。ただ、1日の平均走行距離が数十キロになるなどハードな環境で使用されるという方は、長期的な目で見れば車体が長持ちする両輪駆動の2020フロンティアデラックスを選択された方がいいかもしれません。


    モーターブレーキ
    モーターブレーキは電動モーターの働きを抑制することでスピードを落とします。使い方は左のブレーキを軽く握るだけで電動モーターの力を抑えるために前輪に備え付けられているモーターブレーキが作動するようになっています。そのため、坂道でもスピードが出すぎても慌てることなく安全にスピードを落とすことができます。(通常のブレーキは直接タイヤにブレーキをかけスピードを落とすので、坂道でスピードが出過ぎてしまって慌てて急ブレーキをかけた場合、タイヤがスリップしてしまう場合があり危険です。)


    自動充電機能
    (※3)でも説明しましたが、走行中に充電できる機能です。走行する地形にもよりますが、2020フロンティアデラックスの場合、一番アシスト力の強いパワーモードばかりの使用で平均で約8%(約4km)の充電が可能です。


    カーボンベルトドライブ
    カーボンベルトドライブはチェーンのように外れないのでお買い物、お出かけ、通勤、通学途中にチェーンが外れるトラブルが発生しません。しかも、注油がいらないのでチェーンようにメンテナンスにの手間がかかりません。


    Eマイティ4.5ロードタイヤ
    路面抵抗が少なく軽快に走ることができます。パンクしにくいタイヤです。


    ステップスルーフレーム(低床フレーム)
    足を大きく上げなくても、またぐことができるフレームです。



    2020フロンティアデラックスと2019フロンティアデラックスの違い

    2020フロンティアデラックスと2019フロンティアデラックスの主な違い
    • 走行距離の違い(※1)
    • (※1)2020フロンティアデラックスの走行距離は2019フロンティアデラックスの走行距離より長くなりました。ただ、2020フロンティアデラックスの走行距離のデータは自動充電機能によって充電された距離は含まれていて、2019フロンティアデラックスの走行距離のデータは自動充電機能によって充電された距離は含まれていません。しかも、2020フロンティアデラックスの自動充電の計測方法はブリヂストンの走行テストによる値で、2019フロンティアデラックスの自動充電の計測方法はモニターによって計測された平均値です。そのため、一概には言えず大まかな計算になりますが、前者の充電率は約8%~29%、後者の充電率は約8%~12%ですので、自動充電機能の性能の向上により2020フロンティアデラックスの走行距離は2019フロンティアデラックスの走行距離に比べやや伸びていると思われます。

    2020フロンティアデラックスと2019フロンティアデラックスの比較表

    2020フロンティアデラックス 比較項目 2019フロンティアデラックス
    画像
    1775mm×555mm(24型)
    1875mm×555mm(26型)
    本体サイズ(全長×全幅)mm 1775mm×555mm(24型)
    1875mm×555mm(26型)
    24インチ(24型)
    26インチ(26型)
    タイヤサイズ 24インチ(24型)
    26インチ(26型)
    27.0kg(24型)
    27.7kg(26型)
    総車両重量(kg) 27.2kg(24型)
    27.9kg(26型)
    【パワー】約54km
    【オート】約90km
    【ロング】約130km
    1充電あたりの走行距離 【パワー】約51km
    【オート】約77km
    【ロング】約101km
    136cm以上(24型)
    140cm以上(26型)
    最低乗車身長 136cm以上(24型)
    140cm以上(26型)
    14.3Ah バッテリー容量 14.3Ah
    4時間10分 充電時間 4時間10分
    ※2020フロンティアデラックスはリアチャイルドシート(オプション)だけでなくフロントチャイルドシート(オプション)の装着も可能です。ただし、子乗せ電動アシスト自転車のようにお子さまを同時に2人乗せることはできません。

    最低乗車身長
    2020フロンティアデラックスは他メーカー(ヤマハ、パナソニック)の24型、26型のお買い物やお出かけなどの普段使いに適した電動アシスト自転車に比べると最低乗車身長が24型だと2㎝~5㎝、26型だと1㎝~5㎝低くなっています。そのため、足を地面にしっかりとつくことのできるフロンティアデラックスは、小柄な方、高齢の方、自転車の運転がちょっと苦手な方でも安心して運転できる自転車です。


    2020フロンティアデラックスと同系の2020フロンティアとの違い

    2020フロンティアデラックスと2020フロンティアの主な違い
    • バッテリー容量、走行距離、充電時間の違い(※1)
    • ソーラーテールの有無(※2)
    • 空気ミハル君の有無(※3)

    (※1)バッテリー容量、走行距離、充電時間の違い
    2020フロンティアデラックスのバッテリー容量(14.3Ah)は2020フロンティアのバッテリー容量(8.8Ah)より5.5Ah大きいので、1充電あたりの走行距離はアシスト力が一番強いパワーモードで、2020フロンティアデラックス(パワーモード約54km)が2020フロンティア(パワーモード約32km)より22㎞長くなります。充電時間はバッテリー容量(Ah)が大きいほうが長くなりますので、2020フロンティアデラックス(約4時間30分)の方が2020フロンティア(約2時間30分)より約1時間30分長くなります。
    (※2)ソーラーテールの有無
    <2020フロンティアデラックスあり、2020フロンティアなし>
    ソーラーテールとは太陽光で充電し夜になると自動点滅するリヤライトです。2020フロンティアデラックスのみに取り付けられています。ソーラーテールがあると夜間でも車のドライバーから早い段階から気づかれやすいので安心です。
    (※3)空気ミハル君の有無
    <2020フロンティアデラックスあり、2020フロンティアなし>
    空気ミハル君とはタイヤの空気圧の不足を赤いサインで知らせてくれる装置で、2020フロンティアデラックスのみに取り付けられています。空気ミハル君の赤いサインで空気の減りにすぐに気づくことができるので、タイヤの空気が少なくなることで生じるリム打ちパンクを未然に防げます。

    2020フロンティアデラックスと2020フロンティアの比較表

    2020フロンティアデラックス 比較項目 2020フロンティア
    画像
    1775mm×555mm(24型)
    1875mm×555mm(26型)
    本体サイズ(全長×全幅)mm 1820mm×555mm(24型)
    1870mm×555mm(26型)
    24インチ(24型)
    26インチ(26型)
    タイヤサイズ 24インチ(24型)
    26インチ(26型)
    27.0kg(24型)
    27.7kg(26型)
    総車両重量(kg) 25.5kg(24型)
    26.1kg(26型)
    136cm以上(24型)
    140cm以上(26型)
    最低乗車身長 135cm以上(24型)
    139cm以上(26型)
    【パワー】約54km
    【オート】約90km
    【ロング】約130km
    1充電あたりの走行距離 【パワー】約32km
    【オート】約55km
    【ロング】約85km
    14.3Ah バッテリー容量(Ah) 8.8Ah
    4時間10分 充電時間 2時間30分
    両輪駆動
    モーターブレーキ
    ベルトドライブ
    自動充電
    低床フレーム
    タフフレーム
    アルミフレーム
    一発二錠
    空気ミハル君 ×
    ソーラーテール ×
    137,280円 価格(税込み) 126,280円
    2020フロンティアシリーズには今回説明させていただいています2020フロンティアデラックス以外に2020フロンティアがあります。2020フロンティアデラックスと2020フロンティアの共通する点は、2020フロンティアデラックス、2020フロンティア共にブリヂストンが独自に開発した両輪駆動、モーターブレーキ、ベルトドライブ、自動充電機能などが備わっている点です。2020フロンティアデラックスと2020フロンティアとで大きく違う点は、バッテリー容量(Ah)、走行距離の違いです。その他の違いはタイヤの空気圧の不足を赤いサインで知らせてくれる装置(空気ミハル君)有無、太陽光で充電し走り出すと自動点滅するリヤライト(ソーラーテール)の有無などです。

    この2台で迷われた場合、1日の平均走行距離が5キロ未満の方なら、バッテリーを劣化を早めるということはないので、2020フロンティアを選択されるといいでしょう。一方、1日の平均走行距離が5キロを超える方は、2020フロンティアのバッテリーだと劣化を早めてしまうので、2020フロンティアデラックスを選択された方がいいでしょう。また、1日の平均走行距離が5キロ未満の方でも、できるだけバッテリーの充電回数を減らしたいという方は、2020フロンティアデラックスを選択された方がいいでしょう。



    2020フロンティアデラックスと同じブリヂストンの2020アシスタU DXの違い

    2020フロンティアデラックスと2020アシスタU DXの主な違い
    • 両輪駆動の有無(※1)
    • モーターブレーキの有無(※2)
    • カーボンベルトドライブの有無(※3)
    • 自動充電機能の有無(※4)
    • バッテリー容量の違い(※5)
    • 空気ミハル君の有無(※6)
    • ソーラーテールの有無(※7)
    • (※8)価格の違い

    (※1)両輪駆動の有無
    <2020フロンティアデラックスあり、2020アシスタU DXなし>
    2020アシスタU DXのような一般的な電動アシスト自転車は、電動モーターによる力も人が漕ぐ力も後輪に伝わるようになっています。一方、2020フロンティアデラックスは、前輪に電動アシスト自転車の力が伝わり、後輪に人が漕ぐ力が伝わるようになっています。そのため、後輪ばかりに負担がかかる2020アシスタU DXのような一般的な電動アシスト自転車より、前輪と後輪に力が分散される2020フロンティアデラックスの方が車体が長持ちする設計になっています。

    ただ、両輪駆動を採用していない2020アシスタU DXのような一般的な電動アシスト自転車でも、大手3社の電動アシスト自転車であれば(きちんとメンテナンスをすることで)10年ほどは乗ることができる設計になっています。そのため、これについては1日の平均走行距離が数十キロなどのハードな環境での使用でなければ、2020アシスタU DXでも性能的に十分でしょう。

    その一方で、価格は少しアップしますが、ハードな使い方をしない方でも、車体が少しでも長持ちする設計になってるほうがやっぱり安心という方は、2020フロンティアデラックスを選択されてもいいかもしれません。

    (※2)モーターブレーキの有無
    <2020フロンティアデラックスあり、2020アシスタU DXなし>
    急な下り坂でスピードが出過ぎてしまった際に、急ブレーキをかけるとタイヤが滑り自転車のバランスが崩れてしまうことがあります。そして、最悪の場合転倒してしまいます。しかし、モーターブレーキを使用(左ブレーキを軽く握る)すれば、電動モーター自体の力が弱まるためタイヤが滑らず、スピードを安全に落とすことができます。

    ただ、急な下り坂が多くない地域の方でしたらモーターブレーキのない2020アシスタU DXのような一般的な電動アシスト自転車でも安全面で十分です。それでも、モーターブレーキがあればより安心という方は、価格は少しアップしますが、2020フロンティアデラックスを選択されてもいいかもしれません。

    (※3)カーボンベルトドライブの有無
    <2020フロンティアデラックスあり、2020アシスタU DXなし>
    2020フロンティアデラックスのカーボンベルトドライブは、チェーンのように外れないのでチェーンが外れるトラブルに巻き込まれせん。メンテナンスは年に1~2度の定期点検程度で済みます。そして、カーボンベルトドライブの特性から自転車が寿命を迎えるまでに交換することはほとんどありません。ただ、それでもベルトが切れてしまう場合があります。その場合は修理に時間を要します。

    2020アシスタU DXのチェーンについては、普通の自転車と同じようにチェーンが伸びて外れやすくなってしまうことがあります。メンテナンスは数か月に1度チェーンに油をささないといけません。そして、走る距離にもよりますが、チェーントラブルを避けるためにおおよそ5年ほどで交換になります。チェーンの交換は基本的に時間がかかりません。

    (※4)自動充電機能の有無、(※5)バッテリー容量の違い
    <2020フロンティアデラックスあり、2020アシスタU DXなし>
    2020フロンティアデラックスのみの機能である自動充電機能は走行中に充電してくれるうれしい機能です。電池が満タンの状態からパワーモードだけで走行した場合、走行する地形などにもよりますが、2020フロンティアデラックスの場合は平均で約7パーセントの充電(約3㎞分)が可能です。

    ただ、2020フロンティアデラックスより2020アシスタU DXの方がバッテリー容量が大きので、1充電辺りの走行距離に大きな差はありません。

    (※6)空気ミハル君の有無
    <2020フロンティアデラックスあり、2020アシスタU DXなし>
    空気ミハル君とはタイヤの空気圧の不足を赤いサインで知らせてくれる装置で、2020フロンティアデラックスのみに取り付けられています。空気ミハル君の赤いサインで空気の減りにすぐに気づくことができるので、タイヤの空気が少なくなることで生じるリム打ちパンクを未然に防げます。

    (※7)ソーラーテールの有無
    <2020フロンティアデラックスあり、2020アシスタU DXなし>
    ソーラーテールとは太陽光で充電し夜になると自動点滅するリヤライトです。2020フロンティアデラックスのみに取り付けられています。ソーラーテールがあると夜間でも車のドライバーから早い段階から気づかれやすいので安心です。

    (※8)価格の違い
    価格差の主な要因は電動アシスト自転車にブリヂストン独自の機能(両輪駆動、モーターブレーキなど)が取り付けられているか否かです。ブリヂストン独自の機能(両輪駆動、モーターブレーキなど)が取り付けられている2020フロンティアデラックスは価格が高くなります。その一方で、ブリヂストン独自の機能(両輪駆動、モーターブレーキなど)が取り付けられていない2020アシスタU DXは価格が抑えられています。

    2020フロンティアデラックスと2020アシスタU DXとの比較表

    2020フロンティアデラックス 比較項目 2020アシスタU DX
    画像
    1775mm×555mm(24型)
    1875mm×555mm(26型)
    本体サイズ(全長×全幅)mm 1867mm×570mm(26型)
    24インチ(24型)
    26インチ(26型)
    タイヤサイズ 26インチ(26型)
    27.0kg(24型)
    27.7kg(26型)
    総車両重量(kg) 26.8kg(26型)
    136cm以上(24型)
    140cm以上(26型)
    最低乗車身長 139cm以上(26型)
    【パワー】約54km
    【オート】約90km
    【ロング】約130km
    1充電あたりの走行距離 【パワー】約52km
    【オート】約60km
    【ロング】約87km
    14.3Ah バッテリー容量(Ah) 15.4Ah
    4時間10分 充電時間 4時間10分
    両輪駆動 ×
    モーターブレーキ ×
    ベルトドライブ ×
    自動充電 ×
    低床フレーム
    タフフレーム
    アルミフレーム
    一発二錠
    空気ミハル君 ×
    ソーラーテール ×
    137,280円 価格(税込み) 126,280円
    ※2020フロンティアデラックス、2020アシスタU DX共に、オプションでリヤチャイルドシート以外にフロントチャイルドシートの取り付けが可能です。(ただし、子乗せ電動アシスト自転車のように同時に子供2人を乗せることはできません。)


    ハードな環境で使用される方、少しでも安心感を得たいという方は2020フロンティア デラックスがおすすめ
    大手3社(ブリヂストン、ヤマハ、パナソニック)の電動アシスト自転車ならメンテナンスをきちんとしていればどの電動アシスト自転車も10年くらいは乗れるほど丈夫につくられています。

    ただ、1日の平均走行距離が数十キロになる、急な坂道がものすごく多い地域に住んでいるなど、かなりハードな環境、かなり極端な環境にもにも耐えられるように考え出された、他のメーカーでは採用されていないブリヂストン独自の機能(両輪駆動、モーターブレーキなど)が取り付けられている車種があります。

    2020アシスタU DXの場合はそういった機能が取り付けられていないので割安になり、そういった機能が取り付けられている車種(2020フロンティア デラックスなど)は割高になります。

    そして、ハードな環境で使わない方は、ブリヂストン独自の機能は必ずしも必要ではないので、2020フロンティア デラックスより2020アシスタU DXの方がコストパフォーマンスが高くなります。ただ、ハードな環境で使わない方でも少しでも安心感を得たいという方なら2020フロンティア デラックス選択してもいいかもしれません。




    2020フロンティアデラックスまとめ
    • お買い物やお出かけなどの普段使いに適した24型・26型電動アシスト自転車です。
    • 性能面ではブリヂストン独自の機能である両輪駆動、モーターブレーキ、カーボンベルトドライブ、自動充電機能などが備わっています(電動アシスト自転車大手3社の中でブリヂストンのみが採用)。
    • ブリヂストン独自の機能がついている2020フロンティアデラックスはハードな環境で使用される方や少しでも安心感を得たいという方におすすめです。
    • 2020フロンティアデラックスの走行距離は2019フロンティアデラックスの走行距離に比べてやや長くなりました。
    • 同シリーズの2020フロンティアにはない、空気圧の不足を赤いサインで知らせてくれる空気ミハル君、太陽光で充電し走り出すと自動点滅するソーラーテールが備わっています。



    26型 2021年モデル



    26型 2021年モデル



    26型 2021年モデル



    24型 2021年モデル



    26型 2021年モデル



    24型 2021年モデル



    26型 24型 2021年モデル